だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。

金ちゃんを探して旧岩崎邸庭園へ

スポンサーリンク

どこの職場にも仕事の手を抜く奴はいるものです、僕が日雇いで行く現場にも「金ちゃん」のあだ名で皆から嫌われている手抜き日雇い爺さんがおります。

仕事では皆をイラつかせるだけの邪魔な存在なのですが、毎日シコシコ職場に顔を出しており勤務時間の記録更新にはご執心、記録と気力ついでに記憶もなくなり「体力の限界…」でとっとと引退して欲しいものです。 

まぁ単なる怠け者だったら皆も「しょうがナイね…」で収まる話なのですが、金ちゃんの場合は偉そうにふるまう怠け者だからこれまた始末におけません。僕は金ちゃんが休日でもどこかで偉そうにしているのではないか?という疑惑を抱き、雨の日曜日に東京メトロ「本郷三丁目」駅で下車しました。
f:id:earth720105:20200926195436j:image

東大赤門で門前払い

アメ横でお馴染みの御徒町在住の金ちゃん、散歩がてらに行く東京大学本郷キャンパス内で大学教授のフリをして偉そうにしているのではないか?僕にはそう思えて仕方ありません「そんな事をして虚しくならないのか?」そう問い詰めたいが為に僕も東大に向かいます。
f:id:earth720105:20200926195519j:image

東大赤門には警備員がおりました…僕にサッと近づき「現在は感染防止の為大学関係者以外立ち入り禁止です」との事、顔からして東大関係者ではナイと瞬時に判断したのでしょう…虚しくなったのは僕自身なのでした(T-T)f:id:earth720105:20200926195533j:image

東大から門前払いの日雇いという悲しい現実が僕の胸を締め付けます…。ただし金ちゃんはそんな事にはめげずに、近くの豪邸で御曹司のふりをして「ガッハッハー」とやっているに違いありません。
f:id:earth720105:20200926204758j:image

僕も気を取り直して豪邸に向かいます、湯島天神前の坂を下り
f:id:earth720105:20200926204809j:image

天神下交差点手前の路地(一方通行)を左折、レトロな民家があるのでそこを左折すると
f:id:earth720105:20200926204822j:image

旧岩崎邸庭園の入口に到着です
f:id:earth720105:20200927090600j:image

旧岩崎邸庭園

f:id:earth720105:20200927104758j:image

旧岩崎邸は、1896(明治29)年に三菱を創設した岩崎家の第三代当主・久彌の本邸として建てられ、往時の3分の1の面積を持つ園内には、洋館、和館、撞球室の3棟が現存し、洋館と撞球室は、日本の近代建築史に名を残す英国人建築家、ジョサイア・コンドル。洋館に併置された和館は、名棟梁大河喜十郎の施工と言われています。

旧岩崎邸庭園 | 上野の文化施設 | 上野文化の杜

入場料は一般400円、金ちゃんは65歳以上の年間パスポートを購入している筈なので年間800円、1年中好きな時に三菱財閥の跡取りのフリをしながら邸内で「ガッハッハ~」と偉そうに出来るのであれば、安い買い物なのかも知れません。
f:id:earth720105:20200927100038j:image

「そんな事をして虚しくならないのか?」と問い詰める為に館内に入ります。
f:id:earth720105:20200927095805j:image

館内の撮影は土日祝日は禁止

撮影目的で訪れるならば晴れた平日をおすすめします。僕は居間で偉そうにくつろいでいる金ちゃん狙いで撮影するつもりでしたが、館内の至る所に撮影禁止のサインがあり休日に撮った事がバレてしまいます、悪い事はいけません(x_x)そして居間でくつろぐ事も当然NGです。
f:id:earth720105:20200927102331j:image

外は大丈夫なので南側の芝生の場所から撮ってみました
f:id:earth720105:20200927103232j:image

洋邸にはおりませんでした…多分和邸の喫茶店で和菓子を食べているはず、帰り道に最寄り駅のスーパーでお菓子を買う為だけに職場に来てると言われてる甘党の金ちゃんだけに潜伏している可能性は大。
f:id:earth720105:20200927103710j:image

洋邸とつながっております
f:id:earth720105:20200927103843j:image

残念ながらこちらにもおりませんでした(´・ω・`)もしかしてあちらで昼寝でもしているのかも?と思い山小屋風の離れの家に向かいます。
f:id:earth720105:20200927105448j:image

ここは撞球室(ビリヤード場)、当時は紳士の嗜みとして流行したビリヤードですが、わざわざ別棟で撞球室が造られる事は極めて稀で洋邸と地下通路でつながっております、何ともスケールが違いますね。
f:id:earth720105:20200927133729j:image

撞球室内は館内立ち入り禁止につき庭からの撮影、金ちゃんがドヤ顔で玉突きしてたらウケるな~と一瞬思いましたが誰もいませんでした。。そういえば職場で「金の野郎はキ○○マだからウン○だ!」と吐き捨てる日雇いオヤジがおりますが、全くボキャブラリーのセンスが幼稚園児並み(´・ω・`)
f:id:earth720105:20200927133913j:image

結局金ちゃんを見つけられナイまま旧岩崎邸庭園を後にしました。今日はどこで偉そうにしているのでしょうか??
f:id:earth720105:20200927132623j:image

多分湯島周辺のホテルでデリヘル嬢相手に横柄な態度をとっているのでしょう、出てくるトコを待ち伏せで撮影…
f:id:earth720105:20200927132646j:image

「そんな事をして虚しくならないのか?」と自分自身に呟きます(>_<)
f:id:earth720105:20200927132959j:image

 

旧岩崎邸庭園
住所:東京都台東区池之端1-3-45
交通アクセス: (1)東京メトロ千代田線 湯島駅から徒歩で3分
(2)東京メトロ銀座線 上野広小路駅から徒歩で10分
(3)都営地下鉄大江戸線上野御徒町駅から徒歩で10分
(4)JR線 御徒町駅から徒歩で15分
営業時間:9:00~16:30 (閉園は17:00)
休園日:年末年始
料金 :大人:400円 65歳以上200円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
駐車場:なし