だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。


スポンサードリンク

京都鉄道博物館「梅小路機関車館」の展示車両は往年の名車両がいっぱい

京都へ旅行に行くのは大好きなのですが「京都ではどこに行ったの?」って質問が大嫌いな僕、一般的には清水寺や金閣寺なのでしょう「鉄道博物館に行った」なんて言ったりでもしたら「何でそんなトコ行ったの?」とか「ありえない!」とか皆さん非難轟々(>_<)
そんな中で職場の日雇いバイト石山君(仮名)だけは「梅小路機関車庫だね」と粋な言葉をかけてくれる鉄オタ。
f:id:earth720105:20210328012206j:image

実は昨年も京都の鉄道博物館に行ったのですが、時間の都合で最後に見た梅小路機関車庫はサッと流し見で終わった残念な思い出があります。鉄オタでとりわけSL好きな石山君との会話の中でメッキが剥がれない為にも、機関車庫とSLをキチンと見学しようと思って再訪した次第です。
f:id:earth720105:20210328011213j:image

〈目次〉

京都鉄道博物館へのアクセス

京都駅に到着して隠しステージ的なJR嵯峨野線のホーム32・33番線にダッシュ
f:id:earth720105:20210328011239j:image

京都駅の実際のホーム数は19本なのですが、31~34番ホームは山陰線の「31(さんいん)」の語呂合わせのホーム番号で、隣接するホームが30~34番ホームとなった経緯があり駄洒落好きな京都駅。
f:id:earth720105:20210328011256j:image

京都からわずか1駅で最寄りの「梅小路京都西駅」に到着、快速は停車しないので注意しましょう。
f:id:earth720105:20210328011940j:image

京都駅から徒歩の場合は20分程度、そして入場料は大人1200円、H.P.では入場制限があると記されておりますが、この程度の混雑であればアルコール消毒・検温の後チケットを購入して入場できます。
f:id:earth720105:20210328011700j:image

最初に見るのは扇型車庫

最初に目に入るプロムナードに展示してある懐かしの0系新幹線
f:id:earth720105:20210328014727j:image
f:id:earth720105:20210423075508j:image

そして売店にあるウメテツランチBOXや
f:id:earth720105:20210328014740j:image

本館1階入口の綺麗なお姉さんに達に目移りしてしまいますが、ストイックな気持ちで2階に急ぎます。
f:id:earth720105:20210328014753j:image

現存する最古の量産型国産蒸気機関車「233号」をチョットだけ見て、お隣のエスカレーターで2階へ急ぎます。
f:id:earth720105:20210328014824j:image
f:id:earth720105:20210328015416j:image
フロアマップ:京都鉄道博物館

レストランの横にある連絡通路を出ると
f:id:earth720105:20210328030417j:image

転車台と蒸気機関車、それにしても大きな車庫です。
f:id:earth720105:20210328030432j:image

そして梅小路運転区(留置線)
f:id:earth720105:20210328030444j:image

梅小路機関車庫は、JR京都駅から約1.5キロメートル西方に位置する。旅客や貨物量の増加等に伴い、京都駅停車場改良工事の一環として、鉄道院西部鉄道管理局の設計。大林組の施工により建設されたもので、大正2(1913) 年12月に起工、翌年11月に竣エした。
平面は、転車台を中心にしてほぼ東西に扇形を描く。内部は、機関車駐留場、整備や器械加工を行う器械場、職場に分かれ、20線の引込線を収容する。構造は、鉄筋コンクリート造で、柱と梁からなる明快な立面構成である。
当建造物は、小規模な改修工事は行われているが、ほぼ創建当初の状態を保っていて、わが国に現存する最古の鉄筋コンクリート造機関車庫として、鉄道建設史上大変貴重である。また機関車の展示施設、機関士の研修施設として日常公開活用されていることが、その価値をいっそう高めている。

f:id:earth720105:20210328030526j:image

数々の蒸気機関車

1番から7番線は機関車の修理を行う線、そして壁を設け8番から20番線までが機関車の駐留場、1番線は7100形機関車「義経」1880(明治13)年の北海道初の鉄道の開業にあたり、アメリカから輸入された蒸気機関車です。
f:id:earth720105:20210328034303j:image

石山君が通う職場にも古くから働いている日雇いバイトがおりますが、クセの強い人物で皆一緒に作業するのを避けている現状。。
f:id:earth720105:20210328034352j:image

そんな中やさしい心の石山君が(イヤイヤ💧)毎日コンビを組んで作業して事なきを得ております。写真は昭和初期にローカル線や都市近郊で活躍した中型タンク式機関車C11と、大正期に量産され貨物や勾配線区で威力を発揮した9600型。
f:id:earth720105:20210328034444j:image

クセオヤジの「いくぞ!石山」の声と共に作業が始まりますが、心の中ではとっても行きたくナイ石山君。
f:id:earth720105:20210328035131j:image

鉄道の仕事に例えるとクセオヤジが運転手的な目立つポジションを陣取り
f:id:earth720105:20210328035153j:image

石山君は地味に燃料を投下していく役まわりなのです(ノД`)
f:id:earth720105:20210328035204j:image

コンビを組んでる割にはいつも作業トラブルが続出…クセオヤジの「いしやま~」の声が聞こえるともうすぐ昼休憩の時間。
f:id:earth720105:20210328040417j:image

「あのオヤジは時間が経つごとにガラが悪くなっていく」とボヤく石山君(T_T)
f:id:earth720105:20210328040428j:image

パワフルな蒸気機関車

扇型車庫内には数多くの大型の蒸気機関車が展示されております、今まで僕はD51が最もゴツい機関車のイメージがありましたが、デゴイチでもミドル級ですね。f:id:earth720105:20210328041239j:image

まずは日本最大の旅客用蒸気機関車「C62形1号機」
f:id:earth720105:20210328073113j:image

1948(昭和23)年から1949 (昭和24)年にかけて49両が製造され、特急列車などのけん引に使用された日本最大の旅客用蒸気機関車です。 ボイラーはD52形蒸気機関車から流用、シリンダーと走行装置はC59形蒸気機関車と同じものを新製、 自動給炭装置も取り付けられています。 本機は広島第二機関区や宮原機関区などに配置され、 山陽本線を中心に特急「つばめ」「はと」をはじめ特急「かもめ」や急行列車などのけん引機として活躍しました。本形式は「シロクニ」の愛称で親しまれています。

f:id:earth720105:20210328073334j:image

そして大きな煙室ドアが印象的な「D52形468号機」こちらは日本最大の蒸気機関車です。
f:id:earth720105:20210328074530j:image

1943(昭和18)年から1946 (昭和21)年にかけて285両が製造された、日本最大最強の大型貨物用蒸気機関車です。石炭輸送などに使用するためD51形蒸気機関車の1,000tを上回る1,200tのけん引力を目標に設計されました。本機は沼津機関区や姫路機関区、五稜郭機関区に配置され、 強力なけん引力を誇る貨物専用機として、設計通りの性能を発揮しました。 本形式は「デゴニ」の愛称で親しまれています。

f:id:earth720105:20210328074724j:image

派手なデゴレーションの機関車は昭和天皇が乗車した客車を牽引したC51形239号機、C51形式は1930(昭和5)年に特急つばめの牽引で東京~名古屋を無給水・無停車で走り抜けた事もある名車両。
f:id:earth720105:20210328080858j:image

C51形蒸気機関車239号機は、戦前から昭和30年代にかけて活躍した車両です。1927(昭和2)年に製造され、1928(昭和3)年の即位式から 1953(昭和28)年の「春の植樹祭」までの間、昭和天皇のお召し列車を牽引したことで知られています。その後、1955(昭和30)年には新潟鉄道管理局に転属し、急行「佐渡」などの客車を牽引しましたが、1962(昭和37)年に廃車となりました。
1972 (昭和47)年梅小路蒸気機関車館での保存に先立って、国鉄長野工場で 外観が修復され、梅小路機関区所属機のお召し 仕様に装飾した姿に整備しました。

他には国産では唯一の3シリンダー機のC53形や多くの特急列車を牽引したC59形。石山君もいつかはクセオヤジとコンビを解消しパワフルな機関車並みにみんな(客車)を牽引して作業したいものです。
f:id:earth720105:20210328082013j:image

まぁ…石山君にはこんな機関車がお似合いなんですが(´・ω・`)
f:id:earth720105:20210328041254j:image

SLスチーム号に乗車

扇型車庫近くのSL乗り場からC62の牽引で梅小路公園まで行って戻って来る10分の乗車が楽しめます(大人300円・子供100円)

基本1時間に1本の運転スケジュールなのですが、機関車の設備等により減便する事もあるので乗り場の時刻表(?)を要チェック、更に休日は各時間帯とも満席(切符売り切れ)になる事が多く早めの切符購入をお勧めします。
f:id:earth720105:20210328085956j:image

乗客の9割9分が家族連れ(ボッチ乗車は僕ひとり💧)座席は自由席ですが、満席の表示の割りには僕のお隣席は何故か空席…キモい奴がボッチ乗りしているので周りの皆さんが危険を察知したのでしょう。。
f:id:earth720105:20210328090127j:image

右手は梅小路機関区そして左手には桜の花、春の風に吹かれながら約10分の苦行がスタート。
f:id:earth720105:20210328090033j:image

梅小路公園では花見の皆さんが手を振っておりましたが、僕には指を差されて笑われている様にしか見えません。
f:id:earth720105:20210328090044j:image

10分後スチーム号がホームに戻るとダッシュで退散、目指すは本館3階のスカイテラス。ここでは東西に行き交う各列車(路線)を間近で見る事が出来るリアル鉄道博物館なのです。
f:id:earth720105:20210328091455j:image

しかしテラスにいる皆さんは家族連ればかりで、ボッチの僕はまたもや肩身の狭い思い。
f:id:earth720105:20210328091704j:image

ショボくれて本館に戻り、鉄オタのマストアイテムの時刻表を呆然と眺めます。
f:id:earth720105:20210423080003j:image

そして展示用の路線図に目を向けますが、京都や大阪周辺なので、埼玉県民の僕にはどこがどこだかサッパリ分かりません💧
f:id:earth720105:20210328091526j:image

い‥いしやま~~(x_x)
f:id:earth720105:20210328091532j:image

昨年訪問した京都鉄道博物館訪問記はこちら

京都鉄道博物館
住所:京都市下京区観喜寺町
電話番号:0570-080-462
H.P.:http://www.kyotorailwaymuseum.jp/sp/
開館時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
休館日:毎週水曜日(祝日は開館)・年末年始
入館料金:一般 1,200円