だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。


スポンサードリンク

【SLぐんまみなかみ】昭和を懐かしむデゴイチと水上駅前の廃墟ホテル

日雇いバイト最高齢の爺さん(77歳)が言っておりました「全くデコイチ(SL)とか乗って今の人達はロマンチックだね~オレの昔はSLが来たらディーゼル車では無くてガッカリしたものさ」と勝手に自分の昔話ばかり始める老害。

今でも健在で走っているから人気なの!

そんな爺さんを思い出してイライラしながら新潟からの帰り道に立ち寄ったのは群馬県の水上駅。
f:id:earth720105:20210404185329j:image

駅前広場にはD51が展示してあり家族連れが目立ちます
f:id:earth720105:20210404185343j:image

そう言えば爺さんは以前母娘で作業しているバイトの女性に向かって「家内工業だ~」デカい声で叫んでおりました、それに怒った社員が一言
「ウチの会社をバカにしてんの!」
爺「すいません…」
全くいつも一言多い爺さん(ノД`)

〈目次〉

ふと横に目をやると煙を出しているD51がありたくさんのギャラリーが写真を撮っております、そうですこれが上越線「高崎~水上」を走る人気車両SLぐんまみなかみ号。
f:id:earth720105:20210404191251j:image

先ほどの駅ホームに停車していた車両は、連結する客車なのでした。
f:id:earth720105:20210404191307j:image

ところで何で年寄り連中はデコイチって言うんですかね?D51なんだから略すなら「デゴイチ」じゃナイですか。
f:id:earth720105:20210405044034j:image

みなかみグルメ

もう朝から何も食べていないのでお腹がペコペコです…こんな時は水上にあるデカ盛り店へGo!橋を渡ると大きな通り(国道291号)にぶつかるので左折。
f:id:earth720105:20210405045426j:image

しばらく歩くと左手に「あしま園」という看板が見えますここがデカ盛り店、以前僕はチャーハン大盛を完食出来ずに倍額支払った因縁(?)のお店(>_<)
f:id:earth720105:20210405045742j:image

チャーハンというか味の薄いピラフでした
f:id:earth720105:20210405045450j:image

大盛は100円増しですが初めの客の大盛注文はNG、ココの大盛のヤバさは認識しているので今回は普通盛りのカレー(650円)を注文。
f:id:earth720105:20210405051331j:image

普通盛りでもこの大きさ、あと何と言うか学食にありがちな味で食べていくうちに飽きるのですよね…とりあえず無事完食出来てお腹いっぱい。
f:id:earth720105:20210405051454j:image

少し進んだ通りの向こう側には「亜詩麻」という洋食レストランがあります
f:id:earth720105:20210406070306j:image

前回はここに立ち寄ったのですが洒落た店内、そして名物の焼きカレーが絶品。f:id:earth720105:20210406070448j:image水上名物焼きカレー カフェレストラン亜詩麻(アシマ)

更には後述する寂れた商店街の一角にある昭和テイスト全開のお店「フライパン」
f:id:earth720105:20210407054507j:image

こちらも前回訪問したのですがホッとする懐かしのメニューがたくさん、迷いに迷って結局生姜焼き定食にしたのが思い出に残ってます。
f:id:earth720105:20210407054520j:image

今回は腹ぺこだったもので、デカ盛り店を選んでしまいました(^。^;)

廃墟感溢れる水上の街並み

先ほど渡った利根川の向こうを眺めると何とも寂しい風景、この街の衰退は上越新幹線の開通から始まります。
新幹線は水上駅より南側の上毛高原に止まり、そのまま大清水トンネルに入って越後湯沢へと抜けて行くルート、在来線の水上駅で停車する列車は激減し都心からのアクセスが不便になってしまいました。‌‌
f:id:earth720105:20210406183555j:image

同県内の草津や伊香保温泉は時代のニーズに合わせて家族連れや女性客の取り込みにシフトする一方、水上温泉は従来通りに企業や組合の団体旅行に依存、女性コンパニオンやスナック店が多い、男性客をメインにした旧態依然のままで、結果時代の流れに乗り遅れてしまいました。
f:id:earth720105:20210406183611j:image

水上の大型観光ホテルは聚楽以外、事業再生に踏み切ったり一度倒産しております、松乃井も民事再生法適用を申請して生き長らえたホテルです。
f:id:earth720105:20210407194718j:image

松乃井の前にある坂を下り、左に曲がった先にある利根川沿いのホテル聚楽だけは無傷、やっぱり一斉を風靡したCMのおかげでしょうか?
f:id:earth720105:20210407061502j:image
f:id:earth720105:20210407061518j:image

今見ても行ってみたくなる良く出来たCMばかりです、ちょいエロ感が子供時代の僕にとっては(´д`;)ハァハァでしたね~(遠い目💧)

このホテル聚楽を中心地点(?)として寂れた商店街が軒を連ねます。
f:id:earth720105:20210407074616j:image

部外者は女性客にも訴求する街づくりへの変換とか言うかも知れません、しかしながら当事者としては新規事業へ対しての不安材料や資金不足などもあり、また個人のみならず街全体の問題である為、街の再生とか部外者が口で言うのは簡単ですが色々と難しい事もあるのでしょう。
f:id:earth720105:20210407074754j:image

職場の昼休み、花粉症が酷くて屋内に籠もっている社員に「天気がイイんだから外に出なきゃダメだよ!」と部外者の分際で余計な事を言う爺さん。
f:id:earth720105:20210407074801j:image

射的やスマートボール等温泉地には欠かせない遊戯施設ですが、現在は自己防疫の為に無期臨時休業の貼り紙。
f:id:earth720105:20210407081834j:image

仕方なくグラビアパネルに(´д`;)ハァハァ
f:id:earth720105:20210407081846j:image

パッと見廃業っぽいホテルなのですが、一応(失礼💧)営業している明治元年創業の老舗「米屋旅館」見た目が少しヨボヨボでも中身で勝負なのです旅館も爺も(´・ω・`)
f:id:earth720105:20210408035818j:image

しかし他は全滅状態…
f:id:earth720105:20210408035834j:image

爺が若かりし頃、女性コンパニオンにお触りしながら「ガッハッハ~」と言ってたかと思うと諸行無常。
f:id:earth720105:20210408035848j:image

そしてこの案内地図を見て夜の街に繰り出していたのでしょう
f:id:earth720105:20210408040516j:image

「温泉に来たんだからもっとお触りしなきゃダメだよ!」
f:id:earth720105:20210409062357j:image

SLぐんまみなかみ号が水上駅を出発

「SLぐんまみなかみ号」は土曜・休日を中心に高崎~水上間を往復する、料金は運賃990円+指定席券530円、えきねっとやみどりの窓口で購入できます。
※運行日・発車時間は下記リンクを参照のってたのしい列車 ポータル>SLぐんま みなかみ/SLぐんま よこかわ:JR東日本
f:id:earth720105:20210408044135j:image

D51D51 498号
昭和11年より1115両も製造された蒸気機関車、もともとは貨物用だったが力が強いので急勾配区間の旅客用にも使用された。
「デコイチ」の愛称で親しまれ、その名は蒸気機関車の代名詞ともなっている。
ここ上越線を走行しているものは昭和47年引退後、後閑駅に静態保存されていた。1988年JR東日本が大宮工場で修理復元し高崎~水上間で年間40本ほど運行されている。 

f:id:earth720105:20210408044814j:image

水上駅1番線を出発したD51は、バックで2番線に入線して客車と連結、それにしても動くデゴイチは初めて見ました(・∀・)
f:id:earth720105:20210408044833j:image

残念ながら僕は1週間前の予約でも窓際の席を取る事が出来ず乗車を断念、仕方なく水上駅でD51を見送り。駅の外はギャラリーと撮り鉄の皆さんで一杯、15時20分に高崎駅に向かって出発。
f:id:earth720105:20210408050928j:image
沿道からは大きな歓声
f:id:earth720105:20210408071145j:image
爺「全く今の人達はロマンチックだね(゚⊿゚)

f:id:earth720105:20210408080316j:image

D51が走り去るとギャラリーもサーッといなくなり、程なくいつもの水上に(>_<)
f:id:earth720105:20210408073255j:image

水上駅前廃墟

そしてこちらが地元の皆様の頭を悩ます駅前廃墟物件の「大宮ホテル」
f:id:earth720105:20210409073239j:image

入口は表通りですが、客室の廃墟っぷりを見たく駅前の階段を下ります。
f:id:earth720105:20210408073306j:image

苦しい経営状態だった矢先に、宿泊客がエレベーターに乗り込んだが搬器が無くて落下、客は全治6ヶ月の怪我、業務上過失傷害で営業停止中に宿泊キャンセルが相次ぎついに倒産。
f:id:earth720105:20210409073612j:image

セクハラ疑惑で話題となった元町長はホテルの解体について「現実にすぐやるとかという話ではないと思う、まず調査してちゃんとした研究をしていかなくてはいけない。」と以前発言しておりました…爺さん同様に仕事(行政)よりお触りなのです(´・ω・`)
f:id:earth720105:20210409073636j:image

一生懸命に仕事をする社員を尻目に「いつも仕事ばっかりで趣味とかナイのかね~」とデカい声で喋る空気の読めない爺
「じゃあ○○さん(爺)の趣味は何ですか?」と僕が尋ねたところ、爺は一言
「寝る事!」
ホントずっと寝ていて欲しい(-_-)zzz
f:id:earth720105:20210408073345j:image

吊り橋がありました、ここを渡れば向こう側の松乃井までは近道だったのです。
f:id:earth720105:20210408075408j:image

ですが渡る事が出来ません(x_x)
f:id:earth720105:20210408075420j:image

爺が三途の川を渡る頃までには修復して欲しいものです(ノД`)
f:id:earth720105:20210408075433j:image