だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。


スポンサードリンク

わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車を撮り足尾銅山観光のがっかりトロッコに乗って

日光に旅行に行くとか言っておきながら3年以上過ぎても、未だに行く気配すら無い職場の日雇いバイト川ちゃん(仮名)、ちなみに旅行を断念した言い訳は

3年前 特急に乗りいいホテルに泊まりたい
2年前 急に仕事が忙しくなった
1年前 コロナで東京から来ると嫌がられる

他人事なので大きなお節介ですが、都内から日帰りでも余裕な往復時間なのだから、気が向いた時にでも行けばイイのに。。
それとも本当は行く気なんぞ全然ナイのに「旅行に行く」と言って充実した休日を楽しんでるアピールだけなのかも…そんな事を思い出し突発的にお出かけ、日光市は「足尾銅山観光」でトロッコに乗車した次第です。
f:id:earth720105:20210410064824j:image

わたらせ渓谷鐵道(桐生~間藤)を往復、帰り道に通洞駅近くの足尾銅山観光に立ち寄り、その後神戸駅でランチして桐生駅に戻った行程です。
まずはがっかりスポット足尾銅山観光の話から始めたく思います。

f:id:earth720105:20210411120253j:image

〈目次〉

足尾銅山観光トロッコそして洞窟

ぶっちゃけ脱力感満点の観光スポット「足尾銅山観光」
f:id:earth720105:20210409170647j:image

最寄り駅はわたらせ渓谷鐵道「通洞駅」から徒歩5分
f:id:earth720105:20210409170712j:image

わたらせと言えばトロッコ列車ですが、いくつかの種類があって混乱している方も多いかと思います。まずはわたらせ渓谷鐵道を走るトロッコ列車は「トロッコわたらせ渓谷号」「トロッコわっしー号」の2種類があり、土日を中心に運行するわたらせ渓谷鐵道の臨時列車で、トロッコ整理券は520円(大人)
f:id:earth720105:20210409170733j:image
f:id:earth720105:20210410080146j:image

一方足尾銅山観光トロッコは洞窟へ入るだけの5分間位だけ乗る遊園地のアトラクション以下のトホホなトロッコで入坑券(乗車券)は830円(大人)
f:id:earth720105:20210409170757j:image

確か15分おきに動いているみたいです(適当💧)まぁ渡良瀬川を近くに臨む事が出来ますね‥モチロン乗客は僕だけ。
f:id:earth720105:20210409172531j:image

出発後にすぐ黄色い機関車を切り離し、トロッコで洞窟に入りますが、何か時間稼ぎのイベントに見えて仕方ありません、だったら始まりからトロッコで行けばイイのに(´・ω・`)
f:id:earth720105:20210409182333j:image

地下鉄みたいなホームで降りる様に促されます
僕「いつ頃ここに戻って来ればイイのですか?」
オジサン「歩いて戻って下さい」( ゚Д゚)エッ
f:id:earth720105:20210409185913j:image

貰ったパンフレットをよく見てなかった僕も悪いんですけど事前に説明ぐらいせい!
f:id:earth720105:20210410191450j:image

そしてトロッコオジサンは何だかイラッとする物言いだったのですよ…しょうがなく暗闇の中を歩く僕。。
f:id:earth720105:20210410070116j:image

展示してあるマネキンを見てると益々イライラしてきます(`Д´)ノ
f:id:earth720105:20210409185929j:image

洞窟を抜けると銅資料館の入口、ようやく変なマネキンから解放されてホッ…
f:id:earth720105:20210410070151j:image

採掘された様々な鉱石は少しだけ興味深く
f:id:earth720105:20210410065509j:image

一方外に出た場所にある削岩機の体験コーナーはただ音がうるさいだけでした(T_T)
f:id:earth720105:20210410065530j:image

見学(?)した洞窟は通洞坑(つうどうこう)

明治18年開坑に着手し、11年の歳月をかけ本山坑と貫通させ、足尾銅山の大動脈となった、昭和48年閉山となり日本最大の銅山は歴史を閉じた。

f:id:earth720105:20210410065623j:image

こちらも歴史を閉じてほしいものです(x_x)f:id:earth720105:20210410065641j:image

ようやく解放されたと思ったら時代錯誤のお土産屋さん、婆さんそんなに僕を見つめないで下さい。。
f:id:earth720105:20210410065703j:image

何も買わんよ…と思いましたがメタルビートルを見つけて少し心が動く僕、でも購入はせずに退散。
f:id:earth720105:20210410065725j:image

コロナ対策推進宣言の表記がある食堂、多分時短営業中なのでしょう…ちなみに今は週末のお昼時なんですけど(x_x)
f:id:earth720105:20210410065738j:image

足尾銅山観光を後にします、また来る事は絶対に無いだろうと思うと少しだけ感傷的な気分になりますが…
f:id:earth720105:20210410065750j:image

とどめがこれ!ここを運営しているジジィのギャグセンスにウンザリ(>_<)
f:id:earth720105:20210410065800j:image

わたらせ渓谷鐵道  スマホで撮り鉄

1番の楽しみは「わたらせ渓谷鐵道」を完乗する事、足尾銅山観光には途中でチラッと立ち寄っただけで、今回のメインは車窓から見える渡良瀬川なのです。
f:id:earth720105:20210410071703j:image

桐生駅のJR券売機で1日フリーきっぷを購入して(1880円) いざ出発!
f:id:earth720105:20210410081741j:image

初めて乗車する「わたらせ渓谷鐵道」にワクワクそしてネームプレートはみどり市のゆるキャラ「みどモス」
f:id:earth720105:20210410081948j:image

桐生駅を出発してすぐに渡良瀬川を渡る列車
f:id:earth720105:20210410082007j:image

ですが逆光でいつにも増してダメダメ写真
f:id:earth720105:20210410082039j:image

バス停みたいな駅名の運動公園駅
f:id:earth720105:20210410082146j:image

相老(あいおい)駅では東武鉄道からの乗換組がチラホラと乗車しておりました
f:id:earth720105:20210410141733j:image

大間々(おおまま)駅はわたらせ渓谷鐵道の本社と車両基地がある駅です
f:id:earth720105:20210410082206j:imagehttps://watetsu.com/
f:id:earth720105:20210410082836j:image

ホーム先にはトロッコ列車「わたらせ渓谷号」が待機中
f:id:earth720105:20210410082800j:image
トロッコ列車の運行日・時間・予約状況は下記リンクをご覧下さいhttps://www.watetsu.com/pub/zansu_menu.php
窓ガラスのないオープンタイプのトロッコ列車ですが、僕が撮った「わっしー号」は写真の左💧全然良く分かりませんよね(x_x)
f:id:earth720105:20210410082328j:image

文字通り渡良瀬川に沿って走る路線ですが、神戸(ごうど)駅までは進行方向の右側、神戸駅先からは左側が渡良瀬川の風景が多い車窓、僕は勝手に「神戸スイッチ」と名付けました。
f:id:earth720105:20210410091942j:image

都心に比べ少し遅れて咲いた桜も満開で、この時期に相応しい名の花輪(はなわ)駅
f:id:earth720105:20210410091954j:image

そんな僕を「けっ!シロートが」と心の中で思いながら(多分)車両の先頭で一眼レフを持つ剛の者。
f:id:earth720105:20210410092005j:image

撮り鉄の皆さんが多いわたらせ渓谷鐵道、やっぱり景色がイイですからね、高価そうなカメラで撮影しております。金曜でこの人数ですから土日はもっと混雑するのでしょう、特にこの神戸駅は沿線内でも1番の人気スポット。
f:id:earth720105:20210410093828j:image

観光客目当ての地元オヤジが駅待合所を占領「電車が来るよ」とか言って僕達をホームに追い出す始末。
f:id:earth720105:20210410093910j:image

文句言ってやろうか!と思いましたが「ありがとうございます」と言ってホームに向かう大人な対応の撮り鉄さんが隣にいたおかげで思いとどまりました。
f:id:earth720105:20210410093921j:image

あとで本社に電話してやろうと思った心の狭い僕。。
f:id:earth720105:20210410093937j:image

またもやイライラしたらお腹がすいてきます、ホーム向こうには客車の中で食事するレストラン清流。
f:id:earth720105:20210411060734j:image

旅気分での客車での食事、そして沿線で食べ物が買える場所は(本日僕が見た限り)ここしかありません。
f:id:earth720105:20210410102841j:image

後は桐生駅に戻るまで食べる事が出来ないと思うとガッツリ食べたいもの、こんな時はやっぱり舞茸定食(1250円)一択、売り切れのメニューが多く選択肢はそんなにありません、元から無いという疑惑もあります。
f:id:earth720105:20210410102855j:image

天ぷらのカリカリ具合とキノコご飯の組み合わせが美味しく、お吸い物かと思ったら蕎麦だった器が嬉しい限り、でもサラダにはドレッシングがかかっておりませんでした(T_T)
f:id:earth720105:20210410102911j:image

満足ランチの後には駅近くを流れる渡良瀬川に見に行きます
f:id:earth720105:20210410102931j:image

レストランの名前と同じく清流な川
f:id:earth720105:20210410102957j:image

銅山の鉱害と深く関わった歴史がある川とは思えません。
f:id:earth720105:20210410103012j:image

時刻表2万キロ

往路で間藤まで行った時の話に戻ります…ややこしくてスンマセン(>_<)
神戸スイッチが発動し、いくつかのトンネルを超えると更に山の景色になる車窓。
f:id:earth720105:20210410103856j:image

そんな景色をスマホカメラで撮る僕を「けっ!シロートが」と心の中で思いながら(多分)車両の先頭で一眼レフを持つ剛のお姉さん。
f:id:earth720105:20210410104012j:image

半ばいじけながらスマホで撮っております
f:id:earth720105:20210410105612j:image

通洞駅で足尾銅山観光に行った帰りにやって来たトロッコ列車のわたらせ渓谷号。
f:id:earth720105:20210410105859j:image

客車を見て「普通列車でいいや」と思った僕、窓ナシ車両は写真が綺麗に撮れますが、今日はなんだか寒いしスマホカメラだし(x_x)
f:id:earth720105:20210410105908j:image

旧国鉄車両が保存してある足尾駅、わたらせ渓谷渓谷鐵道は貨物輸送を目的とした足尾線が廃線した後に、引き継いだ第3セクター路線なのです。
f:id:earth720105:20210410182604j:image

終点の間藤(まとう)駅に到着したわたらせ渓谷鐵道、かつては銅山の街として栄えた場所です。
f:id:earth720105:20210410121338j:image

かつては間藤駅の先は足尾本山駅まで1.9㎞の貨物専用のレールが伸びて貨物列車が走っておりました、国鉄からJRになると同時に貨物列車は廃止、わたらせ渓谷鐵道になった後に正式に廃線となり間藤駅が終点、現在足尾本山駅は立入禁止です。
f:id:earth720105:20210410123323j:image

足尾線は私鉄により開設され、この駅は大正3年11月1日に開業、時はあたかも足尾銅山全盛期であり、鉄道は物資の輸送増強に必要であり国鉄に移ったが、昭和62年に全町民の反対も虚しく赤字により廃止。
平成元年に第3セクター「わたらせ渓谷鉄道」として出発。その間の昭和45年に無人化され淋しい駅となったが、平成6年陶芸教室と合築し現在はカモシカの見える駅として注目されている。

f:id:earth720105:20210410121456j:image

今となっては淋しげな間藤駅ですが、実は鉄オタにとっては聖地の駅なのです。
f:id:earth720105:20210410125147j:image

鉄道の旅の楽しさを綴った紀行文学で知られる作家の宮脇俊三、名著の「時刻表2万キロ」は彼が当時の国鉄全線を完乗するまでの記録を綴ったノンフィクションで、鉄道ファンのみならず多くの人々に愛読されています。ここ間藤駅はその「時刻表2万キロ 」書中で1977(昭和52)年5月28日に先生が20,800キロにも及ぶ国鉄全線を完乗された記念すべき場所であり、先生のファンにとって聖地とも呼べる特別な駅でもあります。わたらせ渓谷鐵道では間藤駅に「訪問記念ノート」を用意いたしました。作品への思いや旅の思い出などを自由にお書きください 。このノートが皆さんで作る第2の「時刻表2万キロ 」となる事を願っています。

f:id:earth720105:20210410114144j:image

川ちゃんも名前のように渡良瀬川の流れのように旅に出て欲しいものです。
f:id:earth720105:20210410110938j:image

しかしながら川ちゃんの今年の日光旅行に行かなかった言い訳が想像できます
「バイトリーダーになったから忙しくて」
(ノД`)トホホ…

f:id:earth720105:20210410110834j:image

足尾銅山観光
住所:栃木県日光市足尾町通洞9-2
電話:0288-93-3240
営業時間:9:00~17:00(トロッコ最終 16:15)
定休日:無休
料金 :大人830円・小中学生410円