だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。


スポンサードリンク

青春18きっぷで乗る伯備線115系は特急に抜かれまくりの揺れまくり

写真は朝の5時過ぎの岡山駅ホーム、昨晩は駅前のホテルに泊まり4時半起きが不安で仕方なかったのですが、何とか起きる事が出来ました、これから松江を目指す電車旅。
f:id:earth720105:20210821054520j:image

青春18きっぷで行く松江(島根県)だと僕の住む埼玉県から1日で行く事は出来ません、23時過ぎに米子駅(鳥取県)に到着して翌朝の松江入りも検討しましたが、夜の闇の中で見知らぬ列車に乗る恐怖と激しく揺れる伯備線に尻込みして、岡山で1泊後の始発で松江を目指しました。

山陽本線で倉敷駅まで行き伯備線の待つ4番ホームへ、早くも昭和の通勤列車っぽい車両が待機しております。
f:id:earth720105:20210821064200j:image

〈伯備線について軽くまとめ〉
①山陽地方と山陰地方を結ぶ特急も走行する幹線で鳥取県西部(伯耆大山)と岡山県中部(倉敷)を結んでいる路線
②倉敷駅~新郷駅間は高梁川水系、上石見駅~伯耆大山駅間は日野川水系に沿いながら険しい中国山地や新見駅周辺の阿哲渓谷を貫いて走る為カーブと急勾配がとても多い
③「特急やくも」は振り子列車(車体傾斜式車両)なので高速で走って更に揺れが大きいらしい((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
f:id:earth720105:20210821065106j:image

カーブが多い割には結構高速で走るので縦揺れがずっと続き、乗り物酔いしやすい人は結構しんどい乗車になる事でしょう。
f:id:earth720105:20210821071936j:image

雨が降ってきました(>_<)
f:id:earth720105:20210821073021j:image

霧も出てきました(x_x)
f:id:earth720105:20210821073039j:image

豪雨の影響で増水気味の高梁川、旅情気分ゼロの風景が続いていきます。
f:id:earth720105:20210821073055j:image

伸びゆく津川町を走り抜ける伯備線
f:id:earth720105:20210821075858j:image

備中川面駅ホームにある街歩きのイラストマップを見かけましたが一体どこが街なのでしょうか?
f:id:earth720105:20210821075909j:image

そんな僕の疑問をよそに(伯備線の中では💧)メジャー駅の新見駅へまもなく到着
f:id:earth720105:20210821075934j:image

向かいのホームには1日1往復だけ運行する小型の気動車キハ120系が停車、一見では黄レンジャー(115系)の方がボロく見えますが、こちらは電車であちらはディーゼル車、115系は山道を颯爽と駆け抜ける車両なのです。
f:id:earth720105:20210822100043j:image

でも特急の通過待ちで停車する駅が多々あり…新郷駅でも数分の停車があり特急の通過待ちかな?と思いきや貨物の通過待ちでした。
f:id:earth720105:20210822065548j:image

停車時間に外に出て写真でも撮ればイイのでしょうが、万が一列車が発車してしまい秘境駅に置いてけぼりは勘弁なので乗りっぱなしの臆病な僕。
f:id:earth720105:20210822065802j:image

写真は2つ手前の「備中神代駅」ですが駅前は山…若者が小さいテーブルの様な荷物を抱えて1人降りていきましたが、何か岩肌や崖とかでアイロンをかけたりするスポーツの愛好家なのでしょうか。
f:id:earth720105:20210822070002j:image雪山・水中・崖の上……極限状態でアイロンをかけるスポーツ「エクストリームアイロニング」の世界に迫る【マイナースポーツ特集#21】 | be-topia(ビートピア)

上石見駅に入るともうここは鳥取県
f:id:earth720105:20210822094451j:image

辺りも何となく鳥取っぽい風景に変わっていきます。
f:id:earth720105:20210822075602j:image

線路に沿って流れる川も日野川へ
f:id:earth720105:20210822075620j:image

そして伯備線の個人的おもしろスポットの2文字駅名の3連コンボ。まずは根雨(ねう)駅
f:id:earth720105:20210822075640j:image

武庫(むこ)駅
f:id:earth720105:20210822080002j:image

江尾(えび)駅
f:id:earth720105:20210822075914j:image

そんなしょうもない事に夢中になっていたら終点の伯耆大山(ほうせきだいせん)駅に到着ですが、黄レンジャー115系はそのまま山陰本線となって西へ向かって行きます。
f:id:earth720105:20210822080036j:image

それにしても終点という言葉が似合わない駅(´・ω・`)
f:id:earth720105:20210822080055j:image

列車は米子駅へ
f:id:earth720105:20210822083438j:image

米子駅には8時52分に到着したのですが、特急列車を2本前に通す為に出発は9時36分で、40分近くも米子駅でウダウダしていなければなりません。
f:id:earth720105:20210822083518j:image

仕方がないのでホームで撮り鉄
・サンライズ出雲
寝台特急の生き残り285系、東京と出雲市を結ぶ夜行列車で所要時間は約12時間。
こちとら2日目の朝にようやく米子駅にたどり着いたのに、1晩とちょっとでやって来る寝台特急に追い抜かれ普通列車の旅が虚しくなる瞬間。
f:id:earth720105:20210826054509j:image

・特急やくも
国鉄特急形電車の生き残り381系、カーブの減速を抑える為に車体が傾斜する振り子列車は岡山駅7時15分発のやくも1号。
2時間後の列車にも追い抜かれしまい己の貧乏っぷりに電車も心も揺れる瞬間。
f:id:earth720105:20210826054530j:image

そして米子駅0番線はゲゲゲの鬼太郎全開のホーム「ゼロばんせん」では無く「れいばんせん」と呼ぶそうです。
f:id:earth720105:20210822093028j:image

境線ラッピング列車の名称は目玉おやじ列車
f:id:earth720105:20210822093047j:image

そしてセクシーな猫娘に(;´Д`)ハァハァ
f:id:earth720105:20210822093434j:image

出発時間が近づく115系ですが、1両目と2両目の前面が違う事にさっき気が付きました。
f:id:earth720105:20210822093454j:image

そして僕にとっての終点「松江駅」に向かう伯備線ではなく山陰本線、途中でまたもや2文字駅がありました駅名は揖屋(いや)。常に女性から全力で拒否られ続けて来た僕の過去を思い出す瞬間。。
f:id:earth720105:20210822093510j:image

列車の揺れと同様に僕の心の揺れもマックス…
f:id:earth720105:20210822094057j:image

「そんな昔の事は忘れよう…」車窓に大橋川が見えてくれば松江駅もうすぐ、長かった電車旅も終わりが近づいております。
f:id:earth720105:20210822094118j:image

これからは僕も中国山地を走り抜ける伯備線の様に力強く人生を歩みたいと松江駅ホームで誓う僕「ありがとう伯備線!」
f:id:earth720105:20210822094128j:image

改札口でゆるキャラの「しまねっこ」を撮っていたら1人佇む綺麗な女性を見かけました、ここは一発声をかけるべきでしょう。
f:id:earth720105:20210822094208j:image

僕「ぼっ僕と出雲大社で縁結び(;´Д`)ノ」
女性「イヤ!(`Д´)ノ」