だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。


スポンサードリンク

「本家第一旭本店」の「特製ラーメン」は京都駅徒歩5分で醤油ラーメンの頂点

当ブログでは毎度おなじみのfacebookにマズそうなラーメンの写真ばかり投稿する知人ですが写真だけでなく文章もイラッとするものばかり。だいだいプロフィール写真からして、どっかのサイトから昔の映画の画像をパクったものでインチキ臭さ全開(現在は自分の写真に変更)。
f:id:earth720105:20210905091820j:image

最近、知り合った人から影響されてラーメン屋さんでラーメンを食べるように戻った
※変な表現、つまりラーメンは「マルチャン」などの生麺を購め、余った野菜炒めや茹でモヤシを胃に流し込むために家で作って食べていたということです
さて、左は昨夜、五反田図書館のあとでいただいた「平和軒」のチャーシューワンタンメンちぢれ細麺は自家製麺とのことでボソボソした食感ですが食べながら熱が加わっていくと丁度良くなっていきました素材の小麦も一般的なものと異なるのでしょうか??いわゆる二重鍵括弧付き”醤油ラーメン”のスープ赤身のチャーシューも薄味でスパルタンな美味しさでした
醤油ラーメンの頂点、僕にとっては早稲田の「メルシー」ですが、そのラーメンは決してスタンダードと言える物ではありません(油が多く味が濃い)
右は今日、帰宅途中でメトロ銀座駅の「篝」鳥と野菜のポタージュ的スープのつけ麺輪切り柑橘(なんだろ金柑かな?)、山芋、カットトマトと鶏チャーシュー×2枚モチモチとしたストレート太麺を食べ進め、残り少なくなった所で、穀物酢を注ぎ込む味わいをスッキリさせ完食※塩分多過ぎ
昨夜から移動が多く疲れてバテ気味なのでお酢を摂りたかったですゆで方も完璧、美味しいです、便利な場所でオシャな内装、交通至便な場所にありますし、飲用のお水もクリアな味、、、なんか好きになれないなお昼は行列です、、、俺はしないけど、、、だからといってCVSのオニギリも食わない
感動は計算の外にある
セントラルキッチンで作られた物をなるべく食べない
毒は毒と自覚して口にしたい

話があっちこっちに飛び、意味不明の読点(、)反面教師として自身のブログに反映したいものです(´・ω・`)

そしてこちらが頂点の早稲田メルシー醤油ラーメン(マズメシ写真家撮影)
f:id:earth720105:20210905092011j:image

何でいつも丼を真上から撮影するのでしょうか(´・ω・`)
f:id:earth720105:20210905085725j:image画像引用先:ASDとは?その特性と学生への対応のポイント | 株式会社エンカレッジ

本家第一旭本店

彼のマズラー写真を見ながら、僕にとっての醤油ラーメンの頂点を考えました、僕はやっぱり京都駅徒歩5分の場所にあるこのお店。
f:id:earth720105:20210905091354j:image

本家 第一旭 本店
「第一旭」創業者である田口有司氏が1947年(昭和22年)に「大衆食堂 旭食堂」を開業したのがこの場所で、1956年(昭和31年)に「第一旭」に屋号を変更しています。

第一旭(京都ラーメン)系統の違い まとめ - 京都のお墨付き!

f:id:earth720105:20210905114155j:image

アクセスは京都駅烏丸口(北口)駅前の通り(塩小路通り)を右手に進み「高倉塩小路交差点」を右折するとすぐにお店の看板が見えます(駅徒歩約7分)
f:id:earth720105:20210905114739j:image
f:id:earth720105:20210905114553j:image

営業時間は 6:00~25:00
関西旅行の最終日の早朝に何度か訪れる僕ですが行列の長さに断念した事もあります、今回は小雨の降る日であった事もあってかすんなりと入店出来ました。
f:id:earth720105:20210905124701j:image

麺が大盛でチャーシュー2倍の「特製ラーメン」を注文、店内はカウンター3席のテーブル28席(7卓)ですが、あれよという間に客で席が埋まっていきます、タイミング良い来店がラッキーだったと思いつつ特製ラーメンを待ちます(^。^;)
f:id:earth720105:20210905134639j:image

メニューは
特製ラーメン 900円
ラーメン 750円
メンマラーメン 800円
ミニラーメン 600円
学割ラーメン 550円
肉なし(野菜入)ラーメン 600円
肉多め +150円
生お持ち帰りラーメン 650円

他にもチャーシュー(付出し) 700円・メンマ一皿 200円・餃子(6個)250円のサイドメニューもあります。
f:id:earth720105:20210905134754j:image

第一旭「特製ラーメン」

そしてお待ちかねの特製ラーメンが着丼、中央にトッピングしてある九条ネギが印象的な一品。
f:id:earth720105:20210905135416j:image

スープはあっさり目の豚骨醤油味で「これですよ」と言いたくなってしまう旨さ、そんなスープにツルっとした喉ごしの中太麺が絡み
f:id:earth720105:20210905164735j:image

そして中大貫と呼ばれる雌豚のチャーシューの程よい厚さと味わい、たっぷりと入っており「特製ラーメン最高!」と叫びたくなってしまう旨さ。
f:id:earth720105:20210905164744j:image

ごちそうさまはマズラー写真家を見習って真上からの撮影を試みました、多分彼はラーメンの世界観を地球に見立てて表現しているのでしょう💧
f:id:earth720105:20210905164800j:image

店を出て彼のfacebook投稿を見ると昨日はイマイチの店でラーメンを食べたみたいでした(´・ω・`)
f:id:earth720105:20210905164956j:image

感動は計算の外にある(ノД`)トホホ…

本家第一旭本店
住所:京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
電話:075-351-6321
座席数:31席・カウンター3席 テーブル28席(7卓)
駐車場:有り(2台)
営業時間:6:00~25:00
定休日:木曜日