だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。

江戸東京たてもの園にある豪邸に住みたい赤い彗星のシゲ

仕事だか盆踊りだか良く分からない事をやってばかりだった僕が以前勤めていた会社。どの職場でも共通なのですが、段々と仕事にやる気が無くなってきた頃に新人が入社して来るのです…やっぱり僕の代替え要員だったのでしょうか??

今では懐かしいネタ満載の会社に、ある日社長の知り合いの息子が入社して来ました、彼はとにかく心にもないお世辞や媚びを売るのが得意技、よくもまぁ心にも無い事をシャアシャアと言えるなと感心し呆れていた僕、まぁ今思うと周りから認めてもらうのに必死だったのかも知れません。

そんな彼に「赤い彗星のシゲ」とあだ名を付けました、機動戦士ガンダムの登場キャラ「シャア・アズナブル」みたいに己を貫き通す人になって欲しいというのは建前で、実際は有楽町のゲームセンターに入り浸って赤いザクを操作しニックネームで赤い彗星のシゲと入力していたら、いつの間にかゲーセン仲間から「シゲ!」と呼ばれる様になってしまったサボリーマン時代の僕。。


とある日のイベント仕事からの帰り道、僕は車で部長を家まで送りその後シゲを近くの駅まで送る羽目になりました。思い出すのは部長と別れた直後、シゲの「この会社で部長になっても戸建ての家には住めないんだね…」と失礼な一言。「そんな会社に親のコネで入って来た奴はどこのどいつだ!」と問い詰めたくなったイベント帰りの車中、シゲはこの会社で長いモノに巻かれながら出世して豪邸に住む未来予想図があったのかも知れません。そんな彼を久々に思い出しながら、本日訪問した先は東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」
f:id:earth720105:20201128194958j:image

アクセス

広大な小金井公園内にあります
f:id:earth720105:20201128202056j:image

・JR中央線「武蔵小金井」駅北口からバス5分、西武バス2・3番乗場より「小金井公園西口」下車徒歩5分
・JR中央線「東小金井」駅北口からバス6分CoCoバス(小金井市コミュニティバス)のりばより北東部循環「たてもの園入口」下車徒歩10分
・西武新宿線「花小金井」駅南口からバス5分、西武バス南花小金井のりばより、武蔵小金井駅行き「小金井公園西口」下車徒歩5分

武蔵小金井駅から徒歩だと約30分、小金井街道をずっと直進のとても分かりやすいルート。
f:id:earth720105:20201128203003j:image

小金井公園内
f:id:earth720105:20201128203031j:image

江戸東京たてもの園は一見さんお断り的な貫禄ある建物が入園口、元々は皇居前広場で行われた式典のために建設された式殿、現在は移築・改修されビジターセンターとなっております。
f:id:earth720105:20201128203227j:image

入場料は400円、ショップやカフェもあります。
f:id:earth720105:20201128203607j:image
f:id:earth720105:20201128203618j:image

セレブになりたい赤い彗星のシゲ

※現在は感染防止の為、建物内一部は立入禁止となっております、前回撮影の記載のあるものは前回訪問時(2019年)に撮影したものです。

まず目に付くのはかつて板橋区常盤台にあった写真館の常盤台写真場。照明設備が発達していない当時は安定した照度を得るために、北側の大きな窓から光を採ることができるように摺りガラスがはめこまれております。
f:id:earth720105:20201128211657j:image
f:id:earth720105:20201128211711j:image

2階は何とも優しい光が差し込むスタジオ(前回撮影)
f:id:earth720105:20201128211726j:image

かつてシゲそっくりの人物を見つけ、衝動買いしたCDジャケットを思い出しました、前中央がシゲそっくりの人、こちらも光が優しく良い写真です。
f:id:earth720105:20201128211740j:image

ザ・カーニヴァル [限定盤][CD] - ザ・カーニヴァル - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

まぁ‥シゲはもっと嘘臭い笑顔でこんなに歯並びが良くありませんが(´・ω・`)
f:id:earth720105:20201128212419j:image

デ・ラランデ邸
建築年代:1910年(明治43)ころ
所在地:新宿区信濃町
この住宅は、元は平屋建ての洋館でしたが、1910年(明治43)年ころ、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデにより3階建てとして大規模に増築されました。その後、何回か所有者が変わりましたが、1956年(昭和31)から、三島海雲氏がこの住宅に住んでいました。1999年(平成11)まで新宿区信濃町に建っていました。

f:id:earth720105:20201128214620j:image

赤い屋根(増築箇所)がとっても赤い彗星のシゲ好み
f:id:earth720105:20201128214645j:image

1階は当時の雰囲気を模したカフェ
f:id:earth720105:20201128214718j:image

武蔵野茶房 | 株式会社武蔵野テーブル
f:id:earth720105:20201128214735j:image

2階は現在立入禁止(前回撮影)
f:id:earth720105:20201128214805j:image
f:id:earth720105:20201128214822j:image

白いダブルのスーツを着たシゲにとても似合う空間。。
f:id:earth720105:20201128214943j:image

「こんな古ぼけた家はイヤだ!」とか言いそうなシゲですが
f:id:earth720105:20201128223508j:image

三井八郎右衛門邸は、日本の近代史に三井財閥として名を残した三井同族十一家の総領家、三井八郎右衛門高公氏の第二次世界大戦後の住宅である。今井町(現 港区)にあった邸宅が戦災で焼けたため、 財閥解体を経た1952年(昭和27)に麻布鉾町(現 港区西麻布)に本邸を建築して移り住んだ。

f:id:earth720105:20201128223540j:image

三井財閥トップの邸宅と分かった瞬間「とても素敵な邸宅です(媚)」とか言って揉み手で尻尾を振るシゲの姿が目に浮かびます。。
f:id:earth720105:20201128223604j:image

そして三井一族入りする野望を胸に抱くかも知れませんが…
f:id:earth720105:20201128223615j:image

やっぱりシゲにはこれ位の古ぼけた家がお似合い
f:id:earth720105:20201128223851j:image
f:id:earth720105:20201128223929j:image

とてもお洒落な邸宅を見つけました
f:id:earth720105:20201128230307j:image

前川國男邸は、品川区上大崎に 1942年 (昭和17) に建てられた住宅である。この建物は前川國男建築事務所によって設計され、戦時体制下、建築資材の入手が困難な時期に竣工した。外観は切妻屋根の和風、内部は吹抜けの居間(サロン) を中心に寝室.書斎を配したシンプルな間取りになっている。
前川國男(1905~1986)は東京文化会館 (1961) 東京都美術館 (1975) をはじめ、公共建築を中心に多くの作品を残し、日本の近代建築の発展に大きく貢献した。この住宅は、1973年 (昭和 48) に解体され、部材として保管されていた。復元工事の際、外観は 1956年 (昭和 31)に改修される前の姿に戻し、内部は昭和30年代の様子を再現した。

f:id:earth720105:20201128230426j:image

やはり建築家だったのですね、空間の使い方に感心してしまう邸宅で見とれてしまいます。
f:id:earth720105:20201128230450j:image

僕もこんな家に住んでみたい…冷暖房費が少しだけ心配ですが。。
f:id:earth720105:20201128230506j:image

そして居間で寛ぎながらこんな音楽を聴いていたいものです。

高橋是清邸
f:id:earth720105:20201129063952j:image

建築年:1902年(明治35)
旧所在地:港区赤坂7丁目

経済通の政治家として、明治から昭和の初めにかけて日本の政治を担った高橋是清の住まいの主屋部分である。是清は赤坂の丹波篠山藩青山家の中屋敷跡地約6,600平方メートルを購入し1902年(明治35)に屋敷を建てた。
総将普請の主屋は複雑な屋根構成をもっており、また当時としては高価な硝子障子を、縁回りに多量に使用している。 赤坂にあった頃は、主屋のほか3階建ての土蔵や、離れ座敷がある大きな屋敷だった。1936年(昭和11)是清はこの建物の2階で青年将校の凶弾に倒された(2.26事件)敷地と屋敷はまもなく東京市に寄付され、記念公園となった。是清の眠る多磨霊園に移築され、休憩所として利用されていた主屋部分がこの場所に移築された。

f:id:earth720105:20201129065102j:image

日銀副総裁時代に日露戦争戦費の外債募集(外貨獲得)で手腕を発揮、大正10年には第20代内閣総理大臣に就任。
f:id:earth720105:20201129104807j:image

日銀・官僚・内閣と聞いてシゲの尻尾を振る方向が三井財閥からコッチへ一気に変わります。
f:id:earth720105:20201129065540j:image

積極的な財政政策(ケインズ政策)で軍事費抑制方針を示し軍部と対立、1936年の2月26日に自宅で暗殺された。
f:id:earth720105:20201129104859j:image

もし事件の場に高橋是清に媚びを売るシゲがいたのなら、またまた一気に手のひらを返し陸軍の服を着てシラッ~とやり過ごす姿が容易に想像出来ます。
f:id:earth720105:20201129065557j:image

銭湯に乱入する赤い彗星のシゲ

やっぱりシゲには下町がお似合い(・∀・)ノf:id:earth720105:20201129070252j:image

ボロい長屋で浴衣を着てゴロゴロしている姿がお似合い(^▽^)ノ
f:id:earth720105:20201129070611j:image

そして近くの乾物屋の店先で偽りの笑顔を振りまきながら働いているはず。。
f:id:earth720105:20201129071401j:image
f:id:earth720105:20201129071413j:image

ゴマ摺りと鰹節削りは得意中の得意
f:id:earth720105:20201129071427j:image

しかし酒を呑んで酔っ払うと本領を発揮
f:id:earth720105:20201129071541j:image

鍵屋は下谷坂本町(現 台東区下谷)にあった居酒屋である。1856年(安政3)酒問屋として創業したと言い伝えられ、酒の小売店を経て 1949年(昭和24) から居酒屋の営業を始めた。手頃な値段で旨く静かに飲むことのできる鍵屋は地域の人びと、職人、サラリーマン、芸人などに支持されていった。 また雰囲気と主人の人柄を愛して小説家の内田百開などの著名人も多く通っていた。鍵屋は当初平屋だったが、大正期頃に2階部分を増築した。 震災 戦火をまぬがれ今なお江戸時代末期の面影をとどめている。建物と店内は居酒屋として営業していた1970年(昭和45)頃の姿に復元している。

f:id:earth720105:20201129071943j:image

酔っ払ってスイッチの入ったシゲは「赤い彗星のシャア」になりきって銭湯へ向かいます。
f:id:earth720105:20201129073736j:image
「見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを!」

そして女湯に乱入
f:id:earth720105:20201129073751j:image
「当たらなければどうということない」

更衣室を駆け抜け
f:id:earth720105:20201129073832j:image
「戦いとはいつも二手三手先を考えて行うものだ」

ですが風呂場で女性達に取り押さえられ
f:id:earth720105:20201129074120j:image
「ええい、連邦のモビルスーツの性能は化け物か!」

そして警察のお世話になります
f:id:earth720105:20201129074110j:image

「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを(´Д`)」

江戸東京たてもの園
住所:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
電話:042-388-3300
H.P.:https://www.tatemonoen.jp/raien/
入園料:400円
開園時間:(4月~9月)午前9時30分~午後5時30分・(10月~3月)午前9時30分~午後4時30分
※入園は閉園時刻の30分前までとなっています。
休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日)・年末年始

紅葉の源氏山ハイキングを鎌倉デートコースにお勧めする5つの理由

僕に相応しく無い記事タイトルをつけてしまい早くも大後悔(x_x)いつもぼっちで来たるべき日の為にデートコースを下見しているのですがその来たるべき日が全然来ない僕。。
神社・仏閣参拝のみならず、切通しをヒィヒィ言いながら歩いたりハードな鎌倉の道にハマっている今日この頃。

今回は紅葉の時期、そして大仏や八幡宮等の定番コースを押さえながらもちょいとした山道を歩きマニア受け(?)しながらもデートコースにオススメな源氏山ハイキングコースを紹介します。

源義家(八幡太郎義家)が奥羽地方の合戦(後三年の役)に出陣の際、山頂に源氏の白旗を立て戦勝祈願をしたこともあり「旗立山」の別名もある源氏山、源頼朝もこれに習い平家追討の際に勝利祈願をしたと言い伝えがあります。

〈デートコースにオススメの理由〉
①基本は北鎌倉~鎌倉の電車沿いルートなので源氏山を拠点に他の有名スポットへのアクセスが容易
②程良く疲れないビギナー向けのハイキングコース
③歴史を感じさせるスポットが多く日本の武家時代を語りながら多少蘊蓄を披露出来る
④とにかく男女問わず幅広い世代が楽しめるスポット
⑤縁結びや金運アップの皆さんのニーズに応えた神社がコース内にある

写真は老若男女が楽しんでいる源氏山公園の源頼朝像の前、お弁当や敷物も用意してじっくりと無料で1日中楽しめる事も出来ると断言します! ビバ鎌倉(^^)/
f:id:earth720105:20201123152458j:image

〈目次〉

僕の源氏山ハイキングコース定番は、北鎌倉駅~浄智寺~源氏山公園~寿福寺~鎌倉駅のルート順

〈紅葉〉フルコース 北鎌倉から源氏山 - 鎌倉タイム
f:id:earth720105:20201123153041j:image

勿論逆(鎌倉)からのルートでもOKなのですが、北鎌倉駅に向かう狭い歩道の渋滞道が、ハイキングコースのラストになるとゲンナリする事もあって、僕はもっぱら北鎌倉からのスタート派。
f:id:earth720105:20201123155745j:image

北鎌倉駅前の有名スポット「円覚寺」は時間の都合もあり今回はスルー、野郎同士でおふざけ撮影している輩もおりますが、次回は彼女と一緒に参拝して欲しいものです。。
f:id:earth720105:20201124004143j:image

車に気をつけながら歩きますf:id:earth720105:20201123160029j:image

浄智寺はここを左折
f:id:earth720105:20201123165648j:image

後は快適のハイキングですが、後ほど非舗装の道もたくさん出て来ます(>_<)
f:id:earth720105:20201123170126j:image

源氏山ハイキングコースはビギナー向けとは言え、木の根や岩が剥き出しの道もありスニーカーやトレッキングシューズ着用は必須、今回僕は3回程ズルッと滑りました(>_<)
f:id:earth720105:20201124001303j:image
f:id:earth720105:20201124001322j:image

浄智寺は時間の都合上スルー💦ちなみに拝観料は200円です。
f:id:earth720105:20201124001531j:image

源氏山ハイキングコース

入口近くには「たからの庭」という陶芸教室があります、横道に入って覗いてみました。
f:id:earth720105:20201124003258j:image

こんな自然あふれる場所だったら僕にも皆を唸らせるアートな作品が出来そう(スイマセン…言いすぎました)
f:id:earth720105:20201124003308j:image

そしてハイキングコースに突入、段々と険しい道になり膨らむ期待感、人もそれなりに多いので安心しながら登山(?)を楽しめます。
f:id:earth720105:20201124005321j:image
f:id:earth720105:20201124005334j:image
f:id:earth720105:20201124005346j:image

すれ違う皆さんと「こんにちは~」の挨拶で登山気分を満喫、たまに聞こえる電車の音が少しだけ萎えますが(>_<)
f:id:earth720105:20201124005405j:image

たまに足を引っ掛けそうな木の根もあったりしますが…
f:id:earth720105:20201124005816j:image

デート中女性に気遣いを見せながら歩けば好印象になる事請け合いのハイキングコース
f:id:earth720105:20201124005958j:image

程良く中間地点(休憩所)が現れるのもポイント高、そしてココには魔除け・縁結びの神社があるのです、もうカップルで行けば一気にテンションUP、写真はぼっちのオヤジですが(x_x)
f:id:earth720105:20201124010402j:image

鎌倉の街並みを一望、ちょっとした達成感も味わえます。
f:id:earth720105:20201124074931j:image

縁結びと幸せゲットの葛原岡神社

f:id:earth720105:20201124011523j:image

葛原岡神社は、後醍醐天皇の忠臣として鎌倉幕府倒幕のために活躍した「日野俊基卿」を祀る神社として、明治の初めに創建されました。俊基卿は学問に優れていたことから学問の神様として、また建武の新政への道を開いたことから、開運の神様として崇められています。
境内には良縁にご利益がある縁結びの『男石』・『女石』があり、あらゆる縁を求めて、 多くの方が参拝されています。また鳥居に向かって右手の石は『魔去ル石』といい魔が去るように願いを込め盃をこの石に当てて割れば幸せを勝ち取れるとされています。

早速100円を納め盃を投げつけ無事撃破、ここで石を外すとかなり恥ずかしいので、コントロール重視で投げましょう。
f:id:earth720105:20201124012639j:image

縁結びの石ですがぼっちの僕はパス…

赤い糸(御縁) の結び方
・良縁・縁結び(女性) 右側の男石
・人間関係等の絆結び 中央
・良縁・縁結び(男性) 左側の女石
赤い糸は縁結び守を受けた方にお渡ししております
※尚、御守は社務所にて投与しております

f:id:earth720105:20201124013738j:image

そして参拝
f:id:earth720105:20201124013941j:image

そして休憩所で一休み
f:id:earth720105:20201124055323j:image

休憩所の近くには日野俊基の墓があります、明治天皇は後醍醐天皇を高く評価した事があり、明治時代に神社と共に創建された史跡なのです。

日野俊基(ひのとしもと)は、後醍醐天皇に仕えた公家。1324年後醍醐天皇の倒幕計画に参加した罪で捕らえられ、日野資朝とともに鎌倉に護送された(正中の変)。この時、俊基は許されたが資朝は翌年佐渡に流された。
後醍醐天皇は、万里小路宣房を鎌倉へ派遣し「告文」をもって弁明したことにより罪に問われなかった。告文とは天皇が告げ申す文で、武家に出すことは前代未聞だったという。
1331年後醍醐天皇は再度倒幕計画を企てるが、これが露見し、日野俊基は再び捕らえられ、翌年6月3日葛原ヶ岡で処刑された(元弘の変)。俊基は、鎌倉に入ることなく仮粧坂の葛原ヶ岡で斬首されたと伝えられている。

f:id:earth720105:20201124055439j:image

源頼朝像と銭洗弁財天の分岐点

先に進みます、舗装路と非舗装両方の道がありますが非舗装(あじさいの小径)は側道で同じ方向に向かうのでどちらを歩いても大丈夫です。
f:id:earth720105:20201124061753j:image

カワイイあじさい(前回訪問時に撮影)
f:id:earth720105:20201124061804j:image

ゴールで舗装路と合流します
f:id:earth720105:20201124061833j:image

源氏山公園にはいくつかの分かれ道(分岐点)があり、標識をよく確認して進みましょう、特にココは銭洗弁財天の参拝と源頼朝像の紅葉スポットを分ける大事な分岐点。道なりに進むと弁財天・鎌倉大仏ハイキングコース、左に曲がると源氏山公園(源頼朝像)・寿福寺(鎌倉駅前)コースです。
f:id:earth720105:20201124074425j:image
f:id:earth720105:20201124074435j:image

お金が増えて戻ってくる…銭洗弁財天

そして大人気スポットの「銭洗弁財天 宇賀福神社」へお金を洗うと何倍にも増えて戻ってくるといわれる霊水「銭洗水」が湧く神社。
かくいう僕も参拝(銭洗)後に、珍しく当へっぽこブログに収益が発生しておりました(2桁金額ですが💧)御利益満載の神社。

巳の年の文治元年(1185)巳の月、巳の日、源頼朝に字賀福神の夢のお告げがありました。「西北の谷に湧き出す霊水で神仏を供養せよ。天下は泰平になるであろう」お告げの通りにこの地に湧き水があったので、さっそく字賀福神を祀り、その水で神仏の供養を行ったことが、創建の由来だといわれています。
この湧き水でお金を洗って使うと、何倍にもなって返ってくると信じられています。鎌倉五名水の一つです。

f:id:earth720105:20201124075611j:image

入口の洞窟を出て少しだけ京都の伏見稲荷大社を思わせる沢山の鳥居をくぐり
f:id:earth720105:20201125050515j:image

まずは下ノ水神宮をお参り、チョロチョロ流れる水を眺めながら「お金が増えて欲しい」と呟いてしまいました。
f:id:earth720105:20201125050651j:image
f:id:earth720105:20201125050709j:image

上ノ水神宮へ登ります
f:id:earth720105:20201125050651j:image

そしてメインイベントの銭洗い、まずは100で線香とザルをお借りして
f:id:earth720105:20201125051034j:image

皆さん2人で並んでの参拝ですが僕だけぼっち…鈴を鳴らして足早に立ち去ります。。
f:id:earth720105:20201125051140j:image

そして奥宮内での銭洗い、ザルと杓子を使ってお金をジャブジャブ。
f:id:earth720105:20201125054253j:image

残念ながら財布の中の硬貨は百円玉ばかり、中にはお札を洗っている参拝客もいました。
f:id:earth720105:20201125054317j:image

使用前( ・_・;)
f:id:earth720105:20201125054329j:image

使用後(・∀・)目指せブログ収益!
f:id:earth720105:20201125054341j:image

勝利祈願の場所とプチアドベンチャー

分岐点に戻り、今度は源頼朝像を目指します、周りでは様々な年齢層の人々が思い思いに寛いでおりとても良い雰囲気。
f:id:earth720105:20201125070345j:image

勝利祈願の場所だった事もあってか、カップルや家族連れの皆さんが記念撮影に勤しんでおります「早よ撮れや…」と心の中で呟く心の狭い僕、市街地に近く標高が低い割には険しい山道、織田信長が天下の足掛かりにした金華山(岐阜城)との共通点を多く感じます、天下人が拠点とする場所は似ていると実感、住むなら駅近とかほざく小物の僕とはえらい違い。。
f:id:earth720105:20201125070401j:image

像の裏手に回ってみたのですが、何もありませんでした。
f:id:earth720105:20201125070633j:image

そしてここは紅葉スポットでも有名な場所、天候にも恵まれスマホカメラで適当に撮ってばかりの僕でもアートな写真作品が仕上がる予感(スイマセン…言いすぎました>_<)
f:id:earth720105:20201125070644j:image

・化粧坂(けわいざか)切通し
亀ヶ谷坂切通し・化粧坂切通し・巨福呂坂切通し・大仏切通切通し・極楽寺切通し・朝夷奈切通・名越切通しは鎌倉七口と呼ばれ、鎌倉と外部を結ぶ重要な要路でした、そんな七口の中のひとつ化粧坂切通しを下って市街地に抜ける事もできます。
f:id:earth720105:20201128094424j:image

他の切通しと比べ距離が短くわずか80メートルの切通し、なので一度舗装路(ゴール地点)まで降りて
f:id:earth720105:20201128094407j:image

そしてまた登る往復コースを敢行💦f:id:earth720105:20201128095130j:image

濡れた道やゴツゴツの岩の道など若干気を使う箇所もあります
f:id:earth720105:20201128095200j:image
f:id:earth720105:20201128095212j:image

元の場所に戻りました単に疲れただけの切通し往復(x_x)
f:id:earth720105:20201128095230j:image

個人的にはここから寿福寺までの難所の方がお気に入り、このルートも道が険しくデートコースには若干不向きですが、歴女やファミリーでも通っているのでチャレンジの価値あり、最も厳しい場所には抜け道の階段があります。
f:id:earth720105:20201125075434j:image

通行注意のボロい看板に期待が膨らみます
f:id:earth720105:20201125075451j:image

だんだんと険しくなる道
f:id:earth720105:20201125075658j:image

左手には寿福寺の墓地が見えます、やっぱりここは夜は通行禁止なのか?と余計な心配をしてしまう僕。。
f:id:earth720105:20201125075710j:image

奥には北条政子(頼朝妻)と源実朝(頼朝息子)の墓もあります、以前訪問した名越切通しのまんだら堂を思い出す洞穴(?)
f:id:earth720105:20201125075915j:image
f:id:earth720105:20201127073423j:image

そしてここが冒険(?)のハイライト、個人的には一番のお気に入りスポット。
f:id:earth720105:20201126044840j:image

ありえない位の細い場所を木の幹の手すりを伝いながら降りていきます。
f:id:earth720105:20201126044900j:image

振り返って撮影
f:id:earth720105:20201126044913j:image

通り抜けるのに不安な方は墓地の階段から降りるコースもあります。
f:id:earth720105:20201126044926j:image

難所を過ぎれば寿福寺の境内が見えてきます、こちらも振り返っての撮影。鎌倉では珍しく一般公開されていませんが、厳かな石畳の参道はゴール地点に相応しい場所。
f:id:earth720105:20201126051316j:image

源頼朝が没した翌年、妻の北条政子が明蕃栄西を開山に招いて建立した鎌倉五山第三位の寺です。鎌倉幕府三代将軍の源実朝も、再三参詣しました。崇西は日本に初めて臨済宗を伝えた禅僧で「突茶養生記」を著すなど、お茶を飲む習慣を日本に伝えたことでも知られています。

f:id:earth720105:20201126051140j:image

 

鎌倉五山(かまくらござん)は、臨済宗の鎌倉にある5つの禅宗の寺院(建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺)ですが、スタートが浄智寺そしてゴールが寿福寺で何とも言えない達成感、写真は仲良く参拝するカップルで振り返りながら優しく彼女を待つ彼氏、そしてそんな風景を見てイラッとしてしまう心の狭い僕(x_x)
f:id:earth720105:20201126052517j:image

もうここは鎌倉駅の近く、踏切を渡り少しだけ歩くとそこは鶴岡八幡宮前の小町通り、一気に日常に戻ります。
f:id:earth720105:20201126052534j:image

鎌倉は北東西の三方を山や丘に囲まれ、南には相模湾が広がっており、このような地形は守りやすく攻めにくい自然の要害地、そんな鎌倉の歴史を満喫でき楽しめるコースなのです。

そんな場所をぼっちでトボトボ歩く僕はハイキングコースの弊害(ノД`)

 

紅葉の平林寺そして近くにはアットホーム(?)な職場

紅葉スポットで有名な埼玉県新座市にある平林寺、拝観のみならず史跡や散策路もあり見応えは沢山、正式名称は「金鳳山 平林禅寺」その名の通り僧侶がストイックに修行する禅寺で、広大な雑木林の中にある建造物を静かに参拝する今の時世・時期にぴったりの場所です。
f:id:earth720105:20201122065743j:image

紅葉シーズンは11月下旬から12月上旬、僕は若干早めの11月15日にお邪魔しました。
f:id:earth720105:20201122065802j:image

拝観料は大人500円、敷地内での飲食や敷物は禁止で御朱印はありません、そしてびっくりなのが釣り銭無しの入場の告知。
f:id:earth720105:20201122065827j:image
僕は小銭を持ち合わせていなかったのでさっと千円札を出し前の参拝客の500円を指差し「これお釣り貰います」と言って何とか入場(>_<)いつからこんなルールになったのでしょうか?きを取り直して貰ったパンフレットのマップを片手に参拝そして散策です。(画像は平林寺公式H.P.より抜粋)


f:id:earth720105:20201122070258j:image

仏殿の奥からはお経が聞こえて来ます、基本は静かに参拝、あまり観光地然としてない場所である事も魅力のひとつなのかも知れません。
f:id:earth720105:20201122065841j:image

山門の近くにある「さざれ石」細かな小石が集まって大きな岩となったもの、職場でもみんなが一岩(丸?)となって働くのが理想なのかも知れませんが、そうはいかないのが現実、平林寺の近くには僕が日雇い仕事がイヤになり1年間だけ社員として働いた自称アットホームな会社があるのです。
f:id:earth720105:20201122074231j:image

求人広告にアットホームな会社を銘打つ会社は多いですが多くは地雷物件…経営者や一部社員の横行がまかり通ったり、一部の社員が目の敵にされたり色々なエピソードがあるかとおもいます。因みにこちらは僕がいた職場の写真(裏手)、社員数名が住み込みで働いており正真正銘のアットホームな会社、地雷物件どころか大型ミサイル並みの破壊力(ノД`)
f:id:earth720105:20201122081837j:image

平林寺周辺の飲食店

残念ながらほとんど無いです…周辺で平林寺の雰囲気を感じながら食べられるお店といったらまずは総門(正門)向かいの竹映ですが、写真の通りお土産屋さんに若干のお座敷がある程度。
f:id:earth720105:20201122100424j:image

落ち着いて食事をするなら総門から徒歩約3分「手のべうどんたけ山」がオススメ

ほぼこの店一択の為に混雑が予想されます、タッチパネルで整理番号をゲットして待機、時間帯のせいか僕はすぐに入店できました、しかし後ろのご高齢の客は操作が上手く出来ず、店員も「出来ないんですか!」と僕が聞いてもイラッとする言いぐさ(`ε´)
f:id:earth720105:20201122100459j:image

少しだけムッとしたのですがお座敷独り占めでご機嫌、注文は季節替わりのわっぱ飯御膳にしました。(税込:1520円)
f:id:earth720105:20201122100516j:image

季節のわっぱ飯は好物のいくらと鮭で益々ご機嫌(・∀・)ノ
f:id:earth720105:20201122100529j:image

うどんは冷or温の選択が可能、コシがありながら程良い柔らかさ喉ごしの良い絶妙な麺、今流行りの○○製麺みたいに妙にコシだけがある麺とは対極にあるうどん。
f:id:earth720105:20201122100657j:image

若干上げ底の(💦)わっぱ飯は上品な味で、久々にご馳走を頂いた気分になりました、茶碗蒸しは海老・銀杏・イカの三点入り、ヤッパリ千円以上のランチはイイですね~(貧乏人>_<)
f:id:earth720105:20201122101610j:image

川越街道沿いまで出ればチェーン店ばかりですが色々な飲食店があり選び放題です
f:id:earth720105:20201122103457j:image
この周辺はアットホーム会社で入社間もない頃に、皆でお昼にハンバーグを食べに行った店もあります。


でも僕が行ったのは1回こっきり、どうやらこの食事(ランチ)は1軍のみのイベントらしく、2軍登録された僕には声なんぞかかる訳はありません、従業員は4軍で構成されていることを入社半月後に知りました、因みに4軍の仕事稼働日数は月10日前後…こんな扱いなら日雇いの方がマシじゃんと思った時には後の祭り。。

野火止上水からのアクセス

平林寺へのアクセスは、以下の各駅からバスで15分~20分程バス停【平林寺】下車すぐ

①「東武東上線志木駅南口」よりひばりヶ丘駅行き(1時間に3本程度)
②「東武東上線朝霞台駅南口」より東久留米駅行き(1時間に1~2本)
③「西武池袋線東久留米駅東口」より朝霞台駅行き(1時間に1~2本)
④「西武池袋線ひばりヶ丘北口」より志木駅行き(1時間に3本程度)
最寄り駅のJR武蔵野線「新座駅」からだと徒歩45分程の長距離。
f:id:earth720105:20201122105556j:image

駅から平林寺行きのバスは一応出ているのですが1日に僅か7~8本程度なので時間が合わない限りは難しいアクセスになります。
僕は新座駅から徒歩で野火止用水に沿って若干の遠回りしながら1時間超の徒歩ルートで平林寺に向かいました、川越街道を東京方面に歩きながら野火止用水歩道橋の手前で左折
f:id:earth720105:20201122110122j:image

すると一気に武蔵野を思わせる風景に早変わり
f:id:earth720105:20201122111044j:image

野火止用水は1655年に川越藩主である松平伊豆守信綱により野火止台地開拓のため必要とする生活用水確保を目的として作られた用水路です、川越に入府以来領内の新田を推進する一方で原野のままであった野火止台地の開拓に着手、農家55戸を入植させ開拓にあたらせます、しかし関東ローム層の乾燥した土地は飲料水さえまともに得られない土地で人々は困窮を極めました。
松平信綱は玉川上水開拓の功績により、三割の分水許可を幕府より得た後、野火止用水の開削にとりかかり完成させます。豊かな水を得た土地は発展、人々はこの工事に深く感謝して野火止用水のことを「伊豆殿堀」とも呼びました。

f:id:earth720105:20201122111146j:image

新座発展の礎を築いた用水路なのです
f:id:earth720105:20201122111125j:image

アットホーム会社は作業内容により人手が要らなくなったら、お昼前だろうが容赦なく帰らされます(因みに社長・常務を除く従業員はみんな仲良く時給)

3軍には軽度の知的障害を持った社員で皆の憂さ晴らしの標的になっている「え~ん(仮名)」の社員がおります。決して作業が出来ない訳では無く、むしろ特定の作業におけるスピードは社内でピカイチなのですが、それが評価される事も無く、本人より作業能力の劣る連中からも笑われて時には小突かれて泣く事も多いえ~ん
f:id:earth720105:20201122122003j:image

お昼前に帰らされて家に帰れば親から「こんな早く帰って来てどうしたの?」と心配される事を懸念して、野鳥の森で夕方まで佇んでいるえ~んを想像してしまうと僕までエ~ンと泣きたくなってしまいます(ToT)
f:id:earth720105:20201122122015j:image

平林寺境内林、ここは(一応💧)国指定天然記念物なのです
f:id:earth720105:20201122123537j:image

この林は、東京近郊の武蔵野の雑木林が減少の一途をたどっている現在、広い面積にわたって自然の残されたものとして貴重であり、境内を中心とした約56haが、国の天然記念物に指定されています。
林は日本の代表的二次林であるコナラ・アカマツ・エゴノギ・クヌギ・クリ・イヌシデ・モヴソウチクなどの林から成っており、林床にはアズマネザサやクマザサが環境の変化に応じて優占しています。またここは県内平野部における屈指の鳥類生息地で、カケス・アカハラ・ルリビタキ・アオゲラ・キジバトなど約60種が、繁殖地あるいは中継越冬地として利用しているのが見られます。

f:id:earth720105:20201122123852j:image

金網の向こうは平林寺の敷地、とっても広大な平林寺なのであります。
f:id:earth720105:20201122124047j:image

平林寺境内

境内には冒頭の写真(山門・仏殿)の他にも色々な見所があります。
・旧半僧門
以前使っていた門らしいのですが門だけ残っていると何だか間抜けですね。。
f:id:earth720105:20201122130554j:image

・戴渓堂(たいけいどう)
中国から日本に書法や水墨画などを伝えた独立性易(どくりゅうしょうえき)禅師を祀ります、平林寺にも招かれたらしく鑑真と並ぶ渡日したカリスマ僧ですね。
f:id:earth720105:20201122130629j:image

・放生池(ほうじょういけ)
池の水はかつて野火止用水から通じていました、中の島は弁天堂があります。
f:id:earth720105:20201122130647j:image

・経蔵
f:id:earth720105:20201122130707j:image

~上皇陛下のお言葉~
皇太子妃殿下とご一緒に平林寺行啓の折に

このかけがえのない武蔵野の自然を訪ねる人々が生態系の微妙な仕組みに十分留意することによって美しく豊かな自然が保たれいつまでも人々を楽しませてくれるよう願っております
昭和52年(1977)11月10日

 

皇后陸下とご一緒に平林寺行幸啓の折に

急速な都市化が進むなか、都会の近くにあって広大な武蔵野の自然が残っていることは非常にありがたいことです。このかけがえのない自然は心の故郷でもあり多くの方々が癒しの場として訪れることでしょうこれからも皆さんの協力や努力によって武蔵野の自然を大切に守り育てていくことを望みます
平成21年(2009)11月26日

f:id:earth720105:20201122131522j:image

樹齢約600年を数える高野槇(こうやまき)2つの幹がアットホーム会社の社長と常務(姉妹です)を彷彿させます。
f:id:earth720105:20201122132822j:image

普段悪さばかりしている懺悔の為でしょうか?社長・常務姉妹は寺院巡りが大好きで特にお気に入りは長野県の善光寺、突発的に愛車レクサスに乗って参拝に行きますが、長距離運転にイライラする為でしょうか?帰りに高速を途中で降りて会社に立ち寄り、え~んを小突いてから帰宅する事がお決まり、その日のえ~んは無事定時まで仕事が出来ます(繰り返しますが従業員はみんな仲良く時給)せっかく参拝してもイイ事・ワルい事の±(プラマイ)がマイナスになってしまい、行く意味が無いとつくづく感じてしまいます。

~武蔵野の会社を訪ねる人々が(職場の)生態の微妙な仕組みに十分留意することによって、ブラックでイカレた職場を晒し、いつでも職場の人々をディスってくれるよう願っております~

平林寺境内雑木林

そしてここがある意味、平林寺参拝及び野火止散策のハイライト松平信綱公一族の墓所です。
f:id:earth720105:20201122141305j:image
Wikipediaでは松平信綱の才気あるエピソードが色々と出てきます。

松平信綱 - Wikipedia
f:id:earth720105:20201122141353j:image

信綱は旗本から幕閣かつ一国一城の主として出世を遂げた松平信綱、島原の乱が起った際には信綱が将として派遣されこれを鎮定しその功によって川越城に転封。
信綱は3代将軍家光、4代家綱の老中として活躍し幕府初期政治の基礎を固め古今の名相とも遍われる一方、郷土の発展につくした功績も大きくのちの小江戸と称される川越の基礎をつくり新河岸川の舟運をおこしたり川越街道の整備なども行っている。
また1655年には玉川上水から野火止用水を引き野火止台地に生活用水を供給、荒野の開発を行った。信綱はこの野火止台地開発とともに所領の野火止村に、菩提寺である平林寺を岩槻から移転させることを切望したが果たせず1662年に逝去した。
初めは岩槻の平林寺に埋葬されたが子の輝綱が父信綱の遺命を守り翌年に平林寺の伽藍および墓石にいたるまで現在地に移建したため改葬されたものである。

※現地案内板より一部抜粋

f:id:earth720105:20201122141812j:image

墓石がサッカーボールに見えてしまうのは僕だけでしょうか?
f:id:earth720105:20201122141758j:image

職場である日、15時に一旦中止する作業がありました、しかし誰からも伝言は無く(中止するする事は)知る由も無いえ~ん。社長が「バカ!早くヤメろ」と言い放ちえ~んの目の前に立ちふさがります、また自分の作業を邪魔しに来たと感じたのでしょうか?え~んは右側に上半身を大きく揺らします、社長が動きを阻もうと重心が傾いたところですかさず反転し一気に逆方向に駆け抜けるえ~ん。


あまりにも鮮やかなフェイントに僕は見惚れてしまいました…一方一瞬で置き去りにされぶち抜かれた社長は激怒「お前はバカだよ!帰れ!」の怒号(>_<)
f:id:earth720105:20201122171316j:image

15時休憩時に裏口にお茶を飲んでると、上着を着て荷物を持った帰り支度のえ~んの姿「何で怒られたのだか分からない」と泣いておりました(ノД`)
上手く説明出来ず「お前のフェイントがキレキレ過ぎた」と言っても伝わらないと思ったので

「とりあえずは明日は元気に来い…」と答えた僕であります(´・ω・`)

 

臨済宗妙心寺派 金鳳山平林寺
H.P.:http://www.heirinji.or.jp/
住所:埼玉県新座野火止3-1-1
参拝時間:9:00~16:00(最終受付 15:30)
参拝料:大人(中学生以上)500円・小人(小学生)200円
拝観休止:2月1日 ~ 末日・12月31日(除夜の鐘の解放はありません)

平林寺は禅修行の専門道場です
・拝観には修行の妨げとならぬよう静粛にお願いします
・修行に関わるエリアの立ち入りを固く禁じます

平林寺境内林は国指定天然記念物です。
・ゴミはお持ち帰りください
・食事処、売店、自動販売機はありません

多摩湖のほとりダイダラボッチ像に「行くよ!」

ブログを始めて1年半、いつも1人で所持金も少なめで出かけている僕。外出先での出来事でも書きたいな…と漠然と思って適当に名付けた「だいだらボッチ~」のブログタイトル、今となってはダラダラしてだらしなく、いつもボッチの僕に合っているかな?と結構お気に入り。

本日はそんな自分の原点とも言える場所の東京都東大和市にあるダイダラボッチ像を見に行った次第です。
f:id:earth720105:20201113174317j:image

自分の原点とか言っておきながら、毎度のごとく他人のネタで恐縮ですが、日雇い現場でたまに一緒になるH本さん(エッチ本ではありません💦)フォークギター片手にミュージシャンを目指して広島から上京、しかし大好きなフォークミュージックでプロになる事はなかなか難しく日雇いの仕事で食いつないでいる現在55歳のオヤジ、面長の顔に丸眼鏡の長髪でどことなくジョン・レノンを彷彿させますが、自慢のロン毛は強度のクセ毛でアフロヘア状態、職場で付いたあだ名は「あたま火事クン」(T_T)

そう言えば、彼の職場は夏にバイト連中で海へ行くのが恒例行事。去年はみんなで海に行く計画をお昼休みにしていると、モノ欲しそうな彼の顔が部屋の片隅にありました。多分海なんか行くのは嫌いだろうし絶対断るだろう…とお義理で幹事が「来週みんなで海に行くんだけどH本さんも行く?」と誘ったら甲高い声で嬉しそうに

「行くよ!」

との返事(ノД`) 今でも「行くよ!」の言葉が「ダイダラ!」と脳内変換され頭の中でリフレインしてしまう僕。。(写真は神奈川県の由比ヶ浜海水浴場)
f:id:earth720105:20201113231704j:image

アクセス

最寄り駅は西武池袋線「西所沢」で支線の西武狭山線に乗り換えて2駅目の「西武球場前」西武ライオンズ一色の駅。
f:id:earth720105:20201114001546j:image

西武ドームを左手に見ながら多摩湖を目指します。
f:id:earth720105:20201114001432j:image

西武第2球場が見えてくるとダイダラ像はすぐ近く、駅から徒歩10分程です。
f:id:earth720105:20201114001405j:image

多摩湖北交差点の左手に古ぼけた門があり、ここがダイダラボッチの丘です。

元々は村山貯水池(多摩湖)が造られた場所にあって移転を余儀なくされた寺院の慶性院、大正11年に現在の場所(東大和市芋窪)に移転したとき、山門はそのまま取り残されてしまいましたが、荒れ果てた山門の姿に心を痛めた有志達が昭和29年ここに移転し修復しました。

f:id:earth720105:20201114004635j:image

ダイダラボッチ像

しかし現在は老朽化のため立入禁止で再び心を痛めてしまいます。
f:id:earth720105:20201114004507j:image

仕方ないので脇にある道からダイダラの丘を登る僕
f:id:earth720105:20201114004520j:image

「行くよ!(ダイダラ)」
f:id:earth720105:20201114070810j:image

丘の頂上にはダイダラボッチ像、脱力感満載になってしまうのは僕だけでしょうか?
f:id:earth720105:20201114075811j:image

大多羅法師(だいだらぼっち)
大多羅法師は関東を中心として、東日本一円に伝えられる伝説上の大巨人のことです。湧き水出現にまつわる水神信仰と深い関連があります。藤ツルでこしらえた寵で土を運んでいる時、ツルが切れて落ちて出来たのが富士山で、足を滑らせた時はね上げた土が伊豆七島になったとか、スケールの大きな話が多くあります。
多摩湖周辺にも大多羅法師の話は多く、武蔵村山市の丸山にある井戸は足跡といわれ、向山は、富士山と同様藤ツルの麓からこぼれ落ちて出来た山といわれています。また、湖底の村内堀にも伝わっており「デンドロの井戸」と呼ばれ、水が涸れることがなかったといわれています。なお、藤ツルが切れた時そのツルを北に投げたので、南側には藤が生えないそうです。本公園の湖底の村の広場(北側)には藤が生育しています。大多羅法師はここで、都民の水がめである多摩湖の水を渇らさないように見守っているのです。

f:id:earth720105:20201114075923j:image

すいません…たったこれだけです<(_ _)>仕方がナイので横からも撮影
f:id:earth720105:20201114194105j:image

途方にくれて多摩湖方面を眺めます
f:id:earth720105:20201114194156j:image

村山貯水池は、多摩湖の通称で呼ばれる、東大和市の狭山丘陵の渓谷に造られた1927年(昭和2年)完成の東京都水道局水源管理事務所村山・山口貯水池管理事務所が管理する人造湖である。西の村山上貯水池と東の村山下貯水池に分かれている。また、東京都内の他県にまたがらない湖の中では最大である。

村山貯水池 - Wikipedia

そう言えば、みんなで海に行った当日、H本さんは図々しくも運転手に「これかけて」と自ら編集した70年代フォークソング集のカセットテープ(死語)を渡して車中で流し始めます…TPOをわきまえない選曲で皆のテンションを落としまくり、後日付いたあだ名が「空気の読めない上司」(ToT)

f:id:earth720105:20201114200126j:image

橋の上から撮影した村山上貯水池(写真上)と村山下貯水池(写真下)帰り道に撮影しました
f:id:earth720105:20201115052231j:image

多摩湖サイクリングロード

ダイダラボッチ像の後はダイダラの井戸を見学するのが定番コース(?)ですが、徒歩ではとにかく遠い道のりです。。今回僕は多摩湖サイクリングコース左半分を4時間近くかけて1周しました、自転車・歩行者専用コースなので歩行者も気軽に歩けますが延々と続く道です。
f:id:earth720105:20201115053348j:image

大多羅法師の井戸は行ったところでこんなもんです(写真下)ぶっちゃけ僕みたいに暇人以外にはオススメしないコース、暇な僕は「行くよ!(ダイダラ)」
f:id:earth720105:20201115053419j:image

そう言えば、H本さん一行は海水浴場に到着したのですが、自分だけ時代遅れの昭和全開の海パン姿が恥ずかしかったらしく、ずっ~とジーンズ姿でビーチに佇んでいたH本さん、冬はここから近くの狭山スキー場でジーンズ姿で滑って転んで、心もジーンズもダメージ加工を施して欲しいものです。
f:id:earth720105:20201115060613j:image

こんな景色が延々と続きます(>_<)
f:id:earth720105:20201115060628j:image

右手に観音さまが見えました、後で調べたのですが山口観音金乗院という寺院で奥には五重塔があります。
f:id:earth720105:20201115064151j:image

そう言えば、唐招提寺のブログで登場した中学校の同級生「ガンジー」の名前もH本君で丸眼鏡でした。


「○○を頼まれたんだけどまぁ断る理由もないんで」とかイラッとする物言いが2人共(H本さんとH本君)ソックリなのです(`ε´)
f:id:earth720105:20201115064240j:image

五重塔の左側にある洞窟に入ります
f:id:earth720105:20201115064454j:image
f:id:earth720105:20201115064501j:image

右側に出てきました(´・ω・`)
f:id:earth720105:20201115064558j:image

大多羅法師の井戸

ここの分岐点でサイクリングロードにサヨナラして直進「かたくりの湯」のショボい(失礼)案内板が目印。
f:id:earth720105:20201115084845j:image

マップだとこの位置
f:id:earth720105:20201115084924j:image

かたくりの湯の隣に武蔵村山市歴史民俗資料館があります(無料)休憩がてら覗いてみるのもイイかも知れません(撮影不可)
f:id:earth720105:20201115085614j:image

そう言えば、H本さんは3ヶ月程前に幹事の携帯に「今年の夏も海行くの?」って連絡してきましたが「コロナ渦だから見合わせる…」とウソついていつものみんなで海に行ったそうです(ノД`)
f:id:earth720105:20201115095748j:image

横田児童遊園の名の広場の向かいのトンネルが井戸への入口、まずは横田トンネルに入ります。
f:id:earth720105:20201115085757j:image

続いて出てくる赤堀トンネルも入ります
f:id:earth720105:20201115085833j:image

次の御岳トンネルは脇道からトンネル上の坂道を登り井戸まではもうすぐ。
f:id:earth720105:20201115090247j:image

丸昇さんの会社を右手に見ながら
f:id:earth720105:20201115092801j:image

右側の山道(?)に入りすぐの場所にダイダラの井戸があります。
f:id:earth720105:20201115093117j:image

向かいはテニスコート
f:id:earth720105:20201115093555j:image

またもや脱力感満載のスポット(x_x)
f:id:earth720105:20201115100056j:image

途中休憩したり少し道に迷ったりもしましたが2時間半ほど歩き続けて来た疲れがドッと出てくる場所。。
f:id:earth720105:20201115100117j:image

「大多羅法師という大男が、藤づるで丸山を背負い歩いた足跡が井戸になった」という伝説が残されています。「でびいしゃら井戸」とも呼ばれ、かつては日照りが続いても潤れたことがなかった湧き水で、飲料水として使われていたこともあったそうです。武蔵村山市では、この大男の伝説にちなんだ「村山デエダラまつり」を平成18年より実施しています。

 

そしてH本さんの職場の社員(写真下)が一言
「来年はオレも一緒に海に行くよ!」
(ノД`)ダイダラ
f:id:earth720105:20201115093724j:image

・ダイダラボッチ像
東京都東大和市多摩湖3丁目

・大多羅法師の井戸(だいだらぼっちのいど)
東京都武蔵村山市中央5-25

昭和の給食のび子を振り返って ~学校給食歴史館~

小学校の時は給食でした、僕自身は割と美味しく食べていた生徒だったのですが中には苦手な献立もあったり、アルミの食器(アルマイト)とスプーンの当たった「カチャカチャ」という音が嫌いだったり若干のストレスを感じる給食の思い出があります。

中学校に進学すると昼食は弁当になってホッとしたのも束の間、母親の手抜き弁当が連発、しまいにはこつぶっこを弁当のおかずに入れてきた始末、お米に米菓なんてありえませんよ!
その後僕が高校を中退したのを皮切りに人生においてバックレ癖がついてしまい、職場を転々とする様になったのもあの弁当が原点だった…と今更ながら思ってしまいます。

話は小学校時代の給食に戻ります「給食のび子」とあだ名されていた女子生徒がおりました、彼女は給食を食べ終える事がなかなか出来ず、昼休み後の授業になっても一人泣きながら給食を口に運んでいた光景を思い出してしまいます。ホント昭和時代の教師や親ってエゲつない事を平気でしますよね…そんなネガティブな気持ちで訪れた先は埼玉県北本市にある学校給食歴史館、アクセスも含め無料づくしの隠れ穴場スポットです。
f:id:earth720105:20201112154131j:image

アクセス

JR高崎線北本駅東口から約3km
f:id:earth720105:20201112180748j:image

給食会H.P.で案内しているアクセスは川越観光バス市内循環北本高校先回り「ワコーレ北本」下車のコース(約15分)ですが
f:id:earth720105:20201112174229j:image

駅前のバス停で時刻表を懸命に写すお婆さん、僕もよく行く日雇い現場のバス時刻表をメモアプリに入れて利用しておりましたが、ある日バックレに近い形で行かなくなり即スマホ内の時刻表を削除(ノД`)そんな事を思い出すと胸が締め付けられます。。
f:id:earth720105:20201112175405j:image

現地に行く際に是非とも利用して欲しいのが、ワコーレ北本行きのシャトルバス(無料)
停留所は駅前ロータリー、朝夕は1時間に6本以上で日中でも4本の運行でとても便利。f:id:earth720105:20201112174258j:image

ワコーレ北本住民でないと乗れないのでは…という懸念もあるかもですが、ワコーレ北本停留所に「給食会とバンザイ工業は契約により利用が許可されております」との表記があります。
f:id:earth720105:20201112174357j:image

萬歳工業株式會社
http://www.banzai-ind.co.jp/index.html
いちいち言わなくても大丈夫ですが、もし心配な方は「給食会に用事があります」と運転手に一言添えて乗車する事をお勧めします。
f:id:earth720105:20201112174602j:image

10分程でワコーレ北本に到着、堂々とした物件、敷地内にスポーツクラブやモールもあります。
f:id:earth720105:20201112175935j:image

こちらが停留所、屋根付きで雨の日も安心、帰りはこちらから乗車し北本駅に戻りました。
f:id:earth720105:20201112180134j:image

そんなハイソなマンションの向かいにあるのが学校給食会(写真は川越観光バスとワコーレ北本停留所)
f:id:earth720105:20201112180959j:image

歴史館は奥にあり、入るのに躊躇してしまいますが怯まずに進みましょう。
f:id:earth720105:20201112194421j:image
f:id:earth720105:20201112182112j:image

振り返って給食会本館とワコーレ北本を撮影
f:id:earth720105:20201112182124j:image

そして学校給食歴史館に到着です(^_^)/
f:id:earth720105:20201112182238j:image

学校給食歴史館(給食の歴史)

開館時間 9時~16時
入館料  無料 
休館日  土・日・祝日

「ごめんください」と言いながら受付で待つ僕、間もなく職員さんが館内の照明を付けてくれます、見学者1名のみの厳しいシチュエーションでした。
f:id:earth720105:20201112190854j:image

たぶん久々の見学者だったのでしょうか?説明付きの見学も可能ですと張り切る気の優しそうな職員さん、でも僕の場合マンツーマンのプレッシャーに気疲れしてしまいそうなので「ひとりで勝手に見学します」と告げました、よく考えると失礼かな?とも思いましたが気にしない…そして思ったのはこのシチュエーションは「極めてバックレづらい…(´・ω・`)」
f:id:earth720105:20201112190907j:image

入口正面の学校給食発祥の地の記念碑のレプリカ、本物は山形県鶴岡市大督寺にあります。
f:id:earth720105:20201112191807j:image
f:id:earth720105:20201112191820j:image

給食の歴史について分かりやすい解説とかわいいイラスト
f:id:earth720105:20201112192153j:image
f:id:earth720105:20201112192204j:image
f:id:earth720105:20201112192215j:image
f:id:earth720105:20201112192228j:image
f:id:earth720105:20201112192239j:image
f:id:earth720105:20201112192251j:image

こちらが明治22年に山形県鶴岡町私立忠愛小学校で貧困児童を対象に無料で実施された給食発祥のサンプル食品ですが、わりと美味しそう…お菓子がおかずに入っている僕の中学校時代の弁当よりなんぼかましです(T_T)
f:id:earth720105:20201112200455j:image

大正時代の五色ごはん給食
f:id:earth720105:20201112200509j:image

そして日本は戦争に突入します、すいとんは以前母親がお金が無い日に家で夕飯として出てきた記憶があります、戦後の食糧難の頃を忠実に再現した一品で味のしない汁を吸った小麦粉の生地、一口だけ食べてご馳走さまをしてファミレスに向かった高校時代(すでに学校中退済み)の冬(平成2年頃)
f:id:earth720105:20201112200546j:image

ララ物資
米国在住の日系人「浅野七之助」は戦後の日本の窮状を知り、当初は同士10人足らずで救済の活動を行なう。米政府に働きかけ公認を受け寄付を募り、日本を救済する為のボランティア団体「ララ 」を発起し敗戦後の多くの日本人を救った。

第2次世界大戦終戦直後の混乱期、 日本は衣食住すべてに不自由していた。こうした中、全米の各宗教団体を中心とする海外事業運営篤志団アメリカ協議会は、特に日本をはじめアジア諸国の救済事業を行うために『アジア救援公認団体』を設置し、 ミルク類、穀物、缶詰類、油類等の食料をはじめ、 衣類、医薬品、靴、 石鹸、裁縫材料などの消費物質のほか、 乳牛や山羊などを送り、 多くの日本人を救った。この物資の送り出しにあたっては、当時の在米邦人組織の方々の多大なご尽力もあったと伝えられる。この救済物資は、『アジア救援公認団体』の英語名” Licensed Agencies for Relief in Asia"
と呼ばれ、昭和21年11月30日に「ララ」物資を積んだ第1船ハワード・スタンズペリー号が、 横浜新港埠頭に着岸し、以後昭和27年6月までの6年間送られ続けた。

ようやく爺さん婆さん世代(失礼な表現です)がお馴染みの給食が登場、脱脂粉乳とコッペパンそしてクジラの竜田揚げ、今ではスキムミルクとして当時のものよりも水に溶けやすく、風味も使い勝手もよくなっているとの事なので試しに飲んでみたいものです、そしてクジラの竜田揚げはすっかりレア食材となってしまい、当時を偲ぶ味はコッペパンのみとなってしまいました。
f:id:earth720105:20201112215807j:image

揚げパンやレーズンパンは当時子供達に人気があった記憶がありますが僕は苦手でした…。粉がまぶしてベチャベチャした食感、そしてレーズンとグリーンピースは僕の大嫌い2トップ…こればかりは牛乳と一緒に飲み込んでおりました。
f:id:earth720105:20201113072127j:image
f:id:earth720105:20201113072141j:image

中には嫌いな食材をロッカーの角に捨てている奴もおりました、そんな彼の現在のSNS投稿を見てると食べ物を粗末にするオヤジになってしまったのだとつくづく実感(ノД`)
f:id:earth720105:20201113072446j:image

昭和50年代の給食を見ると、どうしても給食のび子を思い出してしまいます、牛乳で飲み込んだりどさくさ紛れに捨てたりある意味要領のイイ行動が取れずに当時の教師にありがちな無意味な強要や押し付けの犠牲になった彼女、食べられる分だけ楽しく食べるという発想は当時の指導者にはなかったのでしょうか?
f:id:earth720105:20201113075120j:image

幸い僕は給食では嫌な思いはなかったのですが、勉強では母親からかなりの強要があった反動でやる気ゼロのオヤジになってしまいました。

高度成長期後の歪みが目立ったあの時代、残念ながらのび子が誰だかは思い出せません。facebookで繋がりのある幼馴染みに聞けばすぐ分かる事なのですが、そのままにしておいて僕の心の中に留めておきたく思います。
f:id:earth720105:20201113075129j:image

人気のあったソフト麺、袋が開けづらくやっとこさ開けてアルマイトの器に入ったカレー汁の中に落とし、先割れスプーンでカシガシほぐして食べておりました(遠い目)。
f:id:earth720105:20201113081931j:image

あの頃の教室を思い出してしまうライブラリーコーナー
f:id:earth720105:20201113081953j:image

今度は給食配送の仕事でもやろうかな?3日でバックレる予感がしますが…(ノД`)
f:id:earth720105:20201113082006j:image

学校給食歴史館
住所:埼玉県北本市朝日2-288
H.P.:http://www.saigaku.or.jp/profile/library/
休館日:土・日・祝日
開館時間:9時~16時
入館料:無料

学校給食歴史館(その他のみどころ)

学校給食用食器の変遷
歴史と現状
①約120年前、山形県の私立忠愛小学校で 「瀬戸物」 (陶磁器)を、 各自が持ち寄ったのが始まりと言われています。
②戦後、学校での全面的な給食制度が始まり、 アルマイト製食器が使用されました。熱いと手で持てない為「犬食い姿勢」としてマスコミに大きく取り上げられました。
③ポリプロピレン製食器やメラミン製食器が使用されるようになりましたが、溶出物の安全性(現在は理解が得られている) や、 食品による着色汚染に問題がありました。
④ステンレス製や陶磁器、 強化ガラス製が検討されましたが、 食器を取り扱う作業者や低学年の児童に対して重量が重いために問題がありました。
⑤その後使用しやすいプラスチックが研究され、 ポリカーボネート製食器が使用されるようになりましたが、環境ホルモン問題が取り上げられました。(現在、厚生労働省告示第201号の規格基準をクリアーしており、使用禁止措置は取られていない。)
⑥現在、長年の研究の末に開発されたポリエチレンナフタレート製食器が、安全性が高く安心して使える食器として使用されています。

f:id:earth720105:20201113091831j:image
f:id:earth720105:20201113091848j:image
f:id:earth720105:20201113091907j:image

サッカーW杯やラグビーW杯にちなんだ学校給食の展示もあります、個人的には偏食(が多いと言われている)の中田英寿がどうやって学生時代の給食を乗り切ったのだか興味津々、サッカーの実力と屁理屈でやり過ごしたのかな~と勝手に妄想。。
f:id:earth720105:20201113223956j:image
f:id:earth720105:20201113224013j:image
f:id:earth720105:20201113224026j:image
f:id:earth720105:20201113224253j:image
f:id:earth720105:20201113224303j:image

資料室では給食にまつわる色々な書籍を閲覧出来ますが、職員さんと2人だけの場所では集中して読書出来ないのでは…という懸念があります。。
f:id:earth720105:20201115221714j:image

給食調理コンクール
1 食育のための生きた教材として活用でさる献立の充実。
2 食事内容の充実向上と多様化、 高度化を図る。
調理コンクールは課題献立部門と自由献立部門があります。
(どんな審査)
1次審査は学校給食の内容・価格・栄養価・独創性及び普及性等。
2次審査は衛生・盛付・味など及び食に関する指導内容の審査。

入賞作品(給食?)のなかで僕が気に入ったのは以下の2品です(・∀・)
f:id:earth720105:20201122204035j:image

f:id:earth720105:20201122204052j:image




富士山と桜えびのかき揚げは由比で見て食べるべし

「桜えびってそんなに美味しいか?」
当ブログでもたびたび登場する、いつも否定から入る日雇いオヤジが、またまた休憩時間に要らぬ事をほざいておりました(>_<)
彼は食べ物の事に関してはより否定的で冷めた意見ばかりを言ってグルメぶっておりますが、週3日だけの仕事だったらかっぱえびせんしか選択肢がありません。

まぁ…僕も桜エビは殻が口の中で刺さったり、平べったくて身をたべている実感が無かったりで若干は同意する部分もあるのですが。。

 

あまり知られていない話ですが、国産の桜えびは全てが駿河湾産、漁期は年に2回あり、産卵を控えて岸寄りの浅場に浮上してくる春(4~6月)と産卵を終えて深場に戻る前の秋(10~12月)にそれぞれ行われています。しかし近年は深刻な不漁で今では貴重な食材なのです。

桜エビは深海生物で、通常は水深500mほどの深海に棲息しています。日本近海にも広く分布していますが、漁が行われているのは静岡県にある駿河湾のみ。「大河の流れ込む浜から急激に深くなる」という特徴的な地形が、桜エビ漁を可能にしているのです。

2018年から水揚げ量が極端に落ちて秋漁を休止。2019年は資源保護のため、エビの割合が一定水準に達していない海区は禁漁とするなど操業を制限する等、厳しい状況が続いております。

日雇いの仕事も年々少なくなっております、最近は作業人数を把握している社員に「来週は日雇いなんにん~」って聞かなければ不安な週末かっぱえびせんも買えなくなってしまいます(x_x)

桜えびの街でかつては東海道の宿場町だった由比(ゆい)、富士山を見ながら薩埵(さった)峠を歩いて桜えびのかき揚げを食べようと思った秋晴れの休日、下記のサイトで現在の峠からの景色を確認できます。

さった峠 富士山ライブカメラ - 静岡市
f:id:earth720105:20201103072824j:image

職場でも翌日・翌週の日雇いの人数が分かるH.P.を作ったらイイのに…サイト名は 来週の日雇いなんに~ん なんて下らない事を妄想していたら電車は興津(おきつ)駅に到着。f:id:earth720105:20201101164705j:image

〈目次〉

ハイキングコースまでのアクセス

静岡県にある薩埵峠はJR東海道線「由比~興津」駅間の山道なのですが、どちらから行くかそしてどの道順で峠に入るかいくつかのルートあります、僕は興津から由比そして国道沿いから峠ハイキングコースに入るルートを推奨します。
f:id:earth720105:20201102071824j:image

理由としては興津駅前は郊外の街の風景、ここをゴールにするよりは、宿場町っぽい雰囲気のある由比駅をゴールにして駅前の店で桜えびのかき揚げを食べながら散歩の余韻に浸れ、そして何より富士山と向かい合いながら歩けます。(写真は昨年の冬に撮影)
f:id:earth720105:20201101174435j:image

逆に由比から興津のルートだと富士山を背にして歩く事になります
f:id:earth720105:20201101174503j:image

そして峠までは興津駅から国道1号沿いで向かうルートが分かり易いです、但し大きな道路で交通量が多めなので注意が必要。
f:id:earth720105:20201101175053j:image

まぁ…ここら辺は飛ばしてる車も多いので細い道でも要注意なのです、気をつけながら道を渡ってたい焼き屋さんに入る僕、たい焼きは120円。
f:id:earth720105:20201101175614j:image

羽根つきでたっぷりの小倉あん(粒あん)のたい焼き(^_^)
f:id:earth720105:20201101175701j:image

たい焼きを食べながら由比方面に向かって歩く僕
f:id:earth720105:20201101185639j:image

味のある団地のオブジェ、僕の住んでる団地にもこんなのがあったらイイのに。。
f:id:earth720105:20201101185706j:image

こちらのY字路は左方面へ、右手に見える大きなビルは駿河健康ランド。f:id:earth720105:20201101185844j:image

興津川を渡りますがこの橋は歩道が狭くて要注意
f:id:earth720105:20201101185903j:image
f:id:earth720105:20201101190047j:image

橋を渡ってしばらくすると左手に踏切が見えるので向こう側へ
f:id:earth720105:20201102073235j:image

峠の看板、線路沿いの道の左折は行き止まりなので少し直進してからの左折。
f:id:earth720105:20201102073313j:image

やっとこさ峠っぽい風景になってきました
f:id:earth720105:20201103071849j:image

脇道に白髭神社へ行く急な階段を見つけたので登りましたが、後ろから4名の外国人観光客が僕について来ましたが…
f:id:earth720105:20201103071926j:image

到着したとたん「つまらないトコに連れて来やがって…」とトホホな表情で僕を見る外国人観光客…知らんがな(´・ω・`)
f:id:earth720105:20201103071944j:image

気を取り直してハイキングコースに向かう道に戻ります、途中左手にカーブする道ですが怯まずに道なりに進みましょう。
f:id:earth720105:20201103071955j:image

前にはハイキングコースの入口、後ろを振り返るとつまらないトコについて来る外国人がおります、向こうは向こうでつまらない日本人が前を歩いている…とか思っているのでしょうね(>_<)
f:id:earth720105:20201103072128j:image

薩埵峠ハイキングコース

薩埵峠は万葉の時代から磐城山と呼ばれていましたが、 文治元年 (1185)近くの海から地蔵菩薩の石像が引き揚げられ、人々はこれを山に祭りました。山の名も菩薩と同じ意味の「薩垂」と呼び変えられたと伝えられています。薩埵越えは東の箱根峠越え西の鈴鹿越えと並ぶ道中の難所でした。
薩埵峠を越える道は江戸時代には三つありましたが、明暦元年(1655) 朝鮮通信使のために山腹を切り開いて街道としたのが 中道(現在地)です。

入口がいきなり墓地というのもいかがなものかと思いますが
f:id:earth720105:20201103075656j:image

杖を借りる事ができます、ゴール地点でちゃんと返却しましょう。
f:id:earth720105:20201103103740j:image

何だか鎌倉の切り通しを思い出してしまう山道
f:id:earth720105:20201103170223j:image

駿河湾が見えてくるとやっぱり盛り上がりますね(^^)/
f:id:earth720105:20201103103932j:image
f:id:earth720105:20201103103839j:image

富士山も見えてきますが、今日は残念ながら頂上部分は雲に隠れております。
f:id:earth720105:20201103103901j:image

休憩所で寛いでいる人もいます、ここら辺は山道ですれ違う人達に「こんにちは~」の挨拶が定番です、僕も白髭神社ですれ違ったつまらない外国人達にも「こんにちは~」って言っとけば良かった(*・ω・)ノ
f:id:earth720105:20201103104127j:image

こちらが薩埵峠展望台、東海一の絶景と言われておりハイキング客も多め、そしてブログ冒頭で紹介した富士山ライブカメラが設置しております。
f:id:earth720105:20201103110732j:image

この地は、富士山が望める景勝地として昔から知られており、歌川広重は浮世絵「東海道五十三次」の中で「由井(薩埵嶺)」 として描いています。この場所は「東海道五十三次」の作品の中で当時と同じ景色が望める唯一残された場所とも言われています。しかし、見事な景色とは裏腹に、急斜面と海に挟まれた地形から道を造ることが困難で、交通の難所として知られていました。
現在は、日本の大動脈である、国道1号・東名高速道路・JR東海道本線といった重要な交通網が集中しており、大規模な地すべりが発生した場合、東西の重要交通網が寸断されることによって生じる経済被害・人的被害は計り知れないものがあります。このため平成17年度より国土交通省富士砂防事務所が、地すべり対策事業を行っています。

f:id:earth720105:20201103110831j:image

展望台に上がり富士山に向かって「来週の日雇いなんにん~」と叫んでみますが
f:id:earth720105:20201103110958j:image

富士山は何も答えてくれません(x_x)
f:id:earth720105:20201103111008j:image

ハイキングコースのゴール地点で杖は返却しましょう
f:id:earth720105:20201103111334j:image

由比方面はみかん畑と歴史のある通り

ハイキングコースが終わっても薩埵峠全体ではまだ中間地点、これから由比駅へ向かいます、由比方面はみかん畑とかつての宿場町を思わせる趣のある通りなのです。
f:id:earth720105:20201103123804j:image

ハイキングコース出入り口を後にします、休憩所には10台程の駐車スペースがありますが、だいたい混んでます。
f:id:earth720105:20201103120515j:image

車1台が通れる位の道幅ですが、観光客の車やみかん農家の軽トラが往来しているので注意しましょう。
f:id:earth720105:20201103120529j:image

そしてみかんモノレール(勝手に命名)を発見!
f:id:earth720105:20201103182744j:image

乗ってみたい…奥にあるオレンジの丸い容器はハロウィン用アイテムだったのでしょうか??
f:id:earth720105:20201103120548j:image

国道1号・東名高速・東海道本線が交わり合っております、ここで土砂崩れ等が発生したら日本のインフラは大打撃を受けてしまう場所、これが日本の頸動脈とも言われる所以です。
f:id:earth720105:20201103182622j:image

地すべり防止のシートを見つけて、職場でスベった事を言ってる否定オヤジを思い出します。
f:id:earth720105:20201108204219j:image

みかん畑通りの坂を下り終わると通りは一気に宿場町
f:id:earth720105:20201103124514j:image

桜えびのかき揚げと懐石料理で有名な「くらさわや」入店待ちの客もチラホラで、料金が高めな事もあり今回はスルーしました💧
f:id:earth720105:20201103124336j:image

小池邸とあかりの博物館
f:id:earth720105:20201103124347j:image
f:id:earth720105:20201103124357j:image
国登録有形文化財 名主の館「小池邸」:静岡市

由比宿 東海道 あかりの博物館

ここはただのボロ家💦
f:id:earth720105:20201108070239j:image

ハイキングの締めは宗像神社、白髭に始まり宗像で終わる峠のコースなのです。
f:id:earth720105:20201108070253j:image

白髭同様にオモロないですが(´д`)
f:id:earth720105:20201108070309j:image

由比駅前のかき揚げのお店と由比漁港

~ごはん屋さくら~
f:id:earth720105:20201108084053j:image

始めは駅前のごはん屋さくらを目指して歩きました、駅前なのですが改札口の反対側なので遠回りして行く事になります。
f:id:earth720105:20201103133100j:image

国道1号沿いなので車だとアクセスは楽です
f:id:earth720105:20201103133120j:image

激混みでした…「来店は客待ちなんにん~」状態
写真は前回に食べた桜工ビ定食1350円(2018年当時)かき揚げ・生・茹で・お吸物・佃煮の桜工ビづくしでどれも良かったのですが、やっぱりカラッとしたかき揚げがご飯にとても合う、ご飯も追加で大盛2杯(おかわり無料)頂き、気さくなお店のお姉さんから唐辛子ふりかけまで出して頂きとても満腹のランチでした。
f:id:earth720105:20201103133332j:image

~食事処 あおぞら~
f:id:earth720105:20201108083826j:image

さくら屋は断念して駅前にある食事処あおぞらへ、本日はここで食べました。桜えび定食は1400円ですがここの桜えびが絶品、さくら屋の衣付きのかき揚げよりこちらの桜えびのみで勝負(?)したかき揚げのほうが僕好み、そしてほのかな甘味があります。駿河湾の桜えびは甘味・旨味の元となる発光体が1尾あたり160個前後もあるのです。
f:id:earth720105:20201103134907j:image

小鉢の桜えび佃煮もまた違った甘さがあって良いアクセントとにかくご飯が進みます、いやぁ~桜えびって美味しいですね(^_^)/地域そして期間限定で鮮度が落ちやすい桜えびはやっぱり現地で新鮮なものを頂きたいものだとつくづく実感。
f:id:earth720105:20201103135027j:image

最後に由比漁港におじゃましました、現在は直売所・浜のかき揚げ屋共に臨時休業、不漁やコロナ渦で厳しい状況が続いている漁師の皆さん。1回の漁も闘いです、日雇いみたいにダラダラ8時間過ごして日当を貰うのとは訳が違うのです。
f:id:earth720105:20201103140151j:image

否定オヤジも一緒に船に乗って駿河湾に出て網を張るべきなのでしょう
f:id:earth720105:20201103140211j:image
「来週の捕れる桜えびなんびき~」とかスベった事を言いそうですが(´・ω・`)

勉強が嫌いになったきっかけは夏休みの自由研究

小学校5年生の時に夏休みの課題であった自由研究のために母親と一緒に登呂遺跡に行きました、現地(遺跡)の写真を撮って案内板を書き写しポスター大のパネルを作った思い出があります。
いかにも優等生的な課題提出ですが、実際は歴史好きである担任教師からの点数を稼ぐために母親が勝手に企画、そして半ば無理矢理連れて行かされた登呂遺跡でした。写真は夏の炎天下の中で母親から書き写しを強要されている昭和時代の僕(>_<)
f:id:earth720105:20201027121212j:image

母親から「先生からの内申書が良くなるように書きなさい!」と要らぬ小言を言われながらのウンザリ遺跡訪問、僕がインチキくさい人を小馬鹿にする癖は母の存在が原点だったのでは…と今更ながら思ってしまいます。

オヤジになり当時を振り返ってもう一度課題提出(ブログ記事)をしてみようと秋晴れの休日に再訪した登呂遺跡。
f:id:earth720105:20201027124907j:image

アクセス

静岡駅南口バスターミナル22番のりば~石田街道線~ (バス料金 190円)
①登呂遺跡行き 「登呂遺跡(終点)」 バス約10分
②東大谷行き・久能山下行き「登呂遺跡入口」 バス約10分+徒歩約5分
f:id:earth720105:20201027210221j:image

東大谷行き・久能山下行きの場合は「登呂遺跡入口」で下車後に少しだけ歩くアクセスになります。
f:id:earth720105:20201028065158j:image

バス停「登呂遺跡」「登呂遺跡入口」がややこしいので地図を参照して下さい
f:id:earth720105:20201028064702j:image

ご利用案内 - アクセス・交通 | 静岡市立登呂博物館

バス停「登呂遺跡入口」
f:id:earth720105:20201028071435j:image

こちらがバス停「登呂遺跡」です
f:id:earth720105:20201028071510j:image

目の前は登呂遺跡なのですが、ただの公園っぷりに唖然とします、こんな感じだったっけ。。
f:id:earth720105:20201028073528j:image

国特別史跡 登呂遺跡

登呂遺跡は、今から約1,900年前の弥生時代後期の集落遺跡です。太平洋戦争中の昭和18年(1943) に発見され、昭和22年から25年(1947~1950) に行われた学際的な発掘調査により、弥生時代の人びとの暮らしと米づくりの様子が日本で初めて明らかとなり、昭和27年(1952) に「特別史跡」に指定されました。
平成11年度から平成15年度に行われた再発掘調査では、遺跡は洪水により2度埋没し、その度に復興された変遷が確認されるなど、集落の様子が細部にわたり明らかになりました。特に、最初の洪水前の集落の姿が最も良好に保存されていたため、再整備ではそのすがたを復元しました。

平成の再整備により、以前と比べて変わった場所もあるみたいですが、僕には住宅街の公園に昔の住居を作っただけにしか思えません(x_x)
f:id:earth720105:20201028073636j:image

母親は夏休みの自由研究の頃から、中学受験に異様な執着心を燃やし始め、息子を有名大学の付属中学校へ入学させる暴走機関車となりました。それに対して僕は勉強へのやる気が失せ成績はどんどん落ちていき、結局最後には高校を中退するハメになってしまいました。
f:id:earth720105:20201028124603j:image

母親は進学塾の講師に吹き込まれたのか「受験が終わるまで夏休みはナイ!」「六大学にあらずんば大学にあらず!」「今夜の夕飯は刺身定食!」とか数々の名言(迷言💦)が生まれたのもこの頃、ちなみに料理の嫌いなウチの母はスーパーで買って来て、家でお皿に移すだけの刺身定食を週に3回食卓に出しておりました。
f:id:earth720105:20201028124953j:image

当時は竪穴式住居の前で「何事も書いて覚えなさい!」と叫んでいた母親ですが、現在ではOCR(文字認識)アプリですぐにポン!ちなみに現在母親はスマホに機種変して3年経ちますが、簡単な電話帳登録ですら書いても何やっても覚える事が出来ません(´・ω・`)
f:id:earth720105:20201028200840j:image

登呂遺跡1号住居

昭和22年に発見され、再整備計画により平成12年に再調査された住居跡。住居内部の平面積は、約45㎡。長軸7.5m、短軸約 6.5mの楕円形。周囲は盛土により周堤が築かれている。住居の内部には、羽目板をめぐらし、床の中央に炉を設けている。

f:id:earth720105:20201028200856j:image

登呂遺跡3号住居
登呂遺跡で初めての復元住居設計の基礎となったもので、床下部分には炭と白い粘土が交互に重ねられており、粘土と火を使って床を焼き締め、住居内に地下水が浸みないようにしたものだと考えられるハイテク仕様ですが、どの住居だったかすっかり忘れてしまいました。
f:id:earth720105:20201028202536j:image

登呂遺跡祭殿

登呂遺跡の再整備計画に伴う平成11年の再発掘調査により、新たに発見された大型の掘立柱建物。正面の幅は7m、奥行き4m棟木(むなぎ)を建物本体の外側で支える棟持柱(むなもちばしら)が特徴。登呂ムラ全体の儀式(豊作などの祈願やその占いなど)や重要な話合いなどに使われたものと考えられる。
この建物の前には広場が設けられ、周囲の溝によって住居群とは区別された特別な区域であったと考えられる。祭殿の南側の水路に際した窪み状遺構からは、占いに用いられた「ト骨」(ぼっこつ)が出土しており、そのことを裏付けている。

f:id:earth720105:20201029183602j:image

水田を眺めながら、勉強なんかしないで田植えの手伝いをしながら過ごしたい…と思っていた小学校時代を振り返ります。
f:id:earth720105:20201029060811j:image

ブログ冒頭の小学校時代に撮った竪穴式住居を見つけました、住居の周りに柵があったのであの時の場所だった筈、残念ながらレトロな案内板は撤去されておりました、あの頃を思い出し懐かしくそしてウンザリする場所(>_<)
f:id:earth720105:20201029061746j:image

そしてこちらもOCRアプリでコピーペースト、書き写す事なんぞしませんよ(`ε´)ノ
f:id:earth720105:20201029062402j:image

旧復元建物

弥生時代の建物の具体的な理解のために、戦後の発掘調査の成果をもとに関野克東大教授により復元住居の設計図が作成され、全国に先駆けて昭和26年に竪穴住居、翌昭和27年に高床倉庫が復元されました。登呂遺跡調査の貴重な成果を、永く人々の記憶にとどめるため、当初の復元のままにメモリアル広場に残しました。

登呂遺跡博物館

遺跡と隣接して博物館があります、現在の建物は2010年に全面リニューアルとの事、当時はもっとボロい(失礼💧)博物館だった筈、僕は全く記憶にないのですが…。
f:id:earth720105:20201029072025j:image

1階は弥生体験展示室(無料)・2階は常設展示室(300円)
体験展示室のイラストを見てると歴史の教科書を見ながら勉強しているフリをしていた小学校時代を思い出します、まがりながらも僕が歴史が好きになったきっかけ、算数や国語の教科書に比べると面白いですものね(^。^;)
f:id:earth720105:20201029072738j:image

こちらは当時の生活をイメージした住居と倉庫、座っているオジサンが何ともリアル。
f:id:earth720105:20201029181448j:image

2階に上がって常設展示室に入ると重要文化財の土器がずらり
f:id:earth720105:20201029181458j:image

そして貴重な展示物に皆さん見入っております、僕は小学生の頃この登呂遺跡で何を感じ、どんな自由研究の課題を仕上げたのか思いに耽りますが全く思い出せません。
f:id:earth720105:20201029181508j:image

それだけ母親から無理矢理やらされたモノで、全く気持ちが入って無かったのでしょう。。
f:id:earth720105:20201029181523j:image

唯一覚えているのは、先生から課題を返却して貰って家に持ち帰った翌日に母親は「ウチは狭いんだから要らないモノはとっとと捨てる!」と言い放ち、パネルをバキバキに折ってゴミ箱行きにした事だけです。。
f:id:earth720105:20201029182431j:image
写真は(確か💧)2号住居内…(ノД`)

静岡市立登呂博物館
住所:静岡市駿河区登呂5-10-5
電話:054-285-0476
H.P.:https://www.shizuoka-toromuseum.jp/
開館時間:9:00~16:30
登呂遺跡公園は24時間解放
※駐車場の利用時間は8:30~17:00
入館料:300円(登呂遺跡・博物館1階・屋上テラスは無料で観覧できます)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)・祝日・振替休日の翌日・年末年始(12/26~1/3)

イラつくフェイスブックと秋の乗り放題パスで行く明石の天文科学館は時間の異なる場所

知人達が綺麗事の自慢話ばかり投稿しており、見てるとイラつく事の多いfacebookですが、お出かけ先を決める時に参考にする場合もあります。

こちらは幼馴染みの投稿なのですが神戸のホテルに滞在中の投稿で「時間の流れ方が東京と異なる」とコメントしております、実は日本は標準子午線(東経135度)を基準として時刻が統一されておりますが、天文学的には時差が生じている事を示した投稿なのです(多分💧)

f:id:earth720105:20201025134534j:image

イギリスのグリニッジ天文台跡を通る子午線(赤道に直交する地球上の南北の線)を基準に、東西へそれぞれ180度までを表します。東回りを東経、西回りを西経と呼んでいます。

経度、緯度って何だろう?

東京都の東経139度と兵庫県の東経135度では実は19分の時差があるのです、なので東京で太陽が真南に来る時刻は午前11時41分、一見神戸に行った自慢話みたいですが、さり気なく豆知識を披露。そして神戸の中華街でマズそうに撮ったランチの写真とイラッとするコメントを披露する幼馴染み。

f:id:earth720105:20201026185812j:image

ですが厳密に言うと東経135度00分の場所は兵庫県明石市で、兵庫県神戸市は東経135度12分、両市には約1分の時差があるのです。計算がメンドイので興味のある方は下リンクで確認して下さい<(_ _)>

日本国内の時差について: 風水百貨店いろは。

〈目次〉

秋の青春18きっぷとも言われている「秋の乗り放題パス」JRの普通列車が乗り放題のお得なきっぷを利用してのボンビー旅行、1日目は京都で宿泊して2日目の朝に明石に向かいました。きっぷ料金は7850円
f:id:earth720105:20201026194713j:image

秋の乗り放題パス

2020年の発売・利用期間は以下の通り
発売期間:9月12日~10月23日
利用期間:10月3日~10月25日

詳しくはこちらをご覧下さい

「秋の乗り放題パス」2020年の期間と価格。23日間の長期設定に | タビリス
JR各駅のみどりの窓口から購入できますが、特急券用の券売機で購入した方がスムーズ、おトクなきっぷの場所(黄色矢印)をタッチ。
f:id:earth720105:20201026194831j:image

続いてこちらをタッチ
f:id:earth720105:20201026194845j:image

青春18きっぷとの最大の違いは18きっぷが期間内の好きな6日(6回)で利用出来るのに対して、秋の乗り放題パスは連続する3日間の利用になる事で、きっぷの購入時点から利用日の3日間を選択しなければなりません。
f:id:earth720105:20201026194919j:image

きっぷにも印字されます
f:id:earth720105:20201026194713j:image

青春18きっぷは自動改札は利用出来ず窓口で検札の青春18きっぷですが、秋の乗り放題パスは自動改札を利用してサクッと通過できるのが嬉しい点です。
f:id:earth720105:20201026195141j:image

子午線のまち明石

本当に時差が違う事を伝えたいのなら、神戸でなく東経135度00分ピッタリの場所に行くべきなのだ!と妙な使命感に駆られ明石駅に降り立った僕。。
f:id:earth720105:20201025094555j:image

ここから135度00分の場所にある明石市立天文科学館を目指しても良いのですが、同経度上に駅がありそれが山陽電車の人丸前駅、1駅だけの乗車ですがこちらのルートをオススメします。
f:id:earth720105:20201025100741j:image

何故ならホーム上に日本標準子午線の表示があるからなのです。
f:id:earth720105:20201025100750j:image

子午線上にまたがって異なる時間の流れを感じます。
f:id:earth720105:20201025102341j:image

そしてすかさずfacebookに投稿、翌日見てみたらいいね!は1件だけ…しかも人丸駅と間違えて投稿しましたが、そんな細かい事は気にしません(`ε´)ノ
f:id:earth720105:20201025102356j:image

時間的には日本の首都の駅と言っても差し支えない人丸前駅なのです。
f:id:earth720105:20201025102902j:image

明石市立天文科学館

駅から徒歩約5分電車の窓から見えていた建物が間近にあります
f:id:earth720105:20201025152758j:image

勢い余って開館10分前に到着してしまいました
f:id:earth720105:20201025152819j:image
入口には標準子午線のサインと水時計らしきモノが置いてあります、ここでも「時間の流れが違って感じる」とつぶやく僕。
f:id:earth720105:20201025180708j:image

漏刻(ろうこく)
天文科学館は東経135度日本標準時子午線に1960年6月10日「時の記念日」に開館しました。時の記念日は、天智天皇が671年6月10日に人々に時を知らせたことに由来します。これがわが国最初の時報です。このとき使われたのが漏刻です。
漏刻は水時計の一種で、中国で発明され、日本に伝わりました。漏刻は、いくつかの水そうが細い管がつながっていて、水が順番に伝わることにより、水の流れを一定にする工夫がこらされています。一番下の水そうの水面が上がるようすを目盛りで読みとって時刻を計ります。
ここに設置してある漏刻はこうした工夫を再現した全国的にも珍しいものです。日本で最初に時を知らせた時計が、日本標準時子午線の真上で時を刻みます。

開館時間までベンチに座ってfacebookを見ていたら、またしても彼のありえない投稿を見つけてしまいました…もう迷惑投稿で通報したいレベルです(>_<)

f:id:earth720105:20201025152924j:image

9時30分に開館、入場料は700円でプラネタリウムの料金込みです。
f:id:earth720105:20201025153001j:image

横には天文オタ向けのステッカーやピンバッチ等の販売コーナー
f:id:earth720105:20201025153451j:image
更に横には脱力感満点の顔はめタイプのパネル
f:id:earth720105:20201025153448j:image

皆さんのお目当ては9時50分から始まるプラネタリウム「こども天文教室」子供向けの投影内容ですが、正直(フェイスブックの)投稿で無ければ何でも構いません(`_´)f:id:earth720105:20201025153459j:image

2階のプラネタリウムドーム、音や光は周りに迷惑なので投影が始まったらスマホの電源はoffにしましょう。
f:id:earth720105:20201025155045j:image
内容は秋の星座は地味めだが魅力のある星座が多い事と、アンドロメダ星雲は銀河系より大きい事です。スイマセン…旅行疲れの為か半分位の時間は居眠りしておりました。
f:id:earth720105:20201025155102j:image

3階は時や宇宙に関する歴史や構造が展示しております
振り子時計と重り時計
f:id:earth720105:20201025160057j:image

ゼンマイ時計と水時計
f:id:earth720105:20201025160109j:image

今時の電波時計はありませんでしたが、毎回電波を発信している人を紹介します。
f:id:earth720105:20201025160237j:image

特別展示室で宇宙のイラストを仲良く眺めるカップル2名
f:id:earth720105:20201025161537j:image

そして感想文資料室でアポロ11号の模型を仲良く眺めるオヤジ2名
f:id:earth720105:20201025161550j:image

ところで標準子午線は経線(地球儀の縦線)なので、他にも標準子午線の街はあるのです。

f:id:earth720105:20201025173405j:image

1884年国際子午線会議で英国グリニッジ天文台を通る子午線を世界の時刻の基準となる本初子午線とし、そこから15度離れるごとに1時間ずつ時差のある時刻を各国が採用することを決めた。日本標準時の制定は86年、明石市最初の標識はその14年後、標準時子午線の重要性をいち早く認識した明石郡校長会が立てたものだ。この標識は場所は移ったが、今も明石市天文町の交番前にある。

「子午線のまち」といえばなぜ明石市なのか|旅行・レジャー|NIKKEI STYLE

いち早く子午線に飛びついた明石市がメジャーになったのです、後で知ったのですが、最初の標識や館内に展示してある観測に使った子午儀など見落としたアイテムもたくさんありました。
こんなモノ(失礼💧)ばかりに目がいってしまい情けない限りです。
f:id:earth720105:20201026053554j:image

14階の展望室はエレベーターで登りました、南側は瀬戸内海と明石大橋が一望出来る眺望スポット。
f:id:earth720105:20201026060635j:image

北側は七五三で賑わう参拝客たち
f:id:earth720105:20201026060750j:image

ココでも子午線の前に立ち東側に向かって一言「埼玉とは違った時間の流れを感じる」後で写真を見たら西側に向かって立っておりました(x_x)
f:id:earth720105:20201026060803j:image

1階下の13階では双眼鏡で景色を見る事が出来ますがスペースは狭め
f:id:earth720105:20201026061109j:image

階段で降りて東経135度00分を後にしました
f:id:earth720105:20201026061213j:image

帰りは明石駅前の兵庫県立明石公園へ、2つの櫓が象徴的な市民が集う公園です。
f:id:earth720105:20201026062509j:image

週末で色々なイベントが開催しており、屋台も出店しておりました。残念ながら明石焼きの屋台はなく、時間の都合上お店にも行く事ができません「残念だな…」と思いながら公園に佇みます。
f:id:earth720105:20201026062520j:image

ベンチに座りスマホでfacebookを覗くと、ありえないたこ焼きの写真が出てきました。。

f:id:earth720105:20201026062539j:image

あんた(の投稿)見てるとイライラするよ!
(`Д´)ノ

 

明石市立天文科学館
住所:兵庫県明石市人丸町2-6
電話:078-919-5000
H.P.:http://www.am12.jp/
入館料:大人 700円
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館できるのは午後4時30分まで)
休館日:月曜日・第2火曜日・年末年始
※月曜日または第2火曜日が国民の祝休日と重なるときは開館し、その翌日が休館となります。
駐車場:普通乗用車2時間まで200円(以降1時間ごとに100円)

バンダナとカメラでレッツらゴートゥー地域共通クーポン券の清水寺

時代劇や時代小説が好きな職場のMさん(日雇い)、歴史のあるモノには一言物申すオヤジで、神社・仏閣に関しても拘りが激しく好みがうるさいのです。
「やっぱり京都は北山鹿苑寺が~」とか金閣寺を正式名称で言っちゃう様な面倒くさいタイプ(´・ω・`)

【金閣寺】北山鹿苑寺(きたやまろくおんじ)
【銀閣寺】東山慈照寺(ひがしやまじしょうじ)

そんなMさんに京都で一番好きな神社・仏閣を聞いてみたところ「清水寺」と超メジャーな寺の名前があがって来ました、理由を聞いたところ「だって近くに店がたくさんあるから…」と全く修学旅行で来る中学生みたいな事を言っておりますが、実は着物姿の女性が多くいる清水寺が好きなのではないか?と勘ぐって修学旅行以来35年ぶりに訪問した僕。f:id:earth720105:20201025013303j:image

〈目次〉

アクセス

基本的にはどこも超混雑ルート、八坂神社の前そして清水寺に向かう入口の通りが慢性的に渋滞しております。
f:id:earth720105:20201025015358j:image

僕は電車の利用で「清水五条」駅から歩いて行きました、但し京都駅からだと1回乗り換えが必要。
京都からJR奈良線「東福寺(1駅)」で京阪本線に乗り換え「清水五条(2駅)」で下車
f:id:earth720105:20201025053439j:image

ココからだと清水寺の入口的な五条坂のある東山五条交差点まで歩いて8分程、途中にはコンビニもチラホラあってメインの渋滞ルートと比べれば若干のゆとりがあります。
f:id:earth720105:20201025054048j:image

東山五条交差点に到着、ここからが混雑するルート。こんなご時世もあって今はやや観光客も少なめですが、それでも写真に必ず人が写ってしまう位の混雑ぶりです。
f:id:earth720105:20201025054409j:image

五条坂を登って清水寺へ向かいますが、早くもイライラしてきました(-_-#)
f:id:earth720105:20201025054428j:image

地域共通クーポン券について

ところで今は色々な店の店頭でこんな告知を目にします。
f:id:earth720105:20201025055821j:image

そうですこの告知のある店では地域共通クーポン券が利用出来るのです、僕も宿泊したホテルで1000円分を頂きました、どこで使おうかな~観光の楽しみがひとつ増えた気がしてゴキゲン(~o~)
f:id:earth720105:20201025055838j:image

クーポン券を貰うためには

・店舗型の旅行代理店で旅行(宿泊)を予約された方は、旅行代理店で「紙で」受け取れます。
・宿泊施設に直接お電話またはホテル公式サイトでご予約された方は、ホテルでのチェックインの際「紙で」受け取れます。
・WEBで予約された方は「宿泊施設で紙で」受け取るか、または「GOTOトラベル事務局から電子で」受け取ることになります。

【地域共通クーポン】を徹底解説|GOTOトラベル地域共通クーポンお得な予約の取り方を解説 – アンビックス【公式】北海道のリゾート

・クーポン利用期間は?
チェックイン日~チェックアウト日です

・いくら貰えるの?
地域共通クーポンは旅行代金の15%(宿泊代金1泊40,000円が上限)そして100の位を四捨五入します。
僕の場合は京都のホテルに2泊3日で3800円(Go toキャンペーン適用)だったので
3800×0.15=570(100の位を四捨五入)
1000円でギリギリで貰えた金額

僕の見る限りだと紙クーポンのみ対応の店舗が多めでした、使用前にこちらのチェック項目を確認しましょう。
f:id:earth720105:20201025095823j:image

清水寺

清水寺入口仁王門に到着、相変わらずの混雑ぶり、多分ここからがMさんは本領を発揮するはず、頭にバンダナを巻きサングラスをかけエセカメラマンに扮して着物姿の女性を求め清水寺に突撃するのでしょう。
f:id:earth720105:20201025071728j:image

自撮りしている女性達に「俺が撮ってあげようか!」と声をかける姿が想像できます(>_<)
f:id:earth720105:20201025071746j:image

しかしここ清水寺は人が入らない様に撮影するのは不可能ですね、そして皆ここぞとばかりに記念撮影に勤しんでおり、悪目立ちする事なく撮影出来るとか思っているのでしょうね…エセバンダナカメラマンは(T_T)
f:id:earth720105:20201025072149j:image

拝観料は400円 お金を支払う際に横柄な受付のオヤジから「子供なの?」と聞かれました…マスクをしていると年齢も分かりづらいのでしょうか?Mさんは童顔オヤジなのでしれっと「子供1枚…」とか言って200円(小中学生)だけを支払って入場している気がしてなりません。。

写真は子供を二人羽織で隠して大人2枚(計800円)で乗り切ろうとする主人と「バレないかしら…」と心配する奥さん(ノД`)
f:id:earth720105:20201025072204j:image

そして清水の舞台の写真を撮るフリをしながら
f:id:earth720105:20201025072832j:image
f:id:earth720105:20201025072841j:image

本堂から出てくる女性の着物姿を狙っているのでしょうね、全くいやらしい男ですMさんは(`ヘ´) プンプン
f:id:earth720105:20201025072903j:image

只今清水の舞台は改修工事中
「いつも改修しているね」と女性が呟いておりました、ちなみにMさんの本当の職業は日雇いなので甲斐性なしです💧
f:id:earth720105:20201025073858j:image

修学旅行の時に皆ではしゃいだ音羽の滝ですが、今となっては女性を待ち構えるストーキングスポットとなっており時の流れは残酷でございます。
f:id:earth720105:20201025075338j:image

二寧坂と産寧坂、日雇い仕事だと二年後や三年後が不安になってくるので今からカメラの腕を磨いておきたいものです。
f:id:earth720105:20201025075343j:image
f:id:earth720105:20201025075505j:image

八坂神社

混雑している道に戻って八坂神社を目指します、混雑しているので清水寺からは30分ほど見ておいた方がいいでしょう。
f:id:earth720105:20201025082554j:image

そして神社のため参拝は無料、二人羽織で子供を隠して拝観料をごまかしたケチケチ夫婦もきっちり参拝しているに違いありません。そしてこちらも清水寺同様に女性観光客がいっぱい。
f:id:earth720105:20201025082648j:image

またもやバンダナを巻いてエロバンダナカメラマンになりきる事でしょう
f:id:earth720105:20201025083433j:image

ノリノリになったMさん、御祈祷受付場所で「俺のきとうも受付中!」とか周りがドン引きする事を言っているのかも…と想像するとゾッとします。。
f:id:earth720105:20201025083524j:image

そして鼻の下をのばしながら「いやぁ~好きになっちゃってさ」と決めゼリフ
f:id:earth720105:20201026070029j:image

全くMさんの京都市内の観光は法律で禁止にして欲しいものです「あっ…僕もですか??」
f:id:earth720105:20201025083557j:image

疲れたのでホテルに戻る事にしました、結局僕は地域共通クーポン券をどこで使ったのかと言うと。。
f:id:earth720105:20201025084121j:image

ホテルの近くのコンビニで酎ハイと引き換えました(>_<)

あべのハルカス展望台に登り西成あいりん地区を歩く関東の日雇いオヤジ

2014年にそれまで日本一だった「横浜ランドマークタワー(294m)」を抜いて大阪市阿倍野区にある「あべのハルカス(300m)」が日本一の高層ビルとなりました。

日本で一番高いビル その移り変わり

ランドマークが70階建て294mに対してハルカスは60階建ての300m、ランドマークから日本一を奪取する為に無理やり6m嵩上げしたと思ってしまうのは僕だけでしょうか?
外観も積み木を積み上げて上が小さくなる様な建築デザインで何となくズルい感じ…
f:id:earth720105:20201023182902j:image

やっぱりランドマークの一体感あるデザインが僕の好みなのであります。
f:id:earth720105:20201023183007j:image

職場のいつも否定から入る日雇いオヤジなんかは「日本一高いビルって言っても60階なんだから池袋のサンシャイン60と同じじゃナイかよ!」とか屁理屈こねて来そうな気もするあべのハルカス(x_x)
f:id:earth720105:20201023183955j:image

写真引用先:サンシャインシティについて | 営業時間/館内情報 | サンシャインシティ

〈目次〉

JR大阪駅に到着、関東人には珍しい上から降りてくるホーム転落防止の柵、何だかプロレスリング場のロープみたいでアウトローな雰囲気、これを見ると関西圏にやって来たのだとつくづく実感します。
f:id:earth720105:20201024055750j:image
f:id:earth720105:20201024055801j:image
f:id:earth720105:20201024055817j:image

あべのハルカスの最寄り駅はJR大阪環状線「天王寺」駅なのですが1つ手前の「新今宮」駅から徒歩で向かいます、場所は大阪市西成区日雇い労働者が多くたむろしている地帯なのですが駅に降りたら割と普通っぽくて拍子抜け、もっとスラム感満載の駅を想像しておりました…少しだけ残念。
f:id:earth720105:20201024050002j:image

秋の乗り放題パスを池袋駅の自動改札口で通し、オール普通列車で最短の乗り継ぎで到着した新今宮駅の自動改札口、長い道のりでした。
f:id:earth720105:20201024050105j:image

駅前は放置自転車がたくさんで一昔前の郊外の駅を思い出してしまいます。大きな通り(あびこ筋)を通って行くのでそんなに身の危険はナイかと思われます。
f:id:earth720105:20201024054824j:image

多分…(´・ω・`)
f:id:earth720105:20201024050416j:image

外国人観光客向けでしょうか?ホテルも結構多く大阪観光の拠点としても利用できそうですが
f:id:earth720105:20201024050505j:image

すれ違うオヤジ達は、僕が日雇い現場で見かける皆さんを5倍位ヤバくした感じで歩いております。
f:id:earth720105:20201024050522j:image

そういえば横浜ランドマークの近くにも寿町というヤバめの地帯があります、巨大建造物の近くに貧民達が集まるのは何故なのでしょうか?
f:id:earth720105:20201024050539j:image

あべのハルカス

デパート内のエレベーターではなく、正面入口横にあるこちらの煌びやなエレベーターで16階の展望台入口に上がります。
f:id:earth720105:20201024053819j:image

16階には美術館も併設してあり、まるでホテルのロビーのような雰囲気、広々とした空間はやはり最近建設されたビル、職場でいつも否定から入るサンシャイン60の展望台しか知らない日雇いオヤジに見せてあげたい。f:id:earth720105:20201024054340j:image

60階まで行くエレベーターだからサンシャインと同じじゃナイかよ!とイラつく屁理屈をこねてきそうですが…(・ω・)
f:id:earth720105:20201024054526j:image

美術館は撮影不可です、奇才というキャッチコピーに惹かれましたが、時間の都合上今回はパス。
f:id:earth720105:20201024054541j:image

入場料(大人)
ハルカス300(展望台) 1500円
美術館         1500円
ハルカス300&美術館    3000円→2650円

個人的には少々高めの料金でした…気を取り直して展望エレベーター入口へ、一番の懸念材料は同乗の婆さんが気絶しないかどうかです。。
f:id:earth720105:20201024061311j:image

ゴ~~ッ~約50秒で60階展望台に到着、婆さんは元気に大阪弁で談笑しております。
f:id:earth720105:20201024061341j:image

ヘロヘロになったのは僕のほうでした(x_x)
f:id:earth720105:20201024061347j:image

景色を眺めましたが位置関係が全く分かりません
f:id:earth720105:20201024073830j:image

こちらはさっき歩いてきた道、手前はHOS(日雇いオヤジ達の巣窟)遠くにはUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)があります
f:id:earth720105:20201024073840j:image

「あれが御堂筋や!」と勝手に妄想(正解は谷町筋でした>_<)
f:id:earth720105:20201024073851j:image

足元までしっかり窓になっており、より迫力が感じられる展望台、一部のエリアは足元がスケルトン(゚o゚;コワー
f:id:earth720105:20201024075051j:image

エッジザハルカス
ビル最頂端部のデッキ上を、命綱を装着して歩くアトラクション残念ながら現在は休止中、料金は2000円待ち時間も多そうで時間とお金がかかりそう…。
f:id:earth720105:20201024075146j:image

下に降りると59階はお土産屋・お手洗い・帰り用エレベーターの入口があります。
f:id:earth720105:20201024080057j:image

もうひとつ下の58階は飲食が楽しめるスカイガーデンカフェ
f:id:earth720105:20201024094434j:image

お土産はやっぱりタコ関連グッズがおすすめ(^○^)
f:id:earth720105:20201024080221j:image

新今宮周辺

新今宮駅方面に戻ります、いよいよあいりん地区の探検。危ないという噂がありますが、僕も日雇いの雰囲気が体に染み付いたルックスなので💦そんなに激しく場違いな人間が来たとは思われない筈です…多分。。
とは言ってもあんまりガチな場所での食事は怖いので大通り(あびこ筋)沿いのラーメン屋でまずは食事、
f:id:earth720105:20201024085853j:image

それにしてもラーメン&牛丼で500円みたいな看板ですよね…実際は890円

まぁラーメンは普通のふやけ気味のラーメンって感じなのですが(失礼な事言ってます)特筆すべきはミニ牛丼、ラーメンを食べている時から隣で何とも言えないコンビーフみたいな匂いがしておりました。
f:id:earth720105:20201024085913j:image

そして超薄のバラ肉に混じってそぼろ肉も入っている牛丼、さすが新今宮クオリティ!
f:id:earth720105:20201024090002j:image

いつも皆のSNSを見てマズそうな飯の写真だと貶す僕ですが、軽く10倍位マズそうな写真(ボカシ加工をしました💧)まずは食事のつもりがマズは食事になってしまい散々(>_<)
f:id:earth720105:20201024090055j:image

大阪メトロ「動物園前」駅にある動物園前一番街、僕の行く現場の日雇いオヤジは言わば飼育された動物ですが、ココの商店街にいる動物達は野生動物、ちなみに写真を撮ってる横では路上に座って酒飲んでます(x_x)
f:id:earth720105:20201024092520j:image

奥に行くにつれカラオケ居酒屋が多くなっていく独特の商店街。。
f:id:earth720105:20201024092534j:image

更にディープでデンジャラスな二番街が出てきました、色々な意味で奥の深い商店街でございます。
f:id:earth720105:20201024092549j:image

準備運動(?)も済ましたのでいよいよあいりん地区の中心地に突撃、どこが中心なのだかイマイチよく分からないのですが、あいりん公共職業安定所周辺だろうと勝手に決め付けて向かいました。
f:id:earth720105:20201024123615j:image

それにしても入口に下足置場のある簡易旅館がたくさん、中にはアパートと銘打った場所もあり宿泊と定住の線引きはどこにあるのか?と余計な事を思ったりもします。
f:id:earth720105:20201024123627j:image

激安自販機を見つけました、ディープエリアに突入した証、でも何だか知らない銘柄の飲料ばっかり。。
f:id:earth720105:20201024123810j:image

パーカーのフードをかぶってなるべく地元民になりすまします、襲われて金品を盗られるとかの心配はナイのですが、よそ者が写真を撮っているので因縁付けられそうな怖さがあります。デジタル機器には縁のないエリアなので道端でスマホ見ているだけでも注意が必要。
f:id:earth720105:20201024124127j:image

~早撮りを推奨いたします~
①基本は道に迷ったかな~的にスマホをポケットから出し、即カメラアプリを起動
②画面を見て道を探すふりして画面は撮影状態にしておく
③ターゲットをサッと撮影してスマホは即ポケットへしまう
f:id:earth720105:20201024124244j:image

もう職場のみんなを10倍位ヤバくパワーアップしたみたいな人達が睨んでおります(゚o゚;とりあえず中心地のあいりん公共職業安定所跡地だけでも撮影してとっとと撤収です。
f:id:earth720105:20201024125011j:image

ココが仮の公共職業安定所
f:id:earth720105:20201024125017j:image

撮影成功なんとか絡まれる事なくミッションをクリアしました
f:id:earth720105:20201024125049j:image

目的を達すると変に余裕で出てしまい振り返って撮影したり余裕をかましますがビビって何撮っているんだか分からない写真。
f:id:earth720105:20201024133228j:image

ようやく大通りに戻りました無料住宅の看板が目印です。
f:id:earth720105:20201024133236j:image

阪堺電車

チンチン電車を見かけたので乗ってみた阪堺電車、パチンコ屋の目の前を通ってホームへ行く周辺の環境に気を配った構造になっております。
f:id:earth720105:20201024133315j:image

ここがネットでも話題になってる新今宮駅…一部の人はヤバい駅とか煽ってココがJRの駅みたいに書いている方もおりますがここは阪堺電車駅です、路面電車のホームだしこんな感じですよ。
f:id:earth720105:20201024133325j:image

全区間一律230円、こんな時に限って1駅のみの利用なのですよね…バスみたいに電車の中で運賃を支払います、そして1日乗車券は600円、いつかは阪堺電車のコンプリートの旅をしてみたいものです。
f:id:earth720105:20201024162521j:image

向かいのホームに電車がやって来ましたが土地なんかみんな持ってナイよ!
f:id:earth720105:20201024162534j:image

こちら側にも電車がやって来ましたが質なんか入れる物ナイよ!
f:id:earth720105:20201024162545j:image
f:id:earth720105:20201024162557j:image
車内はこんな感じです
f:id:earth720105:20201024162627j:image

あっという間に隣駅(終点)の恵美須町駅に到着、少し歩くと以前の駅入口がありました(現在は工場中)かつては駅ナカだった喫茶店はいつまでも続いて欲しいものです。
f:id:earth720105:20201024162643j:image

通天閣の最寄り駅でもあります
f:id:earth720105:20201101072819j:image

恵美須町から大阪(梅田)に戻ろうとしたのですがどういうルートで行けばイイのかさっぱり分かりません…ついでに今日の宿泊先もまだ決まっておりません…定宿がある分彼らのほうがマシなのではないか?とふと思ったりもします。
f:id:earth720105:20201024173033j:image

タコ焼きの看板を見ながら一言
「新今宮に引き返そうかな?」
今夜もタコオヤジ(´・ω・`)

ハルカス300
住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
電話:06-6621-0300
H.P.:https://www.abenoharukas-300.jp/index.html
料金:大人 1500円・1dayチケット(再入場可)1950円
営業時間:9:00~22:00(年中無休)

遠くまで見える道で ~金八先生ゆかりの地荒川土手を訪ねて~

日本の学園ドラマの金字塔とも言われ熱烈なファンも多い「3年B組金八先生」1979年から2011年まで32年間断続的に放送、計8シリーズそしてスペシャル・ファイナルと称された特別編があります。

残念ながら僕は第1シリーズしか見ておらず、ほんの少しだけ知っている程度なのですが、職場のKさんは全シリーズ制覇の金八オタク、毎朝職場でドラマ内やYouTubeで見た名ゼリフを金八になりきって披露しております。

ファイナル(2011年放送)ではかつての不良少年で全シリーズ中でも屈指の人気キャラ加藤優と再会、現在は会社社長の加藤に鑑別所に入所している不良少年の生徒を預ける話を持ち出す金八。
f:id:earth720105:20201018135245j:image

写真引用先:近藤真彦ら152人の卒業生が最後の「金八」で集合! 加藤優と金八先生の感動シーンも!! (画像2/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン

「鑑別所から出てきたらおまえのとこで面倒みてくれないか、お前だったらきっと心を開くと思う。」 加藤は答えます
「それはできねえなあ先生。そいつには先生がいるじゃないか、そいつは先生に自分のこと見て欲しいんだよ。俺もそうだった、だから厄介者扱いされても俺は学校に行ったんだ。本当に悪い奴は学校なんか行くかよ、なんでそいつは学校で暴れるんだ。先生にお前の居場所はここだって言ってもらいたいからじゃないのか。金八先生に見放された奴に生きる道はないよ、俺が知ってる金八先生はそういう奴を何があっても見捨てないんだ。」 その言葉を聞いた金八は「何をやってるんだ俺は!」と涙を流します。

Kさんは朝っぱらからこのシーンを熱演しており、僕はもう「何をやってるんだ…」と言葉通りに返してやりたくなります(T_T)

 

そんな休日の日曜日、金八ゆかりの地に金八ビギナーながらおじゃました次第です。

〈目次〉

桜中学校

ドラマの舞台「桜中学校」のロケ地は足立区立足立第二中学校ですが、2005年に廃校になり、跡地に東京未来大学ができました、残念な話ですが金八の熱い想いはこの大学に受け継がれているはず、しかしこんな駅前にあったとは今更ながらビックリ。
f:id:earth720105:20201019070417j:image

東武スカイツリーライン「堀切」駅東口、東京23区内とは思えないローカル度満載の駅です。
f:id:earth720105:20201018150003j:image

歩道橋を渡って駅東口へ
f:id:earth720105:20201018150015j:image

駅西口は生徒達が受験の時、この駅の前に集合して受験校に向かったそうですがそんなシーンは全く記憶にない僕。。
f:id:earth720105:20201018150037j:image

そしてこちらがかつての桜中学校(?)の東京未来大学校舎、何となくドラマの面影がある校舎でここは一見の価値あり。
f:id:earth720105:20201018150611j:image
f:id:earth720105:20201018150713j:image

金八に憧れて教師を目指し入学する生徒も多いのでしょうか?電車からも見える教員免許習得の告知。
f:id:earth720105:20201018150522j:image

荒川土手

金八と言えば荒川土手、数々のシーンの舞台となった場所で桜中学校以上に金八の舞台としてファンにとって思い入れのある場所、一旦堀切駅東口に戻って土手の下に降ります。
f:id:earth720105:20201018215849j:image

河川敷の球場では野球部のコーチが部員に「何やってんだお前ら!」と怒号を浴びせております、グラウンド整備くらいでそんなにいきり立たなくてもイイのに…全く聞いてて不愉快(`_´)
f:id:earth720105:20201018153229j:image

更には部員の1人を呼び出して説教しております、まぁ現実の指導者ってこんな感じですよね。コーチは「何やってんだ俺は」と泣きながら金八の爪の垢を煎じて飲んで欲しいものです。
f:id:earth720105:20201018153414j:image

気を取り直して京成本線の橋の下を潜り抜け
f:id:earth720105:20201018185112j:image
河川敷の階段を上ると
f:id:earth720105:20201018154619j:image

土手の上の道が続いて一気に金八ワールドが全開、これはビギナーの僕も燃えます、つい♪遠くまで~見える~道で~♪と口ずさんでしまいます。
f:id:earth720105:20201018154815j:image

個人的にはドラマオープニングのシーンは武田鉄矢ver.より内村光良ver.のモノマネのほうが馴染みの深い僕(ノД`)


f:id:earth720105:20201018155806j:image

荒川の土手では数々の名シーンがありますが、僕には第1シーンの長ランを着て土手で寝転がる武田鉄矢と近藤真彦しか思い浮かびません(x_x)
f:id:earth720105:20201018161959j:image
f:id:earth720105:20201018162017j:image

写真引用先:3年B組金八先生(第1シリーズ)

振り返ると先ほど潜り抜けた京成本線の橋と堀切橋、遠くには首都高6号線の新荒川橋、この景色を眺めながら金八や生徒達は登校していたのでしょう。
f:id:earth720105:20201018234038j:image

先に進むと現在の桜中学校(?)の千寿桜堤中学校があります、第二中学校と第十六中学校を統合して2005年に設立、近隣の墨田区の隅田川沿いには似た名称の桜堤中学校があります、金八効果のせいか「桜」の学校名はこのエリアでは大人気。
f:id:earth720105:20201018220053j:image

少しだけ堀切駅側に戻り道路側に目を向けると何となく見慣れた道があります、そうですオープニングで生徒が登校するシーンでも有名な道でここが通称「金八通り」なのです。
f:id:earth720105:20201018195355j:image

金八通り

「金八先生のいる学校に行きたい」と言いながら「私達はミカンでは無く人間をつくっているんです!」と金八になりきって熱演するKさん、しかし作業が始まると「あれ?腐ったミカンの金ちゃんは第2工場に行ったの?」と失礼極まりない事を言ったりしております(´・ω・`)

 

土手を降りて左手の金八通りへ入ります、川沿いの道は交通量が多めなので注意が必要です。
f:id:earth720105:20201018201213j:image

金八通りはとっても生活感が溢れるエリア(x_x)
f:id:earth720105:20201018202408j:image

そして周辺にはチラホラとこんな告知があったりもします(>_<)
f:id:earth720105:20201018203137j:image
そして周りの雰囲気に似つかわしくない公園を発見。
f:id:earth720105:20201018202430j:image

柳原千草園
この公園は、製紙工場跡地を足立区が買収し、平成元年6月に開園しました。
住宅や工場が混在し、密集している地域の中で、身近に水と緑に親しめると共に、自然の植物が観察できる公園として計画しました。

f:id:earth720105:20201018202516j:image

やけに野良猫が多く生息している事が周辺がどんな日常なのかを物語っております。
f:id:earth720105:20201018203345j:image

日の出屋・千住旭町商店街

そして隣駅の牛田駅まで歩きました駅間は短く位置関係はこんな感じ、赤矢印が柳原千草園です。
f:id:earth720105:20201018205535j:image

牛田駅前の低いガード下を潜り抜けると
f:id:earth720105:20201018204558j:image

ここもロケ地で有名な日の出屋、残念ながら本日はお休みでした。
f:id:earth720105:20201018204759j:image


最後にこちらも金八ロケ地で有名な千住旭町商店街、こちらを通りながら北千住駅に向かいます
f:id:earth720105:20201018210928j:image

良い機会なので、ご当地商店街にて金八っぽいショルダーバックを購入し、日雇い仕事の行き帰りに使用したいものです。
f:id:earth720105:20201018212314j:image

写真引用先:MARQUEE MOON(残るのは日々の泡だけ) おまえが欲しい / BLANKEY JET CITY

しかし鞄店は見つからずに
f:id:earth720105:20201018212845j:image

ついには北千住駅まで来てしまいました、何とも残念でなりません。
f:id:earth720105:20201018213014j:image

帰り道の鶯谷駅

Kさんは「3年B組金八先生」と同じ位にアダルト動画も好き、特に熟女ものに詳しく「ああっ…○○ちゃんこれは夢なのよ…」と職場の昼休みに熱演しております(´д`;)

 

帰り道は北千住から東京メトロ日比谷線で入谷へ、そこから鶯谷(うぐいすだに)まで徒歩コース、駅前に雰囲気ある鞄店がありましたが欲しいカバンは見つからず。
f:id:earth720105:20201018210603j:image

仕方が無いので鶯谷は熟女風俗が盛んなエリア、駅前ホテル街にてお姉さん達を散策です。

何をやってるんだ!俺は(ToT)

 

 

 

テントゥクは心と体に温まる味~チベット料理店「タシデレ」~は市ヶ谷防衛庁の目の前

日曜日の朝ヒマだったので、幼なじみの知人がSNSに投稿しているラーメンの写真を集めてみました。どれもマズそうに撮影したラーメンばかりで、何だかもう営業妨害と思われても仕方ないレベル。。
f:id:earth720105:20201011110626j:image

休日の朝はこんなマズラー(マズいラーメンの略)写真を見てでもお腹が減ってくるものです…台風も過ぎて雨も降り止んだので都心でランチすることに、お店は日曜も営業しており都心でも数少ないチベット料理を提供する店「タシデレ」に決めました。
f:id:earth720105:20201011120924j:image

〈目次〉

アクセス

都営地下鉄新宿線「曙橋」駅 A4出口徒歩4分
JR「四ツ谷」駅 四ツ谷口徒歩8分
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅徒歩10分
JR・東京メトロ有楽町線「市ヶ谷」駅徒歩12分

自宅からのアクセスの都合上、1番時間のかかる市ヶ谷駅から店に向かいました。しかし東京メトロのA7出口から向かうと10分程の非常に分かりやすいルートなのです。少し先で道路が二又に分かれておりますが、写真右側の通り(靖国通り)を進みます。
f:id:earth720105:20201011125809j:image

右手にずっ~と防衛庁を見ながら歩いて行きます、勿論庁内は関係者以外立入禁止です。
f:id:earth720105:20201011130104j:image

もう少しだけ歩くと店に到着です、カラフルな旗がある目立つ店頭なので通り過ぎる心配もありません。
f:id:earth720105:20201011135839j:image

向かいの防衛庁の景色はこんな感じです、どんよりしておりますが曇りがちの天気のせいで、僕のスマホカメラのせいではありません(-_- )
f:id:earth720105:20201011135916j:image

チベット料理店 タシデレ

外観もさることながら店内はダライ・ラマの肖像画があったり旗が飾ってあったり、チベットのアイデンティティをとても感じる雰囲気。
f:id:earth720105:20201011173442j:image
f:id:earth720105:20201011173452j:image
【チベット問題についてめちゃくちゃ軽くまとめ】
・チベットはかつて独立国家でした、しかし中国側の「もともとは中国だった」という理屈と、軍事力の脅しで中国の一部になっている状態です。
・近年のチベット地区の経済は大量に入植してきた中国人(漢族)が実権を握っており、チベット人は不利な立場に追いやられています。

【超入門 チベット問題】

ランチメニューは以下の通り、チベットランチセットとインドランチセットがありますが、ここでの一品チベットランチを注文したいものです。
f:id:earth720105:20201011153607j:image

・モモセット ¥900
(モモ6P・ライス・スープ・サラダ)
モモは代表的なチベット料理。粗挽き牛肉をたっぷり使った蒸し餃子です。皮から手作りしたタシデレの看板メニュー。

・テントゥクセット ¥900
(テントゥク・モモ1P・サラダ)
豚肉と野菜がたっぷり入ったおいしいスープに、もちもちとしたすいとんが入っています。ホッとするお味です。

・ピンシャセット ¥1,000
(ピンシャ・モモ1P・ティンモ1P・ライス・サラダ)
ピンシャは豚肉・じゃがいも・春雨を煮込んだ味わい豊かな具だくさんのスープ。ティンモはチベットのシンプルな蒸しパンです。伝統的なチベット料理を味わえる欲張りでお得なセットです。

・ラブシャセット ¥1,000
(ラブシャ・モモ1P・ティンモ1P・ライスサラダ)
鶏肉と大根を炒めて煮込んだ具だくさんスープ。肉の旨みが沁みこんだ大根が美味。

ちなみに前回注文したランチはこちら、チベットの郷土料理のトックパ。うどんとラーメンのコラボみたいな現在の巷に溢れる(冒頭の写真みたいな(>_<))コッテリなラーメンとは真逆な味わいのある一品、人によっては物足りない味に思うかもですが、一度は食する事をオススメします。
f:id:earth720105:20201011194127j:image
今回は欲張ってテントゥクセットとピンシャセットの2品を注文しました(計:2090円)

まず最初に出てきたのはサラダとスープ、小さな器に入っていたのでてっきりドレッシングだと思ってしまったマヌケな僕です。。人参の味がメインの野菜のスープでとても温まりメインディッシュの期待が高まりますが、汁ものばかりの注文で被り過ぎてしまった…と若干の懸念材料が残ります。
f:id:earth720105:20201011184511j:image

野菜にはチーズみたいなヨーグルトみたいな白いグルメ(?)が添えてあってこれがまた美味。

f:id:earth720105:20201011184522j:image

テントゥク・ピンシャ・モモ・ティンモ

続いて到着したのがテントゥク(チベット風すいとん)、小麦粉の平べったい麺(?)の煮込み料理。個人的には山梨名物のほうとうににた味わいを感じました、共に冬は寒い山岳地帯に根付いた心も体も温まる料理、もっとも山梨とヒマラヤでは標高は桁違いですが…しかし野菜たっぷりスープがとても温まり(今の季節だと暑い位💧)寒い冬の日に甲府で頂いたほうとうに通じるものがあって、世界を身近に感じられます(多分💧)
f:id:earth720105:20201011191551j:image

パスタだったら麺よりマカロニ好きの僕にとって、とても魅力的な歯ごたえと食感。
f:id:earth720105:20201011190332j:image

続いてピンシャまぁぶっちゃけ肉じゃがです💧どこか郷土料理を思わせながらも味わい深く、一見さんでも「美味しい~」と思ってしまうチベット料理店なのです。
f:id:earth720105:20201011193102j:image

そしてこちらは(写真左から時計回りに)ティンモ・ご飯・モモです。ティンモは蒸しパン、モモはチベット風の小籠包。
f:id:earth720105:20201011193143j:image

ティンモはモチモチ、コンビニで売ってたら毎日買ってしまいますよ僕は!
f:id:earth720105:20201011195725j:image
辛み漬け物を添えて食べるみたいですが、そのまま食べてしまい(そのままでもとても美味しい)そして辛み漬け物はテントゥクに入れてしまった間抜けな僕。。
f:id:earth720105:20201011195739j:image

モモはこの店一番のオススメ、肉厚の皮と食感溢れる肉(餡)が新鮮、僕は餃子や小籠包よりこっちの方が好き(・∀・)
f:id:earth720105:20201011195750j:image

食後に出てきたバター茶、バター・塩・牛乳・茶のハーモニーが懐かしながらも新鮮な味わいです、チベットの人達にとっては欠かす事の出来ない飲み物なのです。

チベット人とバター茶 | ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
f:id:earth720105:20201012062754j:image

「ごちそうさま」と心から思える美味しいランチでした、そして食べかけ写真の連投を失礼しました<(_ _)>食べ物の写真って撮るのが難しいですね。。

再びマズ飯SNS投稿写真

店から出てスマホを眺めていたら、またまた知人のマズ飯写真が出てきました、自業自得ですが全く食後の幸せな気分を害する写真…どこかのレストランで撮ったのでしょうか?ピザに線香花火を刺してます、みんなどうやったらこんなにマズそうに写真を撮って投稿してしまう勘違いが出来るのでしょうか?一度問い詰めてみたいものです。
f:id:earth720105:20201011193705j:image

ピザの上の片寄った具材は貧富の二極化、火花は紛争、そして真ん中の赤トマトは日の丸(日本)を表現しているものと思われます。

たぶん世界が大きな変革に差し掛かっている事を暗示した写真なのでしょう(ノД`)

チベットレストラン&カフェ 「タシデレ」

ジャンル: チベット料理・インド料理・ネパール料理
H.P.:https://tashidelek.jp/
住所:東京都新宿区四谷坂町12-18四谷坂町永谷マンション 1F
電話:03-6457-7255
営業時間:ランチ:11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー:17:00~22:00(L.O. 21:30)
土日祝:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:年中無休
席数 :32席・全面禁煙
(最大35人着席可能・イベントやパーティーのご利用も大歓迎
個室 :無
駐車場:無

都心最高峰の愛宕山~山頂はNHK博物館と愛宕神社~

「あんなの山じゃねぇ~よ」

当ブログにちょくちょく登場する、いつも否定から入る日雇いオヤジが、先日仕事の休憩時間に吠えておりました。
「あんなの山じゃない~」とは東京都港区にある愛宕山の事、天然の山では東京23区内では一応💧最高峰を誇る山(25.69m)なのです。
f:id:earth720105:20201004122151j:image

確かに山ではないという意見もありますが、否定的な事ばかり言う彼の言葉には素直に頷けない僕、秋の行楽シーズンとは言い難い曇りがちな日曜ですが、23区最高峰の山に登山(?)に行きました、山頂には無料の博物館もあり、楽しみながらの山登りで遭難する事も無く初心者にとても優しい山なのです。

〈目次〉

愛宕山登山(?)ルート

電車でのアクセスは東京メトロ日比谷線「神谷町」「虎ノ門ヒルズ」から徒歩5分・東京メトロ銀座線「虎ノ門」から徒歩8分・都営地下鉄三田線「御成門」から徒歩8分

今日は虎ノ門駅から愛宕山にアタックする事に決定、写真の虎の門交差点を左折します。
f:id:earth720105:20201004123410j:image

そして虎の門二丁目交差点を左折すると目の前は虎ノ門ヒルズ、エントランスを突っ切って愛宕方面に向かうのですが…
f:id:earth720105:20201004125930j:image

ここに日比谷線の新駅が出来ていた事にビックリ(゚〇゚;) 駅名は「虎ノ門ヒルズ」ホーム内には帰りに立ち寄ったのですが絶賛工事中、どうやら2020年6月に開業したみたいです。
f:id:earth720105:20201004130742j:image

虎ノ門ヒルズ内から愛宕エントランスに向かい階段を降りて(ヒルズを出て)道路を左手に進みます。
f:id:earth720105:20201004130912j:image

1分ほど歩くと登山口(?)に到着
f:id:earth720105:20201004131413j:image

こちらが車の登山も可能でポピュラーなルート「坂道コース」です(勝手に命名)f:id:earth720105:20201004131445j:image
f:id:earth720105:20201004131458j:image

途中にはチーズ屋さんがありますが本日は日曜日のため休業。

ナチュラルチーズ専門店のフェルミエ。チーズ通販、販売を種類豊富にご用意。
f:id:earth720105:20201004131603j:image

3分と経たずに山頂へ到着、とっても気軽に達成感が味わえます。f:id:earth720105:20201004142358j:image

坂道が嫌いな人には「階段コース」があります
f:id:earth720105:20201004142443j:image

愛宕隧道の脇にあり少々暗めのルートですが、都心でありながら冒険心を感じられるマニア向けのルート。
f:id:earth720105:20201004142649j:image

このコースは何だか全体的に景色が日雇いっぽいんですよね…山頂から「こんなの大した事ねえ~ょ」と叫ぶ否定オヤジの声が聞こえてきそう。。
f:id:earth720105:20201004142703j:image

更に歩くのがイヤだけど登山したいという方には「エレベーターコース」があります。
f:id:earth720105:20201004143742j:image

地下鉄の改札から出口まで位のノリであっという間に山頂
f:id:earth720105:20201004143757j:image
f:id:earth720105:20201008213025j:image

NHK放送博物館

かつては東京放送局(現在のNHK)愛宕山スタジオがあり放送史の草創期を担った場所なのです。現在スタジオの跡地はNHK放送博物館となり、放送の歴史や機材を中心に展示して放送文化を今に伝えております。
f:id:earth720105:20201004145429j:image

入場料は無料

否定日雇いオヤジは「無料だから大したことねぇ~よ」と行った事もないクセにほざいておりましたが、なかなかの充実施設で無料である事がビックリな位です。
f:id:earth720105:20201004150341j:image

否定オヤジの暴言の数々に、NHKテレビ番組「にこにこぷん」キャラのぽろりもやや困惑気味の表情に見えるのは僕だけでしょうか??
f:id:earth720105:20201004150449j:image

また「オレはNHKは見ないから受信料は払わない!」と豪語している否定オヤジなのですが、かつて松本伊代がNHK紅白歌合戦に出場できなかったのは「♪伊代はまだ~♪」の歌詞がネックになったからだ!とか今更どうでもイイ蘊蓄を垂れてきたりします。
※動画は3rdシングル「TVの国からキラキラ」

もう…ぽろりのバンダナもポロリとなってしまいそう(>_<)
f:id:earth720105:20201004152850j:image

博物館内の殆どの箇所は撮影禁止でほんの一部のエリアのみで撮影が可能、写真目的の見学だとツライものがありますが、歴代のNHKドラマや放送機材の展示は盛りだくさん、個人的には撮影可能にして欲しい位の充実っぷりです。

 

2階
f:id:earth720105:20201004163737j:image
歴代の連続テレビ小説のポートレート展示や連続テレビ小説・土曜ドラマ・大河ドラマの名シーンを閲覧できる音効体験コーナー、またオリンピックの名シーンが閲覧できます。

撮影可能エリアの放送体験スタジオは現在閉鎖中
f:id:earth720105:20201008061933j:image

写真は前回訪問した時の楽しそうな中学生達。
f:id:earth720105:20201004163443j:image

もし僕達の中学生時代にココを見学したら、変な奴が多いクラスだったので、カメラの前でいきなり脱ぎ出す奴もいたのでは?と余計な事を考えたりもしました。
f:id:earth720105:20201004163455j:image

現在の撮影可能エリアは「こども番組がいっぱい」コーナーのみです💧
f:id:earth720105:20201004164328j:image
f:id:earth720105:20201004163710j:image
f:id:earth720105:20201004163718j:image

 

3階はヒストリーゾーン
f:id:earth720105:20201004164030j:image
ラジオ放送の始まった大正時代から今までの歴史の歩みや、昔活躍した貴重な放送機器等が展示しており歴史好きな僕は興味津々。

ラジオ放送誕生/愛宕山局舎誕生
広がるラジオ放送/やがて戦争へ
終戦後に民間放送局誕生
テレビ誕生/皇太子様ご結婚
カラーテレビ普及/東京オリンピック・大阪万博
多様化する番組/おしん

数々の歴史的重要な転換期と肩を並べ「おしん」が紹介されております。展示パネルにおしんブームは世界へとありました、つぐつぐ撮影出来なかった事が残念でなりません。

そして展示可能スペースはココだけ…
f:id:earth720105:20201004170203j:image

展示フロア案内|NHK 放送博物館

博物館の出口にはかつて活躍した放送アンテナが放置…イヤ展示してありました。
f:id:earth720105:20201004173655j:image

日本初のテレビ放送アンテナ
素子の形から「同軸開放型」とよび、昭和25年3月から2年間テレビの実験放送に使われました。
技術研究所での実験放送が終わった後、大阪の生駒テレビ実験放送所で実用化試験放送に使われました。テレビ開始当時の記念すべきアンテナです。全4段のうち、ここでは頭頂部の2段を展示しています。

f:id:earth720105:20201004173717j:image

スーパーターンスタイルアンテナ
このアンテナは東京タワーの最上部に設置されていた6段スーパーターンスタイルアンテナの1段分です。総合・教育テレビのアンテナとして使用していましたが、平成23年7月24日のアナログ放送終了とともに、その役目を終えました。昭和34年1月に教育テレビのアンテナとして運用を開始し(10kw)、4月には総合テレビのアンテナに変更されました。
昭和35年1月に50kwに増力され、5月からは総合・教育テレビ両方のアンテナとして運用開始しました。52年6か月の長期にわたり関東一円に、電波を送り届けました。

これからのアンテナは現在役目を終えてしまいましたが、否定オヤジのアンテナは来週も香ばしい電波を皆に撒き散らす事でしょう(´・ω・`)

 

愛宕神社

NHK放送博物館の隣は愛宕神社
f:id:earth720105:20201004180905j:image

正面には急な石段があり「出世の石段」と呼ばれ、ビジネス街が近いこともあって、出世したい(失礼💧)参拝客が後を絶たない名スポットなのです。
f:id:earth720105:20201004180928j:image

愛宕神社正面の石段は別名「出世の石段」と呼ばれ、その由来は講談で有名な「寛永三馬術」の一人曲垣平九郎(まがきへいくろう)の故事にちなみます。
時は寛永十一年。三代将軍 徳川家光公が芝増上寺ご参詣の帰り道神社に咲き誇る源平の梅の酸郁たる香りに誘われて山頂を見上げて「誰か騎馬にてあの梅を取って参れ」と命ぜられました。しかし目前には急勾配な石段があり、歩いて登り降りするのにも一苦労。馬での上下など、とてもとても…と家臣たちは皆一様に下を向くばかり。誰一人名乗りでる者はおりません。家光公のご機嫌が損なわれそうなその時一人の武士が愛馬の手綱をとり果敢にも石段を上り始めました。
「あの者は誰じゃ?」と近習の日に家光公からお尋ねがあっても誰も答える者はおりません。その内に平九郎は無事に山の上にたどり着き愛宕様に「国家安泰」「武運長久」を祈り、梅の枝を手折って降りてきました。
早速家光公にその梅を献上すると「その名は?」「四国丸亀藩の家臣、曲垣平九郎にございます」「この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれ。日本一の馬術の名人である。」と褒め讃えられました。
一夜にして平九郎の名は全国にとどろき出世をした故事にちなみ「出世の石段」と呼ばれるようになり、現代においても多くの皆様にご信仰を頂いております。

f:id:earth720105:20201004183229j:image
『愛宕神社とその周辺』三田・田町・芝浦(東京)の旅行記・ブログ by 元カニ族さん【フォートラベル】

他にも桜田門外の変では浪士たちの集合場所になり、そして勝海舟と西郷隆盛が江戸の町を見下ろしながら江戸城無血開城の相談をした場所になったりと数々のエピソードがある歴史好きにはたまらない場所。食事を楽しみながら幕末の時代に想いを馳せるのも一興です。
f:id:earth720105:20201004212640j:image
f:id:earth720105:20201004212652j:image

平九郎はここの梅の枝を将軍家光に持って行ったらしいです
f:id:earth720105:20201004184509j:image

そして社殿で距離をとりながら並んで参拝
f:id:earth720105:20201004181316j:image

並んでいるペタペタ触りました💧こんなご時世なのでペタペタしたら参拝後は手水社で手を洗いましょう。
f:id:earth720105:20201004182608j:image

正面右手には若干緩やかな階段(女坂)があります、ここも神社を経由する登山(下山)ルートでオススメです。
f:id:earth720105:20201004190537j:image
急な石段を無理して降りてコロコロ転がったりでもしたら明日の日雇いに差し支えるので僕はこちらから降ります。。
f:id:earth720105:20201004190600j:image
下から出世の石段(男坂)に見てみると、女性2人組が颯爽と降りていってとっても女子力高め、だったら僕もこっちから降りれば良かった(>_<)
f:id:earth720105:20201004190647j:image

もう少し近づこうかと思いましたが、覗きと勘違いされて、愛宕警察署からパトカーがやって来そうなので遠くから見守っているだけなのです。
f:id:earth720105:20201004190702j:image

否定オヤジもヒイヒイ言いながら、出世の石段を登った事があるのかもしれません「オレが1番優先で仕事に入れて(仕事を)干されない様に…(´Д`)ハァハァ」
f:id:earth720105:20201004190716j:image
「そんなの出世じゃナイよ…(x_x)」

 

♪明日も日雇いキラキラ~~もう(正規雇用に)戻れ~な~い~(ノД`)♪

NHK放送博物館
住所:東京都港区愛宕2-1-1
電話:03-5400-6900
H.P.:https://www.nhk.or.jp/museum/sp/
休館日:毎週月曜日(祝日除く)
開館:午前10時~午後4時
入館料:無料

愛宕神社
住所:東京都港区愛宕1-5-3
H.P.:http://www.atago-jinja.com

金ちゃんを探して旧岩崎邸庭園へ

どこの職場にも仕事の手を抜く奴はいるものです、僕が日雇いで行く現場にも「金ちゃん」のあだ名で皆から嫌われている手抜き日雇い爺さんがおります。

仕事では皆をイラつかせるだけの邪魔な存在なのですが、毎日シコシコ職場に顔を出しており勤務時間の記録更新にはご執心、記録と気力ついでに記憶もなくなり「体力の限界…」でとっとと引退して欲しいものです。 

まぁ単なる怠け者だったら皆も「しょうがナイね…」で収まる話なのですが、金ちゃんの場合は偉そうにふるまう怠け者だからこれまた始末におけません。僕は金ちゃんが休日でもどこかで偉そうにしているのではないか?という疑惑を抱き、雨の日曜日に東京メトロ「本郷三丁目」駅で下車しました。
f:id:earth720105:20200926195436j:image

東大赤門で門前払い

アメ横でお馴染みの御徒町在住の金ちゃん、散歩がてらに行く東京大学本郷キャンパス内で大学教授のフリをして偉そうにしているのではないか?僕にはそう思えて仕方ありません「そんな事をして虚しくならないのか?」そう問い詰めたいが為に僕も東大に向かいます。
f:id:earth720105:20200926195519j:image

東大赤門には警備員がおりました…僕にサッと近づき「現在は感染防止の為大学関係者以外立ち入り禁止です」との事、顔からして東大関係者ではナイと瞬時に判断したのでしょう…虚しくなったのは僕自身なのでした(T-T)f:id:earth720105:20200926195533j:image

東大から門前払いの日雇いという悲しい現実が僕の胸を締め付けます…。ただし金ちゃんはそんな事にはめげずに、近くの豪邸で御曹司のふりをして「ガッハッハー」とやっているに違いありません。
f:id:earth720105:20200926204758j:image

僕も気を取り直して豪邸に向かいます、湯島天神前の坂を下り
f:id:earth720105:20200926204809j:image

天神下交差点手前の路地(一方通行)を左折、レトロな民家があるのでそこを左折すると
f:id:earth720105:20200926204822j:image

旧岩崎邸庭園の入口に到着です
f:id:earth720105:20200927090600j:image

旧岩崎邸庭園

f:id:earth720105:20200927104758j:image

旧岩崎邸は、1896(明治29)年に三菱を創設した岩崎家の第三代当主・久彌の本邸として建てられ、往時の3分の1の面積を持つ園内には、洋館、和館、撞球室の3棟が現存し、洋館と撞球室は、日本の近代建築史に名を残す英国人建築家、ジョサイア・コンドル。洋館に併置された和館は、名棟梁大河喜十郎の施工と言われています。

旧岩崎邸庭園 | 上野の文化施設 | 上野文化の杜

入場料は一般400円、金ちゃんは65歳以上の年間パスポートを購入している筈なので年間800円、1年中好きな時に三菱財閥の跡取りのフリをしながら邸内で「ガッハッハ~」と偉そうに出来るのであれば、安い買い物なのかも知れません。
f:id:earth720105:20200927100038j:image

「そんな事をして虚しくならないのか?」と問い詰める為に館内に入ります。
f:id:earth720105:20200927095805j:image

館内の撮影は土日祝日は禁止

撮影目的で訪れるならば晴れた平日をおすすめします。僕は居間で偉そうにくつろいでいる金ちゃん狙いで撮影するつもりでしたが、館内の至る所に撮影禁止のサインがあり休日に撮った事がバレてしまいます、悪い事はいけません(x_x)そして居間でくつろぐ事も当然NGです。
f:id:earth720105:20200927102331j:image

外は大丈夫なので南側の芝生の場所から撮ってみました
f:id:earth720105:20200927103232j:image

洋邸にはおりませんでした…多分和邸の喫茶店で和菓子を食べているはず、帰り道に最寄り駅のスーパーでお菓子を買う為だけに職場に来てると言われてる甘党の金ちゃんだけに潜伏している可能性は大。
f:id:earth720105:20200927103710j:image

洋邸とつながっております
f:id:earth720105:20200927103843j:image

残念ながらこちらにもおりませんでした(´・ω・`)もしかしてあちらで昼寝でもしているのかも?と思い山小屋風の離れの家に向かいます。
f:id:earth720105:20200927105448j:image

ここは撞球室(ビリヤード場)、当時は紳士の嗜みとして流行したビリヤードですが、わざわざ別棟で撞球室が造られる事は極めて稀で洋邸と地下通路でつながっております、何ともスケールが違いますね。
f:id:earth720105:20200927133729j:image

撞球室内は館内立ち入り禁止につき庭からの撮影、金ちゃんがドヤ顔で玉突きしてたらウケるな~と一瞬思いましたが誰もいませんでした。。そういえば職場で「金の野郎はキ○○マだからウン○だ!」と吐き捨てる日雇いオヤジがおりますが、全くボキャブラリーのセンスが幼稚園児並み(´・ω・`)
f:id:earth720105:20200927133913j:image

結局金ちゃんを見つけられナイまま旧岩崎邸庭園を後にしました。今日はどこで偉そうにしているのでしょうか??
f:id:earth720105:20200927132623j:image

多分湯島周辺のホテルでデリヘル嬢相手に横柄な態度をとっているのでしょう、出てくるトコを待ち伏せで撮影…
f:id:earth720105:20200927132646j:image

「そんな事をして虚しくならないのか?」と自分自身に呟きます(>_<)
f:id:earth720105:20200927132959j:image

 

旧岩崎邸庭園
住所:東京都台東区池之端1-3-45
交通アクセス: (1)東京メトロ千代田線 湯島駅から徒歩で3分
(2)東京メトロ銀座線 上野広小路駅から徒歩で10分
(3)都営地下鉄大江戸線上野御徒町駅から徒歩で10分
(4)JR線 御徒町駅から徒歩で15分
営業時間:9:00~16:30 (閉園は17:00)
休園日:年末年始
料金 :大人:400円 65歳以上200円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
駐車場:なし

池袋の格安メガネ店「老眼めがね博物館」で買う日雇い色眼鏡

昨日の日雇い作業は苦手な袋詰めの作業でした、商品をビニール袋に入れてセロテープ貼りするだけなのですが、ビニールがツルツル滑ったりセロテープをドコに貼ったか分からなくなったり大変。隣で仕分け・検品担当の彼は小慣れた手つきでの作業、ふと見ると彼のメガネのレンズには色がついておりました、彼が日雇い連中の間で話題になってる「サングラスかけて仕事してる日雇いがいる」という噂の人だったのか…初めてお目にかかりました。

〈目次〉

インチキ色眼鏡

僕は勝手に西部警察の団長みたいなルックスを妄想していたのですが、実際はこんな感じ(写真右)で少しだけ残念(´・ω・`)
f:id:earth720105:20200920134132j:image
バラエティ番組でおなじみのオネエ系タレントといえば「おすぎとピーコ」!最近はオネエ系タレントも珍しくなくなりました。- Middle Edge(ミドルエッジ)

自尊心が高く周りの人達を小バカにしてそうな雰囲気、そして色のついたレンズの奥は「オレはお前らみたいなカスとは違うんだ!」って感じの眼をしているインチキくさいルックス、そしてやたら男性社員とボディタッチしながらイチャイチャ作業しております…オネエ系なのでしょうか??

僕は色付きメガネで&ボディタッチの作業だと検品がやりづらいじゃナイかな~と気になっていたら、作業に集中するように怒られてしまいました。。

インチキくさくてもイイから僕も仕事が出来る人になりたい(>_<)そう思って休日に訪問した先は池袋にある老眼めがね博物館。

~いつも形から入る僕なのであります~
f:id:earth720105:20200920141006j:image

老眼めがね博物館

アクセスは池袋駅東口より徒歩約10分、西武デパートを右手に見ながら明治通りを歩いて行き。
f:id:earth720105:20200920145255j:image

南池袋一丁目交差点の細い路地を入ります♪インチキ色メガネ~は日雇い色メガネ~♪とか勝手な歌を口づさんで進みます。
f:id:earth720105:20200920145321j:image

東通りの名の路地を2分程歩いて、コンビニの斜向かいが老眼めがね博物館
f:id:earth720105:20200920150316j:image

博物館の名ですが、れっきとしためがね店。老眼鏡の販売がメインですが、色眼鏡(サングラス)の品揃えもバッチリで若い人達でもお気に入りの一品が見つかる筈です。(多分💧)
f:id:earth720105:20200920150354j:image

店の外そして中の壁には色眼鏡(サングラス)がひしめき合っております
f:id:earth720105:20200920151442j:image
f:id:earth720105:20200920151510j:image

看板やPOPのセンスが秀逸
f:id:earth720105:20200920182303j:image

店主は以前全国の催事場を周りながら商売をしており、ユニークなPOPやチラシで客の心を掴んでいったアイデアマンなのです。f:id:earth720105:20200920184049j:image

一方職場のインチキ色眼鏡は嫌われマン、職場では自分の輝ける(と思っている)作業ポジションにこだわっている様子ですが、自分の人生におけるポジションを気にした方がイイのでは…と思うお節介な僕。。
f:id:earth720105:20200920184400j:image

比喩表現「色眼鏡」の由来
着色されたレンズを使うと、世の中の風景がレンズの色に影響され、裸眼の時とは違って見えるようになります。色が違って見える様子が、正確に世の中が見えていない状態に例えられるようになったと言われています。

「色眼鏡」や「色眼鏡で見る」の意味とは?使い方や類義語を説明 | TRANS.Biz

こんなハート型の色眼鏡で作業したら皆の人気者になるかも知れません、あと彼の時給はお釣りの50銭程度で十分です(・д・)
f:id:earth720105:20200920185612j:image

店内の中央に老眼鏡売り場があり、周りが色眼鏡とアクセサリー売り場。
f:id:earth720105:20200920190342j:image
f:id:earth720105:20200920190355j:image

破格の金額には理由があります
f:id:earth720105:20200920191248j:image

「この建物はもともとメガネ問屋の倉庫なんです。メガネやサングラスってその時々で流行のモデルがあるんで、シーズンが過ぎると返品されてきちゃうんです。それを捨てたり、倉庫にしまい込んでおくよりは使ってもらった方が……って感じで販売しているんですよね」

サングラス29円!謎の激安めがね博物館 :: デイリーポータルZ

ちなみにこちらが倉庫です(>_<)
f:id:earth720105:20200920191433j:image

そろそろ自分用の色眼鏡を選びます、職場のインチキ色眼鏡の彼には及びませんが、これで仕事の出来る男を目指し職場に臨みたいものです。
f:id:earth720105:20200920191924j:image

日雇い色眼鏡

350円で購入、嬉しいメガネ袋のサービス付きです。
f:id:earth720105:20200920200337j:image

これが僕の選んだ一品、もう格好良すぎて直視できません(ノД`)
f:id:earth720105:20200920201620j:image

これで僕も仕事の出来るインチキオジサン(サイゼリヤにて撮影)(・ω・)ノ
f:id:earth720105:20200920201636j:image

老眼めがね博物館
住所:東京都豊島区南池袋3-16-9
電話:03-3984-5652
H.P.:http://rougan-megane.sakura.ne.jp/
営業:10:30~18:00
定休日:水曜日