だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。


スポンサードリンク

大井町「キッチンブルドック」は懐かし料理漫画「包丁人味平」のテイスト溢れるデカ盛り店

Facebookにマズそうなラーメンの写真を投稿するマズメシ写真家の新作がこちら練馬区のラーメン屋「味平」で久々に店で飲みながらのラーメンを知人達に伝えたかったのでしょうが、店側からしてみれば出禁レベルのマズメシ写真(´・ω・`) 僕にとって味平ラーメン…

築地場外で日曜日の食べ歩きは刺身定食と卵焼

いつも「やっぱり魚市場は築地にあった方がイイ!」と戯言を吐く昭和で時間の止まっているウチの母。。当ブログは僕がお金をかけずに行ったお出かけ先を紹介する内容ですが、近所のスーパーで買ってきてただお皿に移しただけの「刺身定食」を週3日ペースで食…

高幡不動尊の「山内八十八ヶ所巡り」はプチお遍路でご利益満載

秋晴れの休日に訪れた先は東京都日野市にある「高幡不動尊」 広い境内の裏山には山内八十八カ所巡りという四国八十八カ所巡りと同じご利益をわずか1時間程で授かれるお遍路(?)があるのです。 〈目次〉 88体の弘法大師像を巡る「山内八十八ヶ所」 高幡城趾の…

「江ノ島エスカー」に乗って頂上を目指し江島神社三女神参り

当ブログでは毎度おなじみの惚れオヤジ(あだ名)が先日「昭和の頃は人と人の絆があったよ」としみじみ呟いておりましたが、職場で女性を見ながら鼻の下を伸ばしニヤニヤしてばかりでドン引き状態の惚れオヤジ。。昭和・令和は関係ナシに絆は元から無いという…

流鉄流山線は都内近郊ローカル線で流山本町散歩やグルメが楽しめる電車

今回も日雇いバイトのネタで大変恐縮ですが 日雇いバイトが(特定の)社員に忠誠を誓う見返りとして、傲慢にふるまう事が許される現場が南流山駅の近くにあります。 そんな現場でそんな勘違い日雇いと一緒に作業した時なんぞは、もうイライラムカムカしてしま…

「銚子電鉄」は廃止の危機にもめげず「ぬれ煎餅」を片手に乗車

中学生時代に僕が入部していたテニス部は、隣市にある調布市営テニス場(東京都)での地区大会が秋の恒例行事でしたが、いつも全員1or2回戦で敗退し早々と会場を後にする弱小校の僕達(´・ω・`) 学校に戻って練習を始めしばらくすると、試合に来なかった補欠のビ…

「本家第一旭本店」の「特製ラーメン」は京都駅徒歩5分で醤油ラーメンの頂点

当ブログでは毎度おなじみのfacebookにマズそうなラーメンの写真ばかり投稿する知人ですが写真だけでなく文章もイラッとするものばかり。だいだいプロフィール写真からして、どっかのサイトから昔の映画の画像をパクったものでインチキ臭さ全開(現在は自分の…

「倉敷美観地区」ボッチ観光で訪れて食べたい「瀬戸内庵」のかきまん

江戸時代の町並みを残す蔵や屋敷そして川面に映る柳並木が雰囲気抜群のお洒落な倉敷美観地区 デートや女性同士でのランチやカフェ、そしてSNS映えするフォトジェニックなスポットが目白押し。 そんな倉敷美観地区にボッチのオヤジの僕が訪問してみましたが天…

一畑電車(バタデン)はスイッチバックしながらオヤジ達の夢を乗せて

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で活躍した一畑電車のデハニ50形は出雲大社前駅ホーム横にあり中に入って見学する事が出来ます。 一流企業に勤める49歳の肇は、ろくに家庭も顧みず、忙しく仕事に追われる日々を送っていた。そんなある…

「出雲大社と松江城」島根県の2大スポットの魅力を徹底比較

島根県を代表する観光スポットの出雲大社と松江城ですが、40km近くも離れており車や電車で1時間位の所要時間。最寄り駅がある一畑電車の乗り継ぎが悪ければ更に時間がかかってしまい出雲大社の参道前で「もう松江城に行くのはあきらめよっか…」になり松江城…