だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。

池袋の格安メガネ店「老眼めがね博物館」で買う日雇い色眼鏡

昨日の日雇い作業は苦手な袋詰めの作業でした、商品をビニール袋に入れてセロテープ貼りするだけなのですが、ビニールがツルツル滑ったりセロテープをドコに貼ったか分からなくなったり大変。隣で仕分け・検品担当の彼は小慣れた手つきでの作業、ふと見ると彼のメガネのレンズには色がついておりました、彼が日雇い連中の間で話題になってる「サングラスかけて仕事してる日雇いがいる」という噂の人だったのか…初めてお目にかかりました。

インチキ色眼鏡

僕は勝手に西部警察の団長みたいなルックスを妄想していたのですが、実際はこんな感じ(写真右)で少しだけ残念(´・ω・`)
f:id:earth720105:20200920134132j:image
バラエティ番組でおなじみのオネエ系タレントといえば「おすぎとピーコ」!最近はオネエ系タレントも珍しくなくなりました。- Middle Edge(ミドルエッジ)

自尊心が高く周りの人達を小バカにしてそうな雰囲気、そして色のついたレンズの奥は「オレはお前らみたいなカスとは違うんだ!」って感じの眼をしているインチキくさいルックス、そしてやたら男性社員とボディタッチしながらイチャイチャ作業しております…オネエ系なのでしょうか??

僕は色付きメガネで&ボディタッチの作業だと検品がやりづらいじゃナイかな~と気になっていたら、作業に集中するように怒られてしまいました。。

インチキくさくてもイイから僕も仕事が出来る人になりたい(>_<)そう思って休日に訪問した先は池袋にある老眼めがね博物館。

~いつも形から入る僕なのであります~
f:id:earth720105:20200920141006j:image

老眼めがね博物館

アクセスは池袋駅東口より徒歩約10分、西武デパートを右手に見ながら明治通りを歩いて行き。
f:id:earth720105:20200920145255j:image

南池袋一丁目交差点の細い路地を入ります♪インチキ色メガネ~は日雇い色メガネ~♪とか勝手な歌を口づさんで進みます。
f:id:earth720105:20200920145321j:image

東通りの名の路地を2分程歩いて、コンビニの斜向かいが老眼めがね博物館
f:id:earth720105:20200920150316j:image

博物館の名ですが、れっきとしためがね店。老眼鏡の販売がメインですが、色眼鏡(サングラス)の品揃えもバッチリで若い人達でもお気に入りの一品が見つかる筈です。(多分💧)
f:id:earth720105:20200920150354j:image

店の外そして中の壁には色眼鏡(サングラス)がひしめき合っております
f:id:earth720105:20200920151442j:image
f:id:earth720105:20200920151510j:image

看板やPOPのセンスが秀逸
f:id:earth720105:20200920182303j:image

店主は以前全国の催事場を周りながら商売をしており、ユニークなPOPやチラシで客の心を掴んでいったアイデアマンなのです。f:id:earth720105:20200920184049j:image

一方職場のインチキ色眼鏡は嫌われマン、職場では自分の輝ける(と思っている)作業ポジションにこだわっている様子ですが、自分の人生におけるポジションを気にした方がイイのでは…と思うお節介な僕。。
f:id:earth720105:20200920184400j:image

比喩表現「色眼鏡」の由来
着色されたレンズを使うと、世の中の風景がレンズの色に影響され、裸眼の時とは違って見えるようになります。色が違って見える様子が、正確に世の中が見えていない状態に例えられるようになったと言われています。

「色眼鏡」や「色眼鏡で見る」の意味とは?使い方や類義語を説明 | TRANS.Biz

こんなハート型の色眼鏡で作業したら皆の人気者になるかも知れません、あと彼の時給はお釣りの50銭程度で十分です(・д・)
f:id:earth720105:20200920185612j:image

店内の中央に老眼鏡売り場があり、周りが色眼鏡とアクセサリー売り場。
f:id:earth720105:20200920190342j:image
f:id:earth720105:20200920190355j:image

破格の金額には理由があります
f:id:earth720105:20200920191248j:image

「この建物はもともとメガネ問屋の倉庫なんです。メガネやサングラスってその時々で流行のモデルがあるんで、シーズンが過ぎると返品されてきちゃうんです。それを捨てたり、倉庫にしまい込んでおくよりは使ってもらった方が……って感じで販売しているんですよね」

サングラス29円!謎の激安めがね博物館 :: デイリーポータルZ

ちなみにこちらが倉庫です(>_<)
f:id:earth720105:20200920191433j:image

そろそろ自分用の色眼鏡を選びます、職場のインチキ色眼鏡の彼には及びませんが、これで仕事の出来る男を目指し職場に臨みたいものです。
f:id:earth720105:20200920191924j:image

日雇い色眼鏡

350円で購入、嬉しいメガネ袋のサービス付きです。
f:id:earth720105:20200920200337j:image

これが僕の選んだ一品、もう格好良すぎて直視できません(ノД`)
f:id:earth720105:20200920201620j:image

これで僕も仕事の出来るインチキオジサン(サイゼリヤにて撮影)(・ω・)ノ
f:id:earth720105:20200920201636j:image

老眼めがね博物館
住所:東京都豊島区南池袋3-16-9
電話:03-3984-5652
H.P.:http://rougan-megane.sakura.ne.jp/
営業:10:30~18:00
定休日:水曜日

清泉寮でソフトクリーム食べながら「いゃあ~好きになっちゃってさ」

清里で美味しいグラタンを食べたついでに駅前の廃墟店舗の見学(?)ホラー物件多数で清里に偏ったイメージを持たれる恐れのある記事になってしまいました(>_<)


フォローのつもりで(一応💧)清里のメイン観光地「清泉寮(せいせんりょう)」にも立ち寄りました、こちらは女性観光客が多めの賑やかスポットで何故ゆえ駅前だけがあんなに廃れているのか理解に苦しみます。

清泉寮周辺にはカップルのみならず、2人組やぼっちの女性もチラホラ見かけます、ここは勢いで鼻の下をのばしながら「いゃあ~好きになっちゃってさ」と声をかければ山の麓からパトカーがやってくる事請け合いです。。
f:id:earth720105:20200913171354j:image

清里駅からのアクセスは、駅前の踏切を超えてポールラッシュ通りをひたすらまっすぐ、ひとつ手前の道と間違えないようにして下さい。
f:id:earth720105:20200913204731j:image

こんな景色の通りです、もちろん僕は歩いて行きました。
f:id:earth720105:20200913204916j:image

清里駅から清泉寮までは徒歩で約40分です。天気の良い日には、森と牧場風景が広がるゆるやかな坂道を歩いてお越しになるのもおすすめです。

清泉寮は宿泊施設です、僕が毎回宿泊で利用する楽天トラベルで検索してみました、現在コロナ禍の相場にしてはやや高め、そしてバス・トイレ共同の古めの施設。
f:id:earth720105:20200913175158j:image

しかし歴史のある施設で女性に人気のスポット「いやぁ~好きになっちゃってさ」の言葉と共に職場の女性をココへ旅行に誘えばOKしてくれる事請け合いです(多分💧)。
f:id:earth720105:20200913175701j:image

【清里の歴史についてほんの軽くまとめ】
清里の歴史は1938年小河内ダム建設の為に沈む村から28戸の開拓民が移住、しかし不毛の地で栽培できる作物は限られ人々は雑穀農業を営むしかなかった。

そんな清里に現れたのがアメリカ人のポール・ラッシュ、劣悪な環境の地元民に心を痛め清泉寮での無料検診を始める、戦争中は強制帰還されたが戦後に戻って来て、復興の為の豊かな農村づくりを開始、そして清泉寮を復活。

清里農村センターを設立、地元の青年たちに米国式の酪農や高地農業を教え、清里の名は「日本の高冷地酪農の手本」として全国に知れ渡るようになったのである。

開拓者精神が生んだ文化 八ケ岳南麓(上) 誇りの地 巡礼|旅行・レジャー|NIKKEI STYLE

清里開拓の父ポール・ラッシュの銅像、富士山の方角を見つめております。
f:id:earth720105:20200913200046j:image

清泉寮奥には記念センターがあります
f:id:earth720105:20200913202048j:image

酪農と共にポール・ラッシュが普及したアメリカンフットボールの殿堂でもあるみたいですが残念ながら本日はお休み。(入館料500円)
f:id:earth720105:20200913202106j:image

1996年3月28日 ポール・ラッシュ記念センター日本アメリカンフットボールの殿堂は、日米市民の友愛の証しとして完成いたしました。 センターを訪れる方々はきっと時代が変わっても輝きを失わない 「夢と希望の力」 を発見されることでしょう。

そんなフットボールの事なんかより、僕は向かいにある散策路に目が釘付け「ここをチャレンジする人っているんでしょうか?」
f:id:earth720105:20200913202146j:image

ここは地図によればポール邸となっております、Xのロゴ入りで多分ここで暮らしていたのでしょう、何だか所々に駅前を思わせる廃墟っぽい物件が点在しております。。
f:id:earth720105:20200913202557j:image

写真向こうが清泉寮新館、手前の建物ではナイですよ(・д・)
f:id:earth720105:20200913202854j:image

通りを渡って向こう側に行きました、ここには「やまねミュージアム」と「ケンタッキーピクニックフィールド」がありますが、やまねは平日の為に休館でした。
f:id:earth720105:20200913210807j:image

ケンタッキーはチキンやポテトフライの屋台がある賑やかな広場を想像していたらこんなもんでした(´・ω・`)
f:id:earth720105:20200913210838j:image

分かった事は基本女性は清泉寮本館とジャージーハットのエリアにしかおりません「いやぁ~やまねが好きになっちゃってさ」となっても、それは休日に1人で勝手に行って下さい。

やまねミュージアム
開館時間:10:00~16:00
開館日:土・日・祝日のみ開館
入館料:420円

清泉寮本館隣のレストラン
f:id:earth720105:20200913212801j:image

メチャクチャ観光地価格…
f:id:earth720105:20200913212822j:image

本館入口の展示スペースは無料で閲覧できます
f:id:earth720105:20200913212915j:image

職員さんの「こんにちは~」の明るい声につられて入りました、しかし扉の向こうは宿泊施設なので立入不可との事です「じゃあ見るトコここだけですか?」と尋ねたら「ええ」と笑顔で返されてしまいました…。
f:id:earth720105:20200913212850j:image

そしていよいよ女子率高めのジャージーハットへ
f:id:earth720105:20200913214002j:image

まずはソフトクリームを購入(400円)
f:id:earth720105:20200913214034j:image

ジャージー牛だからでしょうか?やや黄色っぽい色のソフトクリーム、皆さんこのアングルで記念撮影をしております。
f:id:earth720105:20200913214147j:image

ミルク味が印象的なソフトクリームで足湯に浸かりながら食べている人達もおりました。f:id:earth720105:20200913213941j:image

草原でフォークダンスを踊るお子ちゃま達、曲は「マイムマイム」大人になった時に過去の黒歴史にならない事を祈るばかりです。
f:id:earth720105:20200913215437j:image

小海線で一緒の電車だったぼっちの女子がソフトクリームを食べております、ブルーのロングスカートが印象的な爽やかな女性でこの雰囲気ならイケるはず、後ろから鼻の下をのばしながらの笑顔で「いゃあ~好きになっちゃってさ」
最悪職員さんに通報されてホルスタイン色の車がやって来る事を考えるとアプローチは控える事にしました💧

 

僕の人生はハズレばかりです(ノД`)
f:id:earth720105:20200913215528j:image

清泉寮
住所:山梨県北杜市高根町清里3545 清泉寮
電話:0551-48-2111(フロント直通) 受付 9:00~22:00 (年中無休)
H.P.:https://seisenryo.jp/

清里のグラタン専門店アミはホワイトソース・パスタ・具材が三位一体の想い出に残る一品

グラタンはその人の食文化への想いが伺い知れる指標になる料理である事が僕の持論です、コンビニで温めるグラタンそして洋食店で手を込んで出されるグラタンどちらも美味しく幸せな気持ちになれる料理、それ故にグラタンに対して愛情のない態度で接する人達には猛反発したくなってしまいます。
僕のお気に入りはホワイトソース・パスタ(マカロニ)・具材の三位一体のハーモニーを感じるグラタン。コンビニ・ファミレスのグラタンも好きな僕ですが、やっぱり手数をかけて愛情を込めて作る店には一線を画す深い味わいがあります、そんなグラタンを求めて訪れた先は山梨県北杜市清里にある「グラタン専門店 アミ」なのです。
f:id:earth720105:20200910192349j:image

グラタンに対する想い

料理の嫌いなウチの母親は出来合いのモノを買って来て皿に移し替えるだけの料理(?)が大得意、特にスーパーで買ったパックの刺身を皿に移し替えて「刺身定食」と自ら名乗っていた代物は週3位の頻度で食卓に出ておりました(x_x)
f:id:earth720105:20200910192555j:image

一方グラタンは器の中で料理を構築し、その後温めて提供する為、皿を移し替えて自分の料理みたいに振る舞うという小手先の技(?)は通用しません。仕方なしに母親はアルミ皿のグラタンのまま「○○ホテルの美味しいグラタン」とかいらぬ蘊蓄を垂れながら食卓に出しておりました。そんなグラタンが憎々しいのか外食先の店で「中が(温まっていなく)冷たい」とかいらぬクレームを店員にぶつける事も多く子供の頃の僕は嫌な思いをしたものです、おかげでグラタンを注文する事が無くなりまともに食べ始めたのは社会人になってから、僕がこれでイイと思っているのだから要らぬ否定はホントご飯の雰囲気を乱すものなのです。

そして現在も職場では、いつも否定から入る日雇いバイトオヤジが「グラタンなんてどれも一緒じゃん!」と言い放っており、全く昔も今も僕の周りは文化の薄い人達ばかりでございます(>_<)

 

夏の青春18きっぷの最終日、普通列車で清里でグラタンランチを楽しむつもりが、まさかの近場の駅で乗り継ぎミスを犯してしまい、別途料金を支払って特急を利用して何とか店にたどり着けた次第です。

JR小海線「清里」駅前

f:id:earth720105:20200911063238j:image

ファンシーな廃店舗

「アミ」は清里駅徒歩3分の店
f:id:earth720105:20200911061752j:image

電車の都合上で1時間程前に到着してしまい駅前の散策で時間をつぶしました。
f:id:earth720105:20200911062009j:image

しかしシャッターが閉まっている店舗が多く
f:id:earth720105:20200911063225j:image

更には駅前ロータリーにも関わらず空室の売店舗の貼り紙、今となっては廃墟マニアに人気のスポットとなってしまいました。
f:id:earth720105:20200911062309j:image

清里駅前の廃墟と化した店の数々、80年代には「高原の原宿」と持て囃されファンシー(死語💧)な店が数々ありましたが現在はこれもんです、当時はぬいぐるみの販売だけで店舗が成り立っていたのですね。f:id:earth720105:20200911062833j:image

時代を感じさせるキャッチコピーの看板
f:id:earth720105:20200911062914j:image

そしてこちらが清里駅前のアイコン的な廃墟物件、上階は蕎麦屋だったみたく何ともミスマッチ(>_<)
f:id:earth720105:20200911065437j:image

当時の人気漫画「Dr.スランプ アラレちゃん」を思わせる巨大ポット
f:id:earth720105:20200915210647j:image

【アニメ】Dr.スランプアラレちゃんの登場人物一覧

しかし当時は写真撮影の大行列が出来ていたそうです、今で言うなら憧れのインスタ映えスポットなのです。
f:id:earth720105:20200912055142j:image

ファンシー&メルヘンな店内が何とも諸行無常
f:id:earth720105:20200911070212j:image

そして時間(時計)は止まったまま。。
f:id:earth720105:20200911070236j:image
f:id:earth720105:20200911070246j:image

向かいの廃店舗はスタイリッシュでナウい(死語💧)外観。職場の日雇いオヤジ(推定58)が若かりし頃に彼女と一緒にクレープをほおばる姿を妄想してしまいます。あの頃は青春でしたが、今では何事にも否定から入る日雇いオヤジ。。
f:id:earth720105:20200911184112j:image

もしかしたら当時から否定的だったのかも知れません「クレープなんてただの皮じゃんかよ!」と彼女の前で言い、帰り道に彼女から別れ話を切り出される姿が想像できます。
f:id:earth720105:20200911184134j:image

そしてもう1つの清里廃墟のアイコン的物件の「ワンハッピープラザ」アゼリアの塔という時計台を中心にしたプチショッピングモール(前回訪問時の写真)
f:id:earth720105:20200913170929j:image

現在は立入禁止で幕がかかっております。
f:id:earth720105:20200912062653j:image

どうやら現在はサバイバルゲームフィールドとして堂々の復活(?)キモイ人面樹の表情が困惑気味に見えるのは気のせいでしょうか??
f:id:earth720105:20200912062714j:image

グラタン専門店 アミ

駅前ロータリーに戻ります、こちらの廃店舗の右側の道を入ると店が見えてきます。
f:id:earth720105:20200912072954j:image
f:id:earth720105:20200912074340j:image

専用駐車場は10台ほど駐車が可能
f:id:earth720105:20200912073008j:image

現在は11:30営業開始(ディナーは17:00開始)感染防止の都合上入店は15名までの為、事前の電話予約は必須です。

開店の時刻に合わせて3台の車が駐車場入って来ました、いずれもカップルでぼっちの僕には厳しい戦いが予想されるランチになりそう(x_x)
f:id:earth720105:20200912074330j:image

入口で店員さんに予約の確認、そして2階に上がります。
f:id:earth720105:20200912074400j:image

カップルでの食事にぴったりの店内でこれは皆さん彼女と行きたがりますよ、ぼっちの僕には全くもって辛い空間ですけど。。
f:id:earth720105:20200912081605j:image
f:id:earth720105:20200912081616j:image

メニューに目を通し当初の予定通り、看板メニューの甲州鶏のマカロニグラタンを注文しました。
f:id:earth720105:20200912122735j:image

・甲州鶏のマカロニグラタン 1000円
(当店看板メニュー)
甲州類帯場(甲州地鶏×赤熟) のかけあわせ 柔らかジューシー
・グラタン屋のほうとう 1000円
甲州名物ほうとうの麺をカレー風味のホワイトソースでクリームパスタ風に仕上げた自信作
・ハンバーグのグラタン 1200円
肉厚ハンバーダと温野菜にホワイトゾースをかけて焼きます
・カニのマカロニグラタン 1050円
ズワイガニが自慢のホワイトソースをいっそう美味しくしてくれます ポビュラーなグラタン
・エビドリア(ライスグラタン) 1000円
サフラン風味のエビピラフにホワイトソースをかけて焼きます

~季節のグラタン~
・夏野菜のグラタン 1250円+税
さっと揚げのナス・ズッキーニ・パプリカ
・コーンとじゃが芋のグラタン 1150円+税
甘いコーンとホクホクのジャガイモ
(自社農園野菜を使用しています)

10分程してミニサラダドレッシングの酸味とシャキシャキのサラダ
f:id:earth720105:20200912123821j:image

その後5分程でお待ちかねのグラタンが登場
f:id:earth720105:20200912150752j:image

コッテリでなく薄味でもない絶妙な具合のホワイトソース、食感が最高の甲州地鶏の具
f:id:earth720105:20200912183250j:image

そしてソースに絡まるマカロニの歯ごたえ
f:id:earth720105:20200912183304j:image

僕の求める三位一体のグラタンの発見、感想はただひとつ「もう一杯おかわりしたい…」でしたが断念、次の客の予約もあるかも知れませんそして僕自身も次の用事もあるので足早に店を後にしますごちそうさまでした、今度来店する時には2種類同時にオーダーする予定そして次回も多分ぼっち訪問になる事でしょう。。
f:id:earth720105:20200912183601j:image

再び廃墟物件の見学

美味しいランチの幸せ気分の後にする事ではナイという話もありますが、とりあえず予定に組んでいたので敢行(観光?)いたします、国道141号線に向かう道路には駅前より更にディープな廃墟物件を見学(?)。
駅前はチョイと時代の流れに合わなく行き遅れた残念が漂う雰囲気なのですが、片やこちらはガチの廃墟。
こちらは廃ホテル、冬の雪が積もった日なんぞはリアル「シャイニング」状態でしょう(゚o゚;ガクガク
f:id:earth720105:20200912192426j:image

メッチャ傾いております、万が一間違って入ったら「エクソシスト」ばりにブリッジしながら階段を降りてくる人が出てきそう(*゚ロ゚)コワー
f:id:earth720105:20200912192607j:image

こちらはリアル「13日の金曜日」
f:id:earth720105:20200913082926j:image
f:id:earth720105:20200912193323j:image

唯一占いの店だけに明かりが灯っております、営業中なのでしょうか?僕は怖くて入れません(T_T)
f:id:earth720105:20200912193404j:image

大型モール店っぽい廃墟、駅前のサバイバルゲームステージみたいに、こちらでもゾンビステージみたいなアトラクションを営業すればイイのに…と無責任な事を思ったりもします。
f:id:earth720105:20200912194820j:image

そしたら職場のみんなでゾンビごっこで訪問しに行くのに~。でもいつも否定から入る日雇いオヤジが「いやゾンビの1作目はモール内で戦う映画ではない、あれは2作目だ!」とか要らぬ蘊蓄を垂れてくる姿が想像できます(>_<)
f:id:earth720105:20200912194825j:image

少しだけソフトな廃墟ホテルを見てホッとしましたがそれも束の間
f:id:earth720105:20200912200218j:image

お隣にはガチハードモードの廃墟…市の職員さんも車で見学しに来ておりました。
f:id:earth720105:20200912200237j:image

一生懸命写真を撮る職員さん「廃墟マニアなんですか?」と声をかけようかと思いましたが「バカにしてるのか!」と返ってきそうなのでヤメました。。
f:id:earth720105:20200912200415j:image

ゾンビごっこの帰り道に皆でココに立ち寄りたいものです、そしたらまた否定から入る日雇いオヤジが一言垂れてくる事でしょう。
f:id:earth720105:20200912200422j:image
「こんなの大した事ねぇ~よ!オレの家のほうがもっと廃墟だもん!」(ノД`)トホホ…

グラタン専門店アミ
住所:山梨県北杜市高根町清里3545
電話: 0551-48-3388
H.P.:http://guratan-ami.sakura.ne.jp/
定休日:不定休(H.P.を参照)
営業時間(現在コロナ対策営業):
AM11:30~PM2:00(ラストオーダー)
PM5:00~PM7:00(ラストオーダー)

青春18きっぷ最終日はあずさ1号で特急ワープ

9月10日は夏の青春18きっぷ最終日、僕は残り1枠消化の為に山梨県清里へ日帰りでおでかけをしました。しかし朝イチに乗り換えミスを犯してしまい、初めて特急ワープを経験した次第なのです。
f:id:earth720105:20200910091209j:image

思えば昨晩は母親が家の鍵を無くしたり色々な煩い事が多く、若干イライラ気味で注意力散漫の出発でした。
そして乗り換えミスをしたのは何と近場の中央線「西国分寺駅」6:41発の高尾行きに乗るべきなのに1本早い6:38発の青梅行きに誤って乗車、ここは8割方の電車は高尾行きなんですよ…。
f:id:earth720105:20200910092155j:image

こんな時に限って運が悪く青梅行き💦僕にとって西国分寺駅は通学で利用していたかなり馴染みの駅、そんな場所でミスをして特急を利用する事になってしまい情けない限りです「次は西立川~」の車掌アナウンスを聞きあわてて下車して「やっちまった~」と嘆く僕。。
f:id:earth720105:20200910092408j:image

急いで立川行きの(戻る)列車へ、この時間だといつ清里に到着するかを検索しました。

当初の清里駅到着時刻は10:30の予定、駅前を散策しながら開店直後(11:30)のグラタン専門店で美味しいランチを食べる予定に暗雲が立ち込めて来ました。

検索結果は下の通り…「何で10分程度のロスで2時間も遅れて到着なんだ(`Д´)ノ」
f:id:earth720105:20200910092444j:image

原因は小海線の本数の少なさ、これがローカル線の怖い所で10:07の次の電車が11:58なんて泣けて来ます。
f:id:earth720105:20200910093730j:image

とりあえず立川6:55発の大月行きに乗って対策を考える事にしました、かなり慌てていたので写真はありません(x_x)f:id:earth720105:20200910151330j:image

清里のグラタン専門店は結構な人気店、12時過ぎで予約遅れの来店だと行列やそれに伴ってのオーダーストップも十分に考えられます、そして何より後日職場で「グラタン食べられなかったんだって(゚⊿゚)」とすぐ人の不幸を嘲り笑う、日雇いバイト連中の顔を思い浮かべると、ヘリコプターを使って飛んでも予定時間内に到着したいものです。

最初は小淵沢まで行ってそこから清里へのバス便を考えて検索しました

「小淵沢駅-甲斐大泉駅、小淵沢駅-清里駅」間のバスルートの検索で本ページをご覧になる方がいらっしゃいますが、ページ下部マップの通り、市民バス並びに観光周遊バスのいずれも、小淵沢駅から小海線の各駅へ向かうバス路線はありません

八ヶ岳の南麓を彷徨って | 日々の糧としての記憶を残して

ホント無慈悲なお知らせ、最悪3駅だし「歩いて行ったろかい」と無謀な事を一瞬思ってしまった僕ですが地方の3駅なんぞはとてつもなく遠いのです(´・ω・`)

そして当たり前の事に気づきます💦特急あずさでワープして10:07分の小淵沢発の小海線に間に合わせる事です「今頃気づいたか!」ってツッコミはよして下さい<(_ _)>

駅すぱあとで調べたら余裕で間に合う乗り継ぎ時間で一安心、そうなると人間は欲が出くるもの、より安い方法の甲府駅で降りて、本来乗るべき電車を待ち構える作戦が可能かどうかを検索、こういう時はいちいち検索せずに全体で判断できる時刻表が便利だな~とつくづく実感、甲府駅で本来乗るべきであった7:53発の松本行きを待ち構えて乗る事が可能な事が分かりました(^^)/
f:id:earth720105:20200910153808j:image

しかし特急あずさに乗る大月駅での乗換時間はたったの6分、しかも知らない駅で買い方がイマイチ分からない特急券の購入にドキドキしながらの車内。
f:id:earth720105:20200910154410j:image

7時50分 大月到着
7時56分発「特急あずさ1号」

そして大月駅に到着、ドアが開く前から待ち構え今回はホントマジモードの乗り換えです。
f:id:earth720105:20200910154453j:image

「急げ~」駅員さんに怒られない程度に急いでおります
f:id:earth720105:20200910174856j:image

そして自販機で特急券を購入、改札のあるホームに特急が停まる事が分かって少し余裕をこいての撮影。
f:id:earth720105:20200910154739j:image

しかし1620円は痛い(>_<)
f:id:earth720105:20200910154758j:image

あずさ1号がやって来ました、18きっぷと普通列車でのでのコツコツした乗り換えや乗車時間を軽く吹き飛ばす特急列車。
f:id:earth720105:20200910155336j:image

たった1駅そして場違いな特急に乗ってしまいとっても居心地の悪い僕
f:id:earth720105:20200910160324j:image

枕なんかいらないよ(`ε´)ノ
f:id:earth720105:20200910160334j:image

でも外の景色は普通列車と一緒(当たり前ですが)列車は笹子トンネル(笹子~甲斐大和)に入ります。
f:id:earth720105:20200910160427j:image

ゴ~~ッ
f:id:earth720105:20200910160909j:image

トンネルを抜けるとぶどう畑
f:id:earth720105:20200910160922j:image

8時27分 甲府到着

普通列車で移動の場合だと、割と中弛みしてしまう区間を一気に駆け抜けたのは良い経験になりました、これからは体調や必要に応じてのワープも利用するのもアリだとつくづく実感(^_^)/ 次の駅「韮崎」に向かうあずさ1号に心の中で手を振る僕なのです。

f:id:earth720105:20200910161614j:image

そして本来乗るべきだった列車8:53発 松本行きに間に合いました
f:id:earth720105:20200910173505j:image

ところで甲府の1つ先の「竜王」駅この駅は以前から知っておりました、中学校時代に担任教師がここから吉祥寺まで通勤していたのです。学校や職場で遠方から来る人って必ず1人はいますが、教師が1番遠い場所って珍しいパターンじゃナイでしょうか?あと絶対に奴は立川~甲府間は特急に乗って行き帰りしていた筈です、さっき調べたら片道料金が3000円…ありえませんょ。。ホント大した指導もしてナイのに、学校から多額の定期代を貰ってよく通勤できたなと思います。
f:id:earth720105:20200910164101j:image

そして列車はズンズン小淵沢目指して進みます
f:id:earth720105:20200910164450j:image

9時43分 小淵沢到着

向かいのホームに小海線の列車が見えます、何とか間に合う事が出来て感無量
f:id:earth720105:20200910165358j:image

カラフルな駅標の小海線ホーム
f:id:earth720105:20200915060115j:image

そして泣かせる時刻表です
f:id:earth720105:20200910165435j:image

いよいよ出発、たったの3駅ですがどんどん標高が高くなっていく山あり森ありの難ルートで歩いて清里までなんて今更ながらとんでもない話です(x_x)
f:id:earth720105:20200910170631j:image
f:id:earth720105:20200910170712j:image
f:id:earth720105:20200910170723j:image

JR最高峰の駅が1つ先の野辺山駅(標高1345m)どこでも歩いて行けると思ったら大間違いなのです。
f:id:earth720105:20200910170856j:image

10時33分 清里到着
高原は肌寒くもう秋の気配、半袖だとやや寒く感じます、早くグラタン食べたい(゚◇゚)
f:id:earth720105:20200910170927j:image

迷惑勧誘のブラック企業を見守るホワイトなお城

ブラック企業に3ヶ月

30代の時に3ヶ月だけ勤務していたブラック企業がありました、まぁ睡眠時間がネコ科の動物並(10~15時間)の僕にとっては大半の会社がブラック企業になってしまう訳ですが、朝早くから朝礼そして終電間近の電車にあわてて乗って帰宅なんでありえませんよ。。そんなブラック会社に僕が3ヶ月も(?)続けていられたのには訳があります。それは

💧研修期間中で大目に見て貰っていたからです💧

それでも平均退社時間は20時頃で僕にとっては無茶苦茶ハードワーク、正式採用になる前にどういう辞め方が一番スムーズかな?とそればかり考えておりました。

本社は静岡県掛川市、支店長は(社長の息子)親の資金を元に東京に進出して来たらしく、ここ掛川が本社そして本丸と言えば掛川には小高い丘の上にホワイトなお城があります、前置きが長くなりましたが夏の猛暑日掛川城にお邪魔しました。
f:id:earth720105:20200829195722j:image

お城の天守にはいくつかの種類があります。
◆現存天守
江戸時代から残っている由緒あるリアル城(姫路城・松本城など)
◆復元天守
資料を元に作り直したレプリカ城、木造で復元した天守(白河小峰城)・鉄筋コンクリートで復元した天守(名古屋城・熊本城など)
◆復興天守
かつて天守は存在していたのですが、資料がないので妄想で造ったイミテーション城(大阪城・小田原城など)
◆模擬天守
城が存在していた記述や資料もないのに観光向けに適当(失礼)に造ったブラック城💦

もう支店長がちゃっかり造っちゃいそうな模擬天守ですが、ここ掛川城は市民の熱意により平成6年に建て直した堂々たる木造復元天守で、小高い丘の上からインチキベンチャー会社を見守っているのです。
f:id:earth720105:20200829203132j:image

朝礼で「金儲けの話がしたい」

掛川城の営業時間は現在は10時から、JR掛川駅の改札口を見ていると、かつて朝の朝礼で出てくる支店長のありがたいお言葉の数々をつい思い出してしまいます。
f:id:earth720105:20200829204650j:image

「オレはそんな事より金儲けの話がしたい」
「オレは金より時間の方が欲しい」
「オレは結果を出さない奴は信用しない」
「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」
と朝っぱらから名言のオンパレード💦(太字はガンジー名言集より抜粋で支店長は言っておりません>_<)

皆さんの昨日の業務報告と今日の抱負の後に、支店長のありがた話が始まる訳ですが(朝礼が)終わった頃にはマジで帰りたくなりますよ。。結局辞めた理由は寝坊してバックレた僕(ノД`)当然ながら給与は振り込んでくれませんでしたが、本社に給与未払いだから労働基準監督署に報告する旨の内容証明を郵送、後日会社に行って手渡しで頂きました。
内容証明は「カバチタレ」1巻の裏表紙を丸パクリです。
f:id:earth720105:20200830155622j:image

まんが王国 『カバチタレ!』 青木雄二,田島隆,東風孝広 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

ラッピングバス「あなたの夢描いたつづきは掛川で」とかベンチャー会社社長が好みそうなキャッチコピー、幸いにも本社とは逆方向を走っておりました。
f:id:earth720105:20200829212354j:image

寂れた商店街を通り掛川城へ、さっき地図で調べましたが本社はもっと先を右側、もちろん在職中には行った事がない本社で、また行きたくもない本社なのでした。
f:id:earth720105:20200829212504j:image

掛川城入口
f:id:earth720105:20200829212527j:image

四足門
f:id:earth720105:20200829212546j:image

本丸公園とキレイな景色が続きます、とても近所にブラック会社が存在しているとは思えません、本業は印刷なのですが、取引先のエステ店からノウハウを丸パクリして脱毛エステ店をオープンしたりして、リク○ートっぽいやり方なんですよね~無駄に仕事の拘束時間が長いのもソックリ。
f:id:earth720105:20200829212804j:image

会社たるもの本業を堅実に一歩ずつ進んで行きたいものです。
f:id:earth720105:20200830113212j:image
f:id:earth720105:20200830065813j:image

そんな事を考えながら天守入口へ、入場料は410円(御殿見学共通券)

1階や2階に比べ4階の望楼部が極端に小さいのは、殿舎の上に物見のための望楼を載せた出現期の天守閣のなごり、ここが城好きには好き嫌いの分かれる所でしょう。
f:id:earth720105:20200830070123j:image

城内部は木造復元の堂々たる雰囲気、展示はパネルメインで今ひとつかもですが、後で行く御殿の展示に期待して天守の雰囲気を満喫します。
f:id:earth720105:20200830071030j:image
f:id:earth720105:20200830071043j:image
f:id:earth720105:20200830071053j:image

やっぱり掛川城といえば山内一豊、関ヶ原の戦いの直前に諸将が東軍西軍への去就に迷う中、真っ先に「城を明け渡してもお味方します」と居城の掛川城を家康に提供する発言をして、一気に各諸将も東軍に組する事を決意しました、妻・千代の「内助の功」も含め城主に相応しい人物です。
お茶街道:人物:山内一豊

消費者庁から行政処分

天守から臨む掛川市、支店長はサイドビジネスの社長にも兼任で就任しますが、道を外し気味の経営で2018年に国から行政処分を受けます。
f:id:earth720105:20200830080506j:image

消費者庁によりますと、客が契約の解除を申し出たにもかかわらず「1回施術をしたからクーリングオフはできない」との嘘を伝え、また2時間を超える迷惑な勧誘を行った他、未成年の学生に対しておよそ190万円の契約を結ばせるなど、不適当と認められるほど高額な契約の勧誘を行ったという事で、特定商取引法違反で、新規契約など一部業務を6カ月間停止するよう命じた。

こういう事をやりそうな人だと当時から思っていたもん(´・ω・`)

掛川城は守りの為に色々な仕掛けがあります。
武者隠し
城主を警護する武者たちを忍ばせていた部屋
f:id:earth720105:20200830085231j:image
狭間(さま)
城の内側から鉄砲や弓矢で敵を玫擎する為の穴
f:id:earth720105:20200830085245j:image
石落とし
床の一部を石垣の上に張り出させて、敵が攻めてきた時に家板を開け、そこから石を落としたりして攻撃するためのもの
f:id:earth720105:20200830085302j:image

元従業員からの口コミ

一方行政処分を受けた会社は家臣(従業員)からの密告が相次いでおります(x_x)

過去に働いていました。本当に最悪店です。売上売上売上。機嫌が悪いと社長直々に怒鳴られます。営業停止中なの分かってる?って感じです。
求人情報と違いすぎてほんと訴えたいくらいです。内容によっては訴える事できるんですかね?内部告発?みたいになるのかな?

天守を後にして御殿に向かいます、本社とサイドビジネス会社みたいな関係なのでしょうか?
f:id:earth720105:20200830091326j:image

入口には売店「大名カレー(写真右下)」がオツなものです、あの会社にはブラックカレーが…(以下略)
f:id:earth720105:20200830093258j:image

黒光りしてる殿様の鎧が展示、近くにあるブラック会社の殿様は家臣(従業員)からの密告が次々と。。
f:id:earth720105:20200830093415j:image

とにかく売上売上売上…。
帰宅が0時近くはよくありました。売上を毎日閉店後に報告するんです。
店舗数(閉店時間はどこもほぼ一緒)に対して、報告先は社長か、たまに各エリアマネージャーへ報告なので、電話がとにかくつながらない。余計に帰れない。やっと繋がっても、売上や社長の気分次第で帰るなと言われることもザラ。残ったからといって1円の売上にもならないのに…。
睡眠時間削ってギリギリの日々を送り、頻繁に行われる意味のない東京での会議、各エリアでの会議、会議後の飲み会は地獄。社長接待です。日付が回るギリギリまで飲み、エリアによっては翌朝始発で戻り、そのまま店舗出勤…です。
1年間でどれだけのスタッフを見送ったか…。当然だと思います。
サービス業として破滅してますし、私がお客様の立場なら絶対に契約したくないです、憧れよりもお客様への申し訳なさの方が勝り退職しました。

香ばし過ぎる社長…僕が知っていた頃から更にアップデートした感があります。。僕だったらこの御殿に本社を構え10時~17時の勤務で残業はゼロ、お昼寝時間は縁側で2時間の健全ホワイト会社にするのです。
f:id:earth720105:20200830095530j:image

女性社員は着物着用、そして殿様(社長)の僕は悪代官ばりに「よいではないか」と語りながら帯を手繰り寄せ女性社員はクルクル「あれぇ~~」
f:id:earth720105:20200830095634j:image
それも十分ブラック企業です(ノД`)

 

※引用部分については若干のリライトをしております、こちらが引用先です。

http://esthe-union.com/report/0330-belle-lumiere/
https://datumoucheki.xsrv.jp/reputations/28
https://datumoucheki.xsrv.jp/reviews/3752

掛川城
住所:静岡県掛川市掛川1138番地24
TEL:0537-22-1146
入場料:410円
開館時間 :9時~17時(入館は16時30分まで)※現在は10時~16時
休園日:年中無休
駐車場:専用駐車場はございませんので、近隣の有料駐車場をご利用ください。
H.P.:http://www.kakegawajo.com
http://kakegawajo.com/tensyu/

ぼっちの格安Go toトラベルキャンペーン

~初心者向けの内容です~

貧乏旅行を常としている僕、現在宿泊費が安いのは嬉しい限りなのですが、コロナ禍の状況を踏まえると複雑な気分です。

職場で旅行に行った事を聞かれた際に、必ずGO toトラベルキャンペーンの事について質問を受けます、詳細が分かり辛く内容を把握していない人も多いらしく(僕の周りだけ💦)また自身の再認識の為にも記事にまとめてみました、拙い箇所が多いのはお許し下さい。

僕はJRの格安きっぷで現地に向かう途中の電車内で、トラベルサイトで気に入った宿泊施設を選び予約、その時(予約時点で)キャンペーンの割引を利用しております。

 

Go to トラベルキャンペーン

Go to トラベルキャンペーンそのものは、実施期間を2020年7月22日から最長2021年3月15日とされている。 個人旅行は2021年1月末まで、修学旅行に関しては2021年3月分までを対象とする方針が打ち出されている。 ただし、予算額(1兆3500億円)到達すれば期間は短縮される。

僕の場合宿泊は楽天トラベルを利用しておりますが、2点ほど注意事項をピックアップします。

東京発着の旅行については、既に予約されているものも含め、当面の間、支援の対象外となります。対象外となる定義は以下のとおりです。宿泊施設へのチェックイン時に、住所が証明できる書類(運転免許証等)の提示を求める場合がございますので、ご用意ください。
①東京都が目的地となっている旅行
②東京都に居住する方の旅行

Go toトラベルキャンペーンによる旅行代金への最大35%の割引を適用するには、予めGo toトラベルキャンペーンクーポンを獲得・利用することが必須となっております。ご予約完了前に必ず、旅行代金に対してGo toトラベルキャンペーンクーポンの割引が適用されているかをご確認の上、ご予約くださいますようお願いいたします。

※いずれも楽天トラベルサイトより引用

予約前キャンペーン適用のホテルかどうかを確認後、青丸部分をクリックしてクーポンを獲得、一度獲得すると、ずっと適用のままになります。
f:id:earth720105:20200826065134j:image

申込み時には適用外の料金が表示されますが
f:id:earth720105:20200826070144j:image

下までスライドすると適用料金が出てきます
f:id:earth720105:20200826070231j:image

そして予約ボタンをクリック、後は現地でチェックイン時に「楽天トラベルで予約した○○です」とフロントに伝えるだけでOKです。
f:id:earth720105:20200826070359j:image

 

ぼっち旅行で気を付けている点

感染リスクをゼロにする事は出来ませんが、気を付けながらの旅行を心がけております。まぁ僕の場合はいつもの事なのですが、他人と距離を置きそして他人から距離を置かれる気ままな1人旅。。人混みを避けて穴場的な神社・仏閣などに積極的に訪問、静かな雰囲気で風が気持ち良く旅行が一層思い出深いものになります。(写真は新潟縣護國神社)
f:id:earth720105:20200827074138j:image

夕方のチェックイン後はホテルに籠もって昼間に訪問した先のブログ記事作成、ダラダラと書いては寝てを翌朝まで12時間ほど繰り返しております(x_x)。無駄遣いもせずに一石二鳥、但しブログ内容がだらけてしまうのが難点、まぁこれは毎度の事なのですが。。

 

そして移動はJRの格安きっぷ、お金は無いけど時間のある僕にぴったり、普通列車(快速列車)で乗り継ぎしながら関西や東北辺りまで足をのばす貧乏旅行なのです。

青春18きっぷ

期間限定でJR全線の普通、快速(新快速、通快、特快などを含む)乗り放題のきっぷ、但し特急・新幹線は利用出来ません。
〈料金〉
5回分(期間内で任意の5日)使用で12,050円(1回あたり2,410円)
〈期間〉
春季 :発売期間 2/20~3/31・利用期間 3/1~4/10
夏季 :発売期間 7/1~8/31・利用期間 7/20~9/10
冬季 :発売期間 12/1~12/31・利用期間  12/10~1/10
※2020年現在

僕の場合は5日連続の旅行はしんどいので、2泊3日と1泊2日の2回の旅行で計5回分を利用する場合が多いです。

主要区間の移動時間
東京〜名古屋 6時間30分
東京〜京都  9時間
東京〜大阪  9時間30分
東京〜仙台  6時間30分

繰り返しになりますが、もし長時間移動が面倒になり新幹線・特急等を利用する場合は18きっぷは利用できずば乗車料金(運賃)・特急料金共に支払わなければなりません、電車移動が好きな人は(僕みたいに)大丈夫ですが、長距離の場合は忍耐を要する移動になります。また私鉄・第3セクターの路線は利用不可、そして伊勢志摩に向かう「快速みえ」等は一部区間は私鉄路線を通る為、別途料金が必要になります、詳しくは専門サイト(?)をご覧下さい。

 

秋の乗り放題パス

秋は青春18きっぷの利用期間がありませんが、「秋の乗り放題パス」は期間中連続3日間乗り放題、これからの秋の行楽にぴったりのきっぷです。

料金:7,850円(こども3,920円)
発売期間:9月12日〜10月23日
利用期間:10月3日〜10月25日
青春18きっぷとの違いは
・利用日数が3日間で3日連続して利用しなければならない
・複数人の利用ができない
・子供用がある

等があります、1日の単価が高めですが、比較的天候に恵まれたシーズンの格安旅行が楽しめます。

僕も今後の社会情勢を踏まえた上での、秋の激安トラベルを💦検討中なのです。

日本海の水族館でぼっちのキモオヤジ

連日暑い日が続いております、こんな日は海を見ながらついでに水族館にも訪れて優雅に泳ぐお魚さんを見たいものです、但し僕にとっては高いハードルがございます、それは水族館はギャル・カップル・ファミリーが圧倒的に多い事。

江ノ島水族館や八景島シーパラダイスなどはリア充の人達ばかりで賑わっている事でしょう。ぼっちで日雇いの僕なんかが訪問したら皆から石を投げられるんじゃナイか?とか被害妄想が次々と出てきます、考えたあげく遠方であれば旅の恥(?)は書き捨て状態で、幾分肩身の狭さは緩和されるのではないかと思って出向いた先は「マリンピア日本海」
f:id:earth720105:20200824074800j:image

ついでに初めて行った日本海

日本海は、1日の干満の差が太平洋岸の1.5~2.5m程度に対して0.2~0.4m程度と小さいのが特徴です。また平均潮位も夏は高く冬は低いため、夏に干満の範囲となる場所の大部分が冬には干上がってしまい、夏の間に磯の上部に付いたフジツボやカメノテなどの付着生物は長く生きられません。このため、日本海の磯の上部には生き物があまり見られません。
引用先:マリンピア日本海館内パネル

何だか夏でも寒々とした印象なのは僕だけでしょうか?ただ海はとっても青く、いつも見る海の湘南あたりとはえらい違いです。
f:id:earth720105:20200824122927j:image

目次

館内は沢山の魚や動物が泳いでおり見どころが沢山。入場料は1500円
f:id:earth720105:20200824124102j:image

アクセス(新潟駅からバスの場合)
・新潟交通路線バス 系統C-22 水族館線 (バスターミナル7番線)
・新潟市観光循環バス 白山公園先回りコース (バスターミナル2番線)
いずれも210円で新潟駅前万代口バスターミナルから出発、僕は循環バスに乗って20分ほどで到着しました。

新潟駅前  のりば地図  |  新潟交通
f:id:earth720105:20200824125621j:image

ギャルがいっぱい

入口近くにある清涼感と幻想感あふれる水槽にこんにちは、これぞ水族館って感じ。
f:id:earth720105:20200825004242j:image

続いて名前に惹かれてマングローブの水槽へ、どんな魚なんだろう?勝手にピラニアみたいな魚を妄想していたのですが、何か植物の総称みたいでした…相変わらず無知な僕💧
f:id:earth720105:20200825004257j:image

マングロープは温帯から亜熱帯域の河口汽水域の潮間帯に発達する森林です。オヒルギやヤエヤマヒルギなどは、 地表からタコ足状に斜めに伸びる支柱根で幹を支えています。 この根や幹の広がりは多様な環境を作り出し、 様々な生物の生育場所となっています。

マツカサウオはキンメダイ目で外見に似合わず食用でも美味しいらしいです。
f:id:earth720105:20200825010223j:image

そして干潟に生息するハゼ、ところでさっきからギャル達が「キモイんだけど」と言いながら写真を撮っているのですが、隣にいる僕の事を言われている気がして仕方ありません(´・ω・`)
f:id:earth720105:20200825010254j:image

日本海を模した大きい水槽には色々な魚がおりますが
f:id:earth720105:20200825013635j:image
f:id:earth720105:20200825013646j:image

キモイ大賞はこの魚コブダイお隣で鑑賞しているギャル達に「僕とどっちがキモイ?」って語りかけたくなります。
f:id:earth720105:20200825065906j:image

クラゲ水槽の前に佇むキモオヤジをギャル達はどういう目で見ていたのでしょうか?今更ながら気になって仕方ありません。
f:id:earth720105:20200825070030j:image

ギャル達に「僕とマングローブ」なんて語りかけたら、確実に係員と警官が駆け付けて来る事でしょう(ノД`) (写真右下の魚はムラソイ)
f:id:earth720105:20200825071037j:image

♪桃色サンゴで手を振って~僕のキモさを眺めいたよ♪とつい替え歌を口づさんでしまいます。
f:id:earth720105:20200825071415j:image

幻想的な雰囲気の水中トンネルでぼっち発見、ただし彼は高価そうなカメラを手にしての撮影、良い写真を撮りに来た大義名分があり周りの皆さんからはカメラマンという認識なのでしょう。
f:id:earth720105:20200825075519j:image

一方キモオヤジの撮影はこんなもんです。。
f:id:earth720105:20200825075535j:image

カップルがいっぱい

動物のいるコーナーへ向かいました、水族館内はバリアフリーの場所が多く、どのフロアのどこにいるか分からなくなってしまう僕、詳しくはホームページや案内板を見ながらの移動です。
f:id:earth720105:20200825122741j:image

残念なお知らせですが、日本海マリンピアでは現在ラッコの入手が難しいこともあり飼育はしておりません。
f:id:earth720105:20200825184945j:image
クータンの死亡(2020年3月23日)と共にラッコ飼育を終了、かわいい顔したクータンを見たかったものです。
f:id:earth720105:20200825184952j:image

アメリカビーバー

北アメリカ大陸の樹林帯にある湖沼や川・湿地に生息します。げっ歯目の中ではカピバラに次いで大きく、全長64~120cm、体重11~32kgになります。総排泄口の中に生殖器官があるため、外見上では雌雄の区別ができません。

f:id:earth720105:20200825184124j:image

いざその場でその気になってオスだったらガッカリビーバー(T^T)まぁ人間界でも似たような事がたまにあるみたいですが。。

 

ペンギン海岸は、かわいいペンギン達をカップル達が微笑ましく見ております、ペンギン達もカップルなのかしら?
f:id:earth720105:20200825193705j:image

みんな仲良しで楽しそう
f:id:earth720105:20200825193651j:image

ですが僕に似たペンギンを発見してしまいました「場違いでスイマセン」的な佇まいに感情移入してしまい目が釘付け。
f:id:earth720105:20200825193741j:image

近くのマリンサファリでも、カップルに混じりながらボッチ見物、アザラシから「お前はダメだね~」と言われている気がして仕方ありません。
f:id:earth720105:20200829074531j:image
f:id:earth720105:20200829072042j:image

ファミリーがいっぱい

最後は15時30分からのイルカショーを見にドルフィンスタジアムへ
f:id:earth720105:20200826001503j:image

座席はファミリーで賑わっており、比較的空いた日の当たる席でイルカを待ちます、暑いわファミリーの皆さんの視線が痛いわで「早くショーが始まれ」と願う僕。
f:id:earth720105:20200826001518j:image

ショーが開始、正味10分程の短時間でしたが元気に跳ねるイルカさん達
f:id:earth720105:20200826001846j:image
f:id:earth720105:20200826001905j:image

軽快な音楽に合わせて目の前でお子ちゃまが踊り始めました
f:id:earth720105:20200826001917j:image

ぼっちに水族館はやっぱりハードルが高っ…
(ノД`)

新潟市水族館マリンピア日本海
住所:新潟市中央区西船見町5932-445
TEL:025-222-7500
H.P:https://www.marinepia.or.jp/
開館時間:9:00~17:00
休館日:12月29日~1月1日、3月の第1木曜日とその翌日
入場料:1500円

磐越西線は風にのって~SLばんえつ物語号乗車記~

職場で日雇いのNさんは、若い頃から新宿の踊れるお店で夜遊びするのが趣味のロック好きオヤジ53歳。しかし現在はコロナ禍の影響で行きつけの踊れる店は休業中、今後やむなく閉店の可能性も十分に考えられます。
「あの店に行けないのならロン毛にしてたってしょうがナイ💧(涙)」
そう思ったのでしょうか?髪をバッサリ切って職場にやって来たNさん。
彼にとっての青春だった場所、その場所に行けない事を悲しみ、自ら青春にピリオドを打ったのでしょう、身につまされる話です。

僕の青春の場所はまだ手の届く範囲にあるはず、そう思って仕事帰りにJRみどりの窓口で買ったSLばんえつ物語号指定乗車券
f:id:earth720105:20200823084015j:image

磐越西線は5年程前に初めて青春18きっぷを使い、会津若松への日帰り観光を行った際に利用した思い出の路線です。3年程前には非電化区間(新津~会津若松)も体験したく阿賀野川の流れを感じながら新津から喜多方のラーメン屋を目指しました。
今回は蒸気機関車牽引の「SLばんえつ物語号」に乗車した次第です。(写真は前回訪問時に新津駅にて撮影)
f:id:earth720105:20200824061532j:image

「SLばんえつ物語号」は全席指定、指定乗車券は530円で運賃は別途ですが、運賃は青春18きっぷの利用が可能で磐越西線の非電化区間を走る格安のSLの旅が楽しめます。

新潟駅近くのホテルに宿泊して、翌日10時19分の新津駅発のSLばんえつ物語号に乗車。
※SLばんえつ物語号は新津駅発で新潟駅からは乗車出来ません。
f:id:earth720105:20200823091225j:image

9時19分発 新潟~新津(信越本線)
f:id:earth720105:20200823112923j:image

前部分がクロスシートそして後部分がロングシートの新型車両(多分💧)ロン毛の為のロンゲシートもあればイイのに。。そんな下らない事を考えてたらあっという間に新津駅に到着しました所要時間は約20分。

1番の懸念材料はSLの不具合により、急遽ディーゼル機関車の牽引になってしまう事です、後日職場で「SLは来なかったんだって
(゚⊿゚)」とすぐ人のアクシデントをせせら笑うロン毛の顔を思い浮かべると、是非とも運行はSLであって欲しいものです。
f:id:earth720105:20200823113446j:image

向かい側ホームの先頭車両から煙がモクモクと出ており本日の運行は蒸気機関車(SL)で間違いナシ ざまみろロン毛(゚Д゚)
f:id:earth720105:20200823114654j:image

10時17分発 新津~会津若松(快速ばんえつ物語号)
f:id:earth720105:20200823114927j:image

メチャクチャ大人気です
f:id:earth720105:20200823124715j:image

車輪部分に目が釘付けの鉄オタ
f:id:earth720105:20200823125025j:image

国鉄C57形蒸気機関車は、日本国有鉄道の旅客用テンダー式蒸気機関車である。マスコミなどでは「貴婦人」の愛称で紹介されることも多い。鉄道ファン等からは「シゴナナ」と呼ばれている。

国鉄C57形蒸気機関車 - Wikipedia

f:id:earth720105:20200823125250j:image

もう一つの懸念材料は指定席の対面がどんな人なんだろうか?なのです、事前にみどりの窓口で対面に乗客がいる事は把握しておりましたがどんな人だろう。。
f:id:earth720105:20200823142537j:image

向かいの席は男梅サワーが置いてあり「左とん平」に顔がよく似た鉄オジサンでした。彼は隣席まで指定券を購入して1人状態にしたみたいです、とん平タブレットで調べたら4人掛けボックスシートはとん平と僕の2人だけ、めでたしめでたし(・∀・)
f:id:earth720105:20200823143826j:image

最初は窓を開けて動画を撮りテンションMaxだったとん平ですが、路線の半分を過ぎた辺りから居眠りしておりました…もう持続力の無さがロン毛そっくり(x_x)
f:id:earth720105:20200823142742j:image

とてもお洒落な客車、以前普通列車で新津~喜多方を乗車した経験上なのですが、座席は会津若松方面なら進行方向右側、新津方面なら進行方向左側の方が阿賀野川の流れが沢山見れます。乗車後に確認しましたが、やはり右側が鉄オタ、左側がファミリーの住み分けが成されている気がするのは僕だけでしょうか?
f:id:earth720105:20200823142920j:image
f:id:earth720105:20200823142939j:image

1号車 オコジョ展望車両
2,3,6号車 普通車指定席
4号車 展望車
5号車 売店・普通車指定席
7号車 グリーン席

甲高い汽笛の音が鳴っていよいよ出発、写真ではうまく撮れませんでしたが、蒸気機関車の煙と共に、線路沿いで見物する皆さんが笑顔で僕達に手を振ってくれます、これはホントSL乗車ならではの醍醐味だと実感。
f:id:earth720105:20200823144807j:image

発車してしばらくして4号車に行き、1号車展望席見物券の行列に並びました、時間帯別に分かれており僕は1番遅い時刻12時40分の整理券をゲット。
f:id:earth720105:20200823145727j:image

もちろん4号車の展望車は随時利用できます、とん平が窓開けて撮影して暑いのでこっちの方が涼しいし(ノД`)

但し長時間の利用はNG、そして清掃時間は指定の席に戻りましょう。
f:id:earth720105:20200823145829j:image

備え付けのスタンプ機でスタンプを押して
f:id:earth720105:20200823150740j:image
f:id:earth720105:20200823150757j:image

こちらも一緒に封筒に入れて
f:id:earth720105:20200823150818j:image

ロン毛の職場にロン毛の名前で備え付けのポストに投函しようかと思いましたが、すぐに犯人が僕だと分かるのでヤメにしました。。
f:id:earth720105:20200823150913j:image

そんな僕の下らない考えをよそにばんえつ物語号は市街地(これでも💧)を走り抜けていきます。
f:id:earth720105:20200823151228j:image

3号車でやり過ぎな撮り鉄を発見…
f:id:earth720105:20200823151307j:image

5号車の売店に移動、お弁当が売っておりましたが行列の長さに断念。
f:id:earth720105:20200823153650j:image

老若男女問わず人気の車両(路線)なんですね…つくづく感心します。
f:id:earth720105:20200823153657j:image

7号車のグリーン席は途中駅の津川駅にて撮影
f:id:earth720105:20200823154116j:image

そして列車はいよいよ阿賀野川沿いを走ります、磐越西線の非電化区間が「森と水とロマンの鉄道」と言われる所以です。
f:id:earth720105:20200823154719j:image

咲花駅を越えた辺りから一気に川の風景が広がります
f:id:earth720105:20200823155343j:image

始めは進行方向左側に現れる阿賀野川
f:id:earth720105:20200823155410j:image
f:id:earth720105:20200823155448j:image

三川駅を過ぎた辺りから圧倒的に右側が多くなってきます。
f:id:earth720105:20200823155931j:image
f:id:earth720105:20200823155947j:image
f:id:earth720105:20200823160003j:image
f:id:earth720105:20200823160017j:image

そして津川駅でSLの点検・給水タイムで15分程停車、皆さんいそいそと降りて行き記念撮影。
f:id:earth720105:20200823160633j:image

でも作業員は暑くて大変そう
f:id:earth720105:20200823160725j:image
f:id:earth720105:20200823160643j:image
f:id:earth720105:20200823160744j:image

津川駅ホーム内の待合室
f:id:earth720105:20200823161226j:image

一見のどかな駅っぽいですが、冬は洒落にならない豪雪地帯なのです、以前画像で見ました。
f:id:earth720105:20200823161238j:image

そして再びばんえつ物語号は出発
f:id:earth720105:20200823161932j:image

日出谷駅に停車、磐越西線に多く見かけるレトロモダンな駅標。
f:id:earth720105:20200823162115j:image

誰か住んでいるのでしょうか??
f:id:earth720105:20200823162144j:image

そしてここら辺りから、向かいのとん平は居眠りを始めておりました(-_-)zzz
f:id:earth720105:20200823164353j:image

ここら辺が個人的にはハイライトなのに全くもったいない、あと豆知識なのですが福島県側の呼び名は阿賀川です。
f:id:earth720105:20200823164723j:image

阿賀川は福島県会津盆地を流れる川、新潟県に入って阿賀野川となり日本海に注ぐ。

徐々に田園風景も多くなってきます
f:id:earth720105:20200823165107j:image

野沢駅で赤べこが出てきたのは、会津若松が近づいている証拠なはず。
f:id:earth720105:20200823165206j:image

これはSLの煙で決して火事ではありません。。
f:id:earth720105:20200823165239j:image

車内放送があって山都駅で2度めの給水タイム、記念撮影およびホーム脇喫煙エリアで煙草を吸う方々もおります。
f:id:earth720105:20200823171329j:image

ここは蕎麦の街、やはり駅からやや遠めの場所に名店があるのでしょうね…そしてお隣は有名なラーメンの街。
f:id:earth720105:20200823171515j:image

山都そばについて | いいでとそばの里 -喜多方市ふるさと振興株式会社 山都事業所-

山都駅を過ぎると最後の楽しみにとっておいた1号車オコジョ展望車両に入場の時間です、ラッキーな事に橋を渡る瞬間でした。
f:id:earth720105:20200823173607j:image
f:id:earth720105:20200823173628j:image

小さくて分かり辛いですが撮り鉄の皆さんも手を振っております、こんなに車があるのは名撮影スポットなのでしょうか?後で調べてみましたがどうやら支流の深山川を渡るスポットみたいです(不確かな情報でスンマセン<(_ _)>)
f:id:earth720105:20200823173640j:image

そしてようやく1号車のオコジョ展望車の見学時間がきました、車両の前は蒸気機関車が力強く走っております、皆さん高価そうなカメラにデカいレンズ付けてカシャカシャ。
f:id:earth720105:20200823175239j:image

まぁ僕の写真は毎度おなじみスマホカメラでこんなもんですょ…
f:id:earth720105:20200823175257j:image

トンネルを出て下り坂を走り抜けると列車は会津盆地に入って行きます。
f:id:earth720105:20200823180154j:image
f:id:earth720105:20200823180207j:image

喜多方駅で降りる乗客が多めでした、やっぱりお昼時でラーメン食べたいですものね。
f:id:earth720105:20200823180336j:image

磐梯山が見えてくると、もうすぐこのSLの旅も終わり会津若松駅に到着します。
f:id:earth720105:20200823181723j:image

13時35分 会津若松駅到着

振り返ってみると同じ時間を過ごした割には交わす言葉が少なめだった向かい席のとん平さん、もう少しお話すれば良かったかな?という若干の後悔もありますが、色々な想いを胸に抱きながら風に乗ったばんえつ物語号には余計な言葉はいらなかったと思っております。
f:id:earth720105:20200823183022j:image

お互いに好きな事をやりながらも、時々同じ車窓から同じタイミングでカメラを撮り同じ景色に見入ったのはお互いに豊かな時間であった筈、別れ際に「ありがとうございました」お互いに一礼して席を後にしました、またどこかの列車でお会い出来る時があればと願っております。

青春18きっぷの上越線 新清水トンネルと田んぼとキハでゴッ~

先週に引き続き週末に青春18きっぷを利用してのプアトリップ(貧乏旅行)を試みます。

今回は初めて訪問する新潟駅、ついでに日本海にも立ち寄って、この夏に海に行った既成事実だけを作りたくて一路北へ向かいました。

午前5時35発 大宮~高崎(高崎線)f:id:earth720105:20200822072934j:image

まぁ高崎線は埼玉郊外の典型的な街並みを走る路線で面白くもない景色がずっ~と続きます。路線住民以外の埼玉県民は交通違反や免許更新時に、鴻巣の免許センターに行く時、イヤイヤ高崎線に乗るくらいです。(失礼な事を言っております💧)

上尾駅前の花壇、初っ端からボケボケ写真です。
f:id:earth720105:20200822073102j:image

そして行田駅を越えた辺りから更に田舎感を増す風景にバージョンアップ。
f:id:earth720105:20200822073333j:image

深谷駅は駅前に昔からあるゲーセンが今でも健在、駅前にゲーセンなんて今ではレアな光景。
f:id:earth720105:20200822073801j:image

神流川を越えると群馬県
f:id:earth720105:20200822085421j:image

そして電車は高崎駅へ
f:id:earth720105:20200822085446j:image

ズレたタイミングの撮影になった上信電鉄の高崎駅ホーム、一瞬を撮れないスマホカメラとダメな僕。
f:id:earth720105:20200822085523j:image

7時11分 高崎~水上(上越線)
f:id:earth720105:20200822095426j:image

いよいよ本番の上越線に乗車、他の路線に比べ圧倒的に山登り・ハイキング姿の乗客が目立ちます。水上行きですがそれより先新潟方面長岡行きとの接続がある電車は本日(土曜日)1日6本のみ、水上より先は魔境の地なのです。

上越線は渋川駅を過ぎた辺りから、田舎度が徐々にアップ。
f:id:earth720105:20200822103127j:image
f:id:earth720105:20200822103140j:image
f:id:earth720105:20200822103154j:image

電車はずんずんと利根川の上流「奥利根」に向かって走ります。
f:id:earth720105:20200822115309j:image
f:id:earth720105:20200822115321j:image

そしていよいよ魔境の入口へ、利根川沿いに廃墟の旅館が次々と現れてきたら水上駅はもうすぐ、こんなシュールな風景が魔境の入口と言われる所以なんだと勝手に妄想。
f:id:earth720105:20200822115756j:image

水上で数少ない健在のホテル聚楽は撮り損ねました(>_<)
f:id:earth720105:20200822115807j:image

オヤジ世代には懐かしのホテル聚楽CM集、僕もこんなホテルでボーリングにお風呂、そして宴会では浴衣姿でコンパニオンにお触りしながら「ガッハッハ~」と言ってみたいものです。

水上駅で乗換、向かいのホームから山に向かって走る長岡行きが何とも言えない魔界っぽさを醸し出しており、ぶっちゃけ同じ上越線とは思えません。。
f:id:earth720105:20200822131838j:image

先ほどまで乗っていた電車は高崎に折り返しです、もし天気が悪かったら僕は駅前のまんじゅう屋でお土産買って、そのまま折り返し電車で戻った事でしょう。。f:id:earth720105:20200822131901j:image

8時28分 水上~長岡(上越線)
f:id:earth720105:20200822133105j:image

湯檜曽駅手前から長いトンネル(新清水トンネル)に入ります、いよいよ谷川岳を潜り抜ける上越国境越えです。
f:id:earth720105:20200822133128j:image
トンネルに入るタイミングを逃して真っ暗の写真(;_;)/~~~
f:id:earth720105:20200822133150j:image

撮影スポットで名高いモグラ駅の「土合」今日も皆さん撮影しておりました
f:id:earth720105:20200822133446j:image

そして再び新清水トンネルをゴッ~
f:id:earth720105:20200822133507j:image

もうすぐトンネル出口、新清水トンネルを出る上越線の勇姿はしっかりと撮りたいものです。
f:id:earth720105:20200822133524j:image

トンネルを出たら温度差の為に電車の窓が曇って真っ白けっけ(ノД`)
f:id:earth720105:20200822133549j:image

越後中里を過ぎた辺りでようやく窓の曇りも取れてきました、冬は豪雪地帯なので皆さんの家の玄関口はやや高め。
f:id:earth720105:20200822142409j:image

勝手に命名【寂れスキー駅 御三家】
「岩原スキー場前」全然スキー場前って感じのしない駅です。
f:id:earth720105:20200822141625j:image

「越後湯沢」新幹線の栄えっぷりとは打って変わって寂れた在来線ホーム、誰も在来線を使ってナイし…。
f:id:earth720105:20200822141645j:image

「上越国際スキー場前」昭和の時代には観光客で賑わったのでしょう、国際スキー場なんて大層な駅名が行き遅れな感が…ところでこの建物なんですけど現在は何かで使用しているのでしょうか?
f:id:earth720105:20200822141712j:image

そして電車が平野部に入ると見渡す限りの大きな田んぼ…もう埼玉県高崎線沿線以上につまらない景色が続きます(x_x)
f:id:earth720105:20200822142430j:image
f:id:earth720105:20200822142448j:image

田んぼを走り抜け長岡目指しひた走る上越線
f:id:earth720105:20200822150802j:image

ちょっぴり街になってきて長岡に着いたかな?と思ったらまだ「小千谷(おぢや)」でした。
f:id:earth720105:20200822151252j:image

信濃川を横に見ながら
f:id:earth720105:20200822151319j:image

貨物ターミナルが見えたら長岡はもう少し
f:id:earth720105:20200822151348j:image

10時29分 長岡~新潟(信越本線快速)

快適快速で新潟まで!と思ったら割と有名な車両がありました、キハの新潟色って言うんですよね?何となく知ってます、何かみんな熱心に撮影しているけど僕には昭和のボロ車両っぽくてどこがイイんだろ…って冷めた目で見ておりましたが
f:id:earth720105:20200822152151j:image

キハ47-500系 新潟色最高 (・∀・)ノf:id:earth720105:20200822152241j:image

キハ47は新潟に向かい走ります、女性客も意外と多く💦僕的には1番燃える区間で新潟最高(・∀・)ノ

でも景色は更にハードな田園風景が広がります。。昔みたいに米の生産量(石高)で街の価値を決めるのなら新潟は文句なし日本の大首都になる事でしょう。
f:id:earth720105:20200822154825j:image
f:id:earth720105:20200822154834j:image

新津駅に到着で新潟まではもう少し、隣のホームには磐越西線、翌日にはSLばんえつ物語号に乗った僕。
f:id:earth720105:20200829061909j:image

街っぽい風景に変わってきたら間もなく新潟駅、ドーム状のホームで何だか(勝手に)想像していたのと違う感じ。
f:id:earth720105:20200829062216j:image
f:id:earth720105:20200829062230j:image

11時29分 新潟駅到着
f:id:earth720105:20200822155528j:image

駅前から循環バスで海辺へ、初めて見る日本海なのです。(循環バス料金 210円)
f:id:earth720105:20200822155534j:image

20分程乗車して「水族館前」で下車、青く光る海へと急ぎました、でも残念ながら水着のお姉さんはいません(T_T)それどころか岩がゴツゴツしており海水浴場とは全くかけ離れた海。。

日本海でもひとりボッチ(ノД`)
f:id:earth720105:20200822155545j:image

明日香村の観光コース初心者はレンタサイルにすれば良かった

日本の原点を感じてしまう観光地の明日香村、歴史好きのオヤジや歴女そしてインスタ映え狙いのギャル達が外せない奈良観光スポットとして注目の場所なのです(多分)。ただメジャー観光地から若干離れた場所にあって少々敷居は高め、どうやって回って楽しめば良いのか分からない人も多いのかと思います。

真夏の猛暑日に汗だくになって歩いて巡った僕の拙い訪問記を叩き台に💦明日香村観光のプランを練り現地で楽しんで頂けたら、真っ赤に日焼けした僕も嬉しくなり、また行きたくなってしまいます。
f:id:earth720105:20200817160058j:image

【飛鳥についてほんの軽くまとめ】
・飛鳥地方とは奈良県高市郡明日香村を中心に広くは橿原市・桜井市の一部を含む大和平野の東南の丘陵地一帯を指します。

・飛鳥時代とは推古天皇が豊浦宮に即位した6世紀の終りから、710年に奈良平城京に遷都するまでの約100年間、この間の歴代天皇は一代ごとに宮を遷都しておりましたが、いずれも飛鳥地域内でした。
※3人の天皇(15年)は飛鳥地域外に遷都

・政治的には王権をめぐっての争いが激しく、それに絡んで豪族の間でも対立が深刻でしたが、文化的には仏教が国の保護を受けるようになり、建築や彫刻など荘厳な飛鳥の文化を作り出しました。

公益財団法人 古都飛鳥保存財団|日本人の心の故郷『飛鳥』

 

アクセス 

近鉄吉野線「飛鳥駅」下車
飛鳥へは近鉄奈良駅から電車で約1時間、色々な行き方がありますが、橿原(かしはら)神宮前駅で乗り越えは共通、近鉄吉野線に乗り2駅先が飛鳥駅です。
f:id:earth720105:20200817075452j:image

駅前にはレンタサイクル店があります、営業時間前だったのと橿原神宮を最後に回るコースを考えていたので歩いて散策しましたが、他の場所に乗り捨てが可能(別途料金)な事を後で知って後悔、自転車で時間短縮そして風を感じながらの観光がベターです。

観光ルートの歩道はきちんと確保されてますが田舎道なので(失礼💦)車のスピードは速めなのは要注意

レンタサイクル:平日900円・土日祝日1000円
f:id:earth720105:20200817081901j:image

1日で全部は道に迷う事なくしかも相当急がないと不可能、明日香村を満喫する為にも、行かない場所や遠くから見て流す場所はどうしても出てきます、僕はあまりの暑さで断念した場所もありました(ノД`)

まずは飛鳥駅を背にして直進します。
f:id:earth720105:20200817085452j:image

明日香村観光の一番のポイントは最南端で若干離れたキトラ古墳をどう攻略するか、僕は朝一の訪問で向かいました、暑さと案内板の1.5kmの表記を見て(往復だと3km💧)断念しそうになりましたが、やっぱりキトラの名前に惹かれて訪問を決意、直進すると高松塚古墳方面で右折はキトラ古墳方面。
f:id:earth720105:20200817085613j:image

暑くて♪キトラ~♪とか勝手な歌を歌いながら歩きます
f:id:earth720105:20200817085627j:image

途中で古代を思わせる建物がありましたが、見ただけでスルーですよ、どうせ観光用に作ったんだろと斜に構える僕、暑いと心が荒みますね。
f:id:earth720105:20200817085710j:image

あれがキトラかな?何だか違うっぽい…
f:id:earth720105:20200817143142j:image

あっ!あのインチキくさい3本木はキトラなはず間違いない!
f:id:earth720105:20200817085818j:image

キトラ古墳・高松塚古墳

道路を挟んで左側がキトラ古墳と四神の館、そして右側は公園、僕は先を急ぐ事もあって公園はスルー。
f:id:earth720105:20200817092053j:image

危ないので車道の往来は厳禁、地下道を利用して往来します。
f:id:earth720105:20200817092123j:image

まずは展望台へ
f:id:earth720105:20200817092319j:image

インチキ三本木の場所からの超望です。
f:id:earth720105:20200817092456j:image

展示館の四神の館は入場無料、ただし撮影不可で検温・住所記入と厳戒体制。
f:id:earth720105:20200817092511j:image

国宝となったキトラ壁画の見学なのですが、事前のキトラ解説のモニターが長く途中で退室してしまいました💦先を急ぐばかりに情緒の無い失礼な事をしてしまったと反省しております。
f:id:earth720105:20200817092550j:image

一見こちらも公園かと見間違うかもですが、こちらがキトラ古墳のある場所です。
f:id:earth720105:20200817093705j:image

そしてこれがキトラ古墳なんだか小綺麗な小山で拍子抜けする僕
f:id:earth720105:20200817093813j:image

特別史跡 キトラ古墳
キトラ古墳は7世紀末から8世紀初め頃に造られた古墳で丘陵の南側斜面に位置します。 現在の墳丘は、下段部分を築造当時の大きさに復元しています。 鎌倉時代に盗掘を受けていましたが、刀装具片・琉拍玉などの副葬品の一部と、木棺片・棺の飾金具・人骨などが出土しています。
昭和58年に行ったファイバースコープによる石室内部の探査で、北壁に玄武が描かれていることが分かり、高松塚古墳に次ぐ大陸的な壁画古墳であることが明らかとなりました。 その後の小型カメラによる探査では、青龍、白虎、朱雀、 十二支像、 天文図がみつかりました。石室内部の小型カメラによる探査では、壁画が危険な状態にあることも明確となりました。そのため、早急な対応が必要とされ、平成15年に仮設保護覆屋を設置し、平成16年に石室内の調査を行いました。その結果すべての壁画を取り外して保存処理を行う方針が決定しました。この方針を受けて平成22年までにすべての壁画が取り外され、修理が進められました。現在は壁画の保存・公開が行われています。

地下道から道路右側に渡り四神の館の別館で冷たいお茶を飲んで、次の目的地高松塚古墳を目指します。
f:id:earth720105:20200817094213j:image

さっきの三叉路にもどり今度は坂を登る(写真から見て)直進ルートを歩きます、この道路も車の往来が速い…
f:id:earth720105:20200817094524j:image

キトラ同様に高松塚古墳も道路を挟んで左側に壁画館、右側に古墳があり地下道での往来です。
f:id:earth720105:20200817095939j:image

公園内を進んでいきます
f:id:earth720105:20200817100217j:image

もっと道路から近い場所に作っとけ!暑くて心が荒んだ僕はもう写真撮るだけでも面倒くさい。。
f:id:earth720105:20200817100242j:image

5分ほど歩いてようやく高松塚古墳に到着、キトラとどこが違うんだ?と思ってしまうのは僕だけではないはず。。
f:id:earth720105:20200817100250j:image

特別史跡 高松塚古墳
高松塚古墳は7世紀末から8世紀の初め頃に通られた古墳です。 昭和47年の発調査で日本で初めて石室内に描かれた壁画が発見されました。 墳丘の内部には16枚の凝灰岩の切石を箱形に組んだ石室がありその内面に塗られた源喰を下地として、壁に色鮮やかな男女群像や青龍・白虎・玄武・日月像・天井に星宿が描かれていました。 こうした壁画古墳は、日本ではこの高松塚古墳とキトラ古墳しか知られていません。 石室は中世に盗掘されていましたが、 大刀の鎌金具・銅鏡・ガラス玉などの副群品の一部と漆塗り木棺の破片などが出土しています。
壁画の発見後、石室南側に保存修理のための施設を建設し保存対策を行いましたが、画の劣化を止められず、平成17年に石室ごと取リ出して修理することを決定しました。平成19年に石宝を墳丘から取り出し、約500m離れた仮設修理施設で修理作業を進めています。現在の高松塚古墳は、発掘調査の成果などをもとに当時の姿に復元したものです。

高松塚壁画館 入場料300円
壁画発見当時の現状模写や一部復元模写の展示、石槨の原寸模型のや副葬品のレプリカを展示。レプリカだらけですがそれだけ古い時代の品なので仕方ないです、涼みながら見学しておりました。
f:id:earth720105:20200817101746j:image

 

石舞台古墳

そして楽しみにしていた石舞台古墳へ、小学校の時に一度行ったきりであの時は寒い春先で雨の中の見学でした。しかし今回は無駄に晴れまくりの猛暑日で汗だく…ホテルに荷物を置いての手ぶら観光でホントに良かった。
f:id:earth720105:20200817103641j:image

途中には天武・持統天皇陵がありますが、歩きながら遠くから見るだけ「古墳でワッショイ」と叫びながら先を急ぎます。
f:id:earth720105:20200817103654j:image

亀石交差点を右折、亀石も勿論スルー。
f:id:earth720105:20200817103713j:image

明日香村は所々に案内板があってホント分かりやすい、自転車だったらもっと快適だっただろうなと悔やまれます。
f:id:earth720105:20200817105041j:image

インチキくさい牛のぬいぐるみが見えたら石舞台はもう目の前
f:id:earth720105:20200817105102j:image

入場料は300円
f:id:earth720105:20200817105110j:image

どーんと石舞台古墳
f:id:earth720105:20200817105120j:image

石舞台古墳は、奈良県明日香村にある古墳時代後期の古墳。国の特別史跡に指定されている。 元は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていたが、その土が失われ、巨大な石を用いた横穴式石室が露出している。埋葬者としては蘇我馬子が有力視されている。

石舞台古墳 - Wikipedia

日本史の教科書でもおなじみの、最もポピュラーな古墳なのではないでしょうか。この日も割と多めの観光客、みんなの心をつかんでいるのは何となくモアイっぽい感じがするからなのでは?と妄想。
f:id:earth720105:20200817110254j:image

みんなが大好き石舞台古墳、それにしてもガイドのおじさん暑くて大丈夫かな??
f:id:earth720105:20200817110357j:image

おじさんがコロナ防止のため一生懸命入場者をコントロールしております、そんなおじさんの気持ちに応える為、汗だくのマスクを着用して入場。
f:id:earth720105:20200817110535j:image

下の石は元々は一枚岩で地震の時に亀裂が入ったみたいです、どこの仕事場も一枚岩でないな~と感じ見入ってしまう日雇いの僕。
f:id:earth720105:20200817111935j:image

足早に石舞台を後にして、来た道を若干引き返し今度は飛鳥寺に向かいます。
f:id:earth720105:20200817112123j:image

石畳の趣きのある道
f:id:earth720105:20200817112138j:image

今回は向かう途中にある橘寺・岡寺をスルーしてしまいました。今度来る時には自転車でもっと効率良く回れればイイな…と実感。そして石舞台おじさんに「あの時はホント暑かったですね~」と言いながら石室内で酒を酌み交わしたいものです。

 

飛鳥寺

f:id:earth720105:20200817115410j:image

飛鳥寺
「日本書紀」によれば、 崇峻天皇元年(588)に蘇我馬子は法興寺を建立することを計画、同5年には仏堂(金堂) 歩廊(回廊)が完成、 推古天皇元年(593)には塔を起工し、同4年には一応の建物が完成した。同13年には丈六仏像を造り、翌14年に安置したとある。日本最古の本格的な寺院でその造営に際して多くの博士・工人が朝鮮半島から渡来してあたったことが記されている。
大化改新や天皇の病気平癒など飛鳥時代を通じて飛鳥における中心的な役割を果たしたが、建久7年(1196)に消失し現在に至る。法興寺·元興寺とも称され、現在は止利仏師の作と伝える重要文化財の金銅丈六仏が残る。
昭和31年から継続的な発掘調査の結果、塔を中心に三方に金堂を置き、北側に講堂、南側に中門· 南門の跡があることが判明した。寺域は南北290m、東西200~250mの規模をもち飛鳥では大官大寺とともに最大規模の寺院であった。

昔はこんな感じでしたが
f:id:earth720105:20200817115639j:image

今はこんな感じ
f:id:earth720105:20200817120406j:image

てっきり法隆寺が最古の寺でFAだと思っておりました。。建立されたのは飛鳥寺の方が古いのですが、現存している建物で言うと法隆寺が最古という称号が一般的なのです。
そして必見は飛鳥大仏で何と日本最古の大仏、ただし後世の補修箇所が多く、造られた7世紀当時の部分がほとんど残っていないとされている為に重要文化財指定。
f:id:earth720105:20200817123927j:image

どこか大陸を思わせるお顔立ちで、まだ仏教の年月が浅い当時の雰囲気を醸し出しており飛鳥時代に想いを馳せて見入ってしまいます。そして住職さんに撮影可能な事を確認して、お隣のおじさんにも教えてあげる仏のような僕であります。
f:id:earth720105:20200817123948j:image

そして近くには蘇我入鹿の首塚があります、そして誰のバイクでしょうか?GSX750S3[通称3型KATANA]が駐車してありました。84年製でこちらも古いバイク、そして蘇我入鹿は刀でやられたんだぜ!という意味合いもあるのかもしれません、芸が細かいですね~飛鳥寺。。
f:id:earth720105:20200817124259j:image

売店には古代のチーズの蘇(そ)が販売、斬新ながら売り切れでしたが、なんと試食品がありました(^-^)/
f:id:earth720105:20200817125751j:image
ミルクっぽくないチーズというかおからにバターを混ぜたというか不思議な味で結構好きな人多いんじゃないでしょうか?スーパーでも気軽に売っていて欲しいものです。
f:id:earth720105:20200817125801j:image

 

橿原(かしはら)神宮

最後は橿原(かしはら)神宮の参拝です、飛鳥寺から小一時間ほど歩いて橿原神宮にむかいました、もう日焼けで顔が真っ赤です。

橿原神宮前駅東口より徒歩10分
f:id:earth720105:20200817131042j:image

神武天皇と皇后を祀るため神武天皇の宮があったとされるこの地に1890年明治天皇により創建されました。
f:id:earth720105:20200817133432j:image

建国の聖地 橿原
天照大神の血を引く神倭伊波禮毘古命(後の神武天皇)が、豊かで平和な国づくりをめざして、九州高千穂の宮から東に向かい、想像を絶する苦難を乗り越え、畝傍山の東南の麓に橿原宮を創建されました。

橿原神宮

f:id:earth720105:20200817134004j:image

何とも広大な神社で爽やかな風が吹いておりました
f:id:earth720105:20200817133842j:image
f:id:earth720105:20200817134701j:image

こちらは外拝殿
f:id:earth720105:20200817134738j:image

外拝殿から本殿と畝傍山を臨みます(営利目的は撮影不可)優しい風が流れており、今回の激暑だった明日香村の訪問がよい思い出になった気がいたします。
f:id:earth720105:20200817140013j:image

神楽殿には車椅子のお婆さんがご主人と一緒に参拝している姿が見えました。
f:id:earth720105:20200817140212j:image

お婆さんは橿原神宮と畝傍山(うねびやま)に向かい「ありがとう」と言っておりました、ご主人に言ったのでしょうか?それともこの景色に?多分全てに対してありがとうと言ったのだと思います。

僕も同じ場所で同じ景色を見て「ありがとう」とつぶやきました。
f:id:earth720105:20200817140237j:image

唐招提寺~不屈の魂の鑑真(がんじん)とガンジー~

中学生の時にクラスが一緒だったH君、彼は坊主頭の丸メガネという風貌でした。そうなると必然的に付いてしまうあだ名がガンジー

H君はガンジーと違って怒りっぽく、からかわれるとムキになって反撃しておりました。からかう側にとってはそれが面白くて暴力の応酬が続く始末、偉大なる魂マハトマが知ったらさぞかし嘆く事でしょう。
f:id:earth720105:20200816073857j:image

現地の発音に近づけるため、近年ではガンディーと呼ぶのが主流らしいですが僕はガンジーで習ったんです(*`Д´*)/

名言・格言『マハトマ・ガンディーさんの気になる言葉+英語』一覧リスト | iso.labo

思い出せば日本史の授業中、奈良時代に唐招提寺を建てた鑑真(がんじん)の名が出てきた時にはクラス中から「ガンジー!」の叫び声があがり、H君の坊主頭に数々の消しゴムが投げ込まれて学級崩壊。。そういえば「オセロ~」って叫んでる奴もいました、そうですガンジーオセロ。当時の人気番組「天才たけしの元気が出るテレビ」に登場していたインチキ爺さんです。
f:id:earth720105:20200816075431j:image

ヤギヌマ日記 : ガンジーオセロ - livedoor Blog(ブログ)

中学の修学旅行は奈良だったのですが、唐招提寺には訪問しませんでした。授業中に鑑真の名前が出ただけで学級崩壊するレベルです、仮に現地(唐招提寺)に行ったら「ガンジー!」の叫び声と共にクラスの皆が暴徒と化して国宝の3つか4つ位は軽く破壊されてしまう事を先生が恐れた為だと思われます。
子供の頃から人気者(ウチの学校だけ?)だった鑑真と唐招提寺ですが、オヤジになってからの初訪問となってしまいました。
f:id:earth720105:20200816081742j:image

アクセスは近鉄橿原線「西ノ京」駅と「尼ヶ辻」駅のほぼ真ん中にあります、西ノ京駅下車の方が薬師寺と両方参拝できてお勧め。f:id:earth720105:20200816091716j:image

今回僕は時間の都合上、唐招提寺のみのスケジュールで進みました…ゴメンチャイ薬師寺。
f:id:earth720105:20200816091157j:image

薬師寺を背にして進み
f:id:earth720105:20200816091249j:image

突き当たりを右へ
f:id:earth720105:20200816091318j:image

すぐに唐招提寺の南大門が見えてきます(徒歩約10分)東大寺やガンジー等のビッグネームの影に隠れた印象がありますがとんでもない、法隆寺と双璧を成す位の格のある寺院なのです。開基(創立者)は鑑真(がんじん)
f:id:earth720105:20200816091550j:image

鑑真は唐(中国)出身の僧、仏教の年月が浅い当時の日本は唐からカリスマ僧が来日してくれる事を強く望んでおり、それに応えたのが鑑真。しかし当時の渡航はまさに命がけ、結果5回失敗してようやく6回目にたどり着きます。

さっき初めて知ったのですが1,3,4回目は鑑真の渡日を惜しむ人の密告で失敗、2回目が暴風雨で出戻り、南の島に流されたのは5回目だけなのです。僕はてっきり毎回性懲りもなく南の島に放り出されたのかと勘違いをしておりました、5回全部南の島だったらマヌケですよね(´・ω・`)

やっとこさ日本に来た鑑真、そして都の平城京ではスーパーヒーロー、何と聖武天皇に戒律を授ける位の身の程知らず…いやカリスマっぷりです。(写真は東大寺)
f:id:earth720105:20200816103138j:image

754年、東大寺に鑑真和尚を招いて授戒が行われて本格的となりました。このとき日本での授戒第一号が聖武天皇です。戒名は「勝満」と授けられました。

そして鑑真はここの地に唐招提寺を建立して住み続けました、いわばここは鑑真の仏教に捧げた不屈の魂を象徴するお寺なのです。
f:id:earth720105:20200816103658j:image

拝観料は1000円 少々高めかもですが見どころ満載の唐招提寺、案内図を参考に参拝しました。
f:id:earth720105:20200816153218j:image

ここ金堂の中の5体の像は全部国宝(撮影不可)。ハゲかかった金箔の仏像や古ぼけた木像の香りに年期を感じ魅入ってしまいました、マジメに素晴らしい仏像なので詳しくはこちらでご覧になって下さい。

金堂 | 伽藍と名宝 | 唐招提寺
f:id:earth720105:20200816135807j:image

奥の講堂には重要文化財が2体あります、そういえば修学旅行の2日目に皆のイタズラにキレまくったガンジーが神経性胃炎になって寝込んでしまいました、皆の「おいガンジーが七草粥食ってんぞ!」の叫び声が響き渡るあの時の古都の夜(ノД`)
f:id:earth720105:20200816153459j:image

鼓堂(手前)と礼堂(背後)が完成された配置で実に美しい(-人-)
f:id:earth720105:20200816160036j:image

もっと早くに来れば良かったと悔やまれます(._.)φ
f:id:earth720105:20200816155533j:image

でももし修学旅行で来てたら、絶対誰かがここから水を汲んでガンジーにぶっかけ、水戦争が勃発していた事でしょう(>_<)
f:id:earth720105:20200816155553j:image

宝蔵と経蔵は両方とも国宝ですが、ガンジーの反撃から身を守る要塞になっていた事でしょう(ToT)
f:id:earth720105:20200816162752j:image

開山御廟
境内の北東の奥まった静かな場所に位置する鑑真和上の墓所。

f:id:earth720105:20200816164807j:image

ついにはここ(開山御廟)の池に落ちてしまいずぶ濡れになるガンジー、そしてキレる先生「お前ら全員旅館まで歩いて帰れ!」しょぼしょぼとガンジーを先頭に行進が始まった事でしょう。。

塩の行進とカディー(手紡ぎ・手織り木綿) - ガンディーと糸紡ぎby片山佳代子
f:id:earth720105:20200816164845j:image

開山堂には鑑真和上の御身代わり像があります、撮影不可ですが何とも慈愛に満ちた優しい顔をしておりました。
f:id:earth720105:20200816165934j:image

争いの無い世の中、それがお2人鑑真とガンジー共通の願いなのです。
f:id:earth720105:20200816170039j:image

しかしオモシロ基地を見つけて、またもやイタズラ心が芽生えてしまうと思われます。
f:id:earth720105:20200816173252j:image

戒壇(かいだん)
金堂の西側にある戒壇は、僧となるための授戒が行われる場所です。創建時に築かれたとされていますが、中世に廃され、その後再興されたものの火災により建物は失われました。現在は3段の石壇のみが残り、その上に昭和53年(1978)にインド・サンチーの古塔を模した宝塔が築かれました。

インドっぽい基地を拠点に蓮の葉に身を隠しながら、ガンジーにロケット花火をお見舞いするのにぴったりの場所(・∀・)ノ
f:id:earth720105:20200816170550j:image

唐招提寺
住所:奈良市五条町13-46
電話番号:0742-33-7900
H.P.:https://toshodaiji.jp/
拝観料金:1000円
拝観時間:8:30~17:00(受付は16:30まで)
駐車場:駐車場(乗用車150台)8:00~18:00 乗用車  60分 550円/以降30分ごと110円

京都鉄道博物館は電車と石山ファミリーがたくさん

「京都は今の私にとって新たな気づきのきっかけになる場所」
そんな小洒落たコメントと京都のお寺をInstagramに投稿する知人女性、どうやら新幹線を利用してのプチトリップで(日帰り旅行の事らしいです)5時半に起きて9時前には京都に到着したみたいです。
f:id:earth720105:20200815062804j:image

一方僕は青春18きっぷを利用してのプアトリップで(貧乏旅行の事です)4時に起きて15時前に到着しました…そんな僕にとって新たな気づきのきっかけになる場所は京都鉄道博物館
f:id:earth720105:20200815062450j:image

青春18きっぷとは
期間限定のJR乗り放題のきっぷです、但し特急・新幹線は利用出来ません。
5回分使用で12,050円(1回あたり2,410円) 2020年現在

青春18きっぷ研究所

アクセスはJR嵯峨野線駅前、京都駅からも徒歩20分程で行けます。
f:id:earth720105:20200815071201j:image

自販機で入場券(1200円)を購入して入場
f:id:earth720105:20200815071635j:image

どーんと3両の電車がお出迎え
f:id:earth720105:20200815072341j:image

ですが切れてたり逆光だったりせっかくの新幹線0系がダメダメ写真
f:id:earth720105:20200815072416j:image

館内のぬいぐるみも大笑い、特に真ん中が「ダセェ」と言っている気がして仕方ありません。
f:id:earth720105:20200815072447j:image

新幹線0系21形
0系新幹線電車は1964年(昭和39)に東海道新幹線用として登場し、最高運転速度210km/hで運行を開始しました。そして翌年には、 東京~新大阪間を3時間10分で結びました。
0系21形は大阪方の先頭車で、車内は3人+2人掛けの普通座席の客室と、和式トイレや男性用トイレ、洗面台が2組設けられています。

f:id:earth720105:20200815175550j:image

グリーン車は座席がやや広く2人掛け2列
f:id:earth720105:20200815175702j:image

京都鉄道博物館の特長は車両の内部や構造部分をかなり積極的に展示しております。保存状態を保つ為に立入禁止の場所(車両)もありますが0系運転席に入る事が出来て大興奮。
f:id:earth720105:20200815180702j:image

ですが 親「後ろ並んでるからもう降りとけ」 子「イヤや!」
みたいな関西弁のやりとりがあり、後で並んでいる僕はいたたまれません、チラッと撮影だけして即撤退、新幹線の歴史コーナーに避難します。
f:id:earth720105:20200815181502j:image

後継機の100系も何だか暗めの写真
f:id:earth720105:20200815200530j:image

売店で販売していたウメテツランチボックスは現在スイーツボックスとして販売中、感染防止の為食堂車の飲食は現在利用中止です。
f:id:earth720105:20200829085821j:image

 

そして名車両のEF65
f:id:earth720105:20200815202710j:image

EF65形電気機関車は電化路線のために設計され、その完成度の高さから日本の電気機関車で最多となる308両が製造されました。貨物用・旅客用・客貨両用などのグループがあり、現在でもJR貨物で活躍しています。 本機は貨物列車専用機として活躍していました。

運転席に入る事が出来る展示はどこも子供達に大人気
f:id:earth720105:20200815181544j:image

オヤジ1人でどさくさ紛れに並んで撮影、家から遠い場所だし知り合いなんか誰もいませんよ、てか皆さんみんな関西弁だし。。
f:id:earth720105:20200815181609j:image

色々な車両の運転席に座る子供それを見守る父親、こちらは父親が車掌になりきってアナウンスをしておりました。
父親「次は石山~」
f:id:earth720105:20200815182548j:image

「石山ってどこやねん!」(゚Д゚)ノ

石山駅は滋賀県大津市粟津町にあるJR西日本・東海道本線の駅である。

僕はぼっちの運転席で「次は北朝霞~」
f:id:earth720105:20200815183237j:image

北朝霞駅は埼玉県朝霞市浜崎1丁目にあるJR東日本・武蔵野線の駅である。

そんな石山ファミリー(?)に心の中で別れを告げ見慣れた車両に向かいます、しかし車両正面のロールサインが大阪環状線、僕の中でオレンジ色は中央線か武蔵野線なんです、アウェイに来た事をヒシヒシと感じてしまいます。
f:id:earth720105:20200815184448j:image

クハ103形電車は、1964年(昭和39)から1984年(昭和59)にかけて3,447両が製造された103系通勤形電車の先頭車です。通勤客輸送の増大に対応するため、加減速性能や経済性に重点をおいて開発され、各線区ごとにさまざまな塗色が採用されたことも特徴です。関西地方では、大阪環状線のオレンジ色や阪和線のスカイブルーなどが代表例です。

でも車内は同じ(当たり前です)、そう昔は天井部が扇風機だったのです、徐々に中央線にはクーラー車が導入されたのに対し、武蔵野線はずっと扇風機のままだった昭和の夏、そんなエピソードを石山ファミリーに暑く語っても全く伝わらない事でしょう。。
f:id:earth720105:20200815185333j:image

まったく全然馴染みがない路線図です
f:id:earth720105:20200815190425j:image

500系のハローキティ新幹線は初めて見ました、期間限定で新大阪~博多間を運行しているみたいです。
f:id:earth720105:20200815195447j:image

500系新幹線は、最高時速300kmで運行するため車体の強化と軽量化を両立させ、車内の防音性を確保するためアルミハニカム材を採用しました。1997(平成9)年3月より新大阪~博多間の「のぞみ」として使用され、最短所要時間は2時間17分、のちに東京~博多間を最速4時間49分で結びました。

珍しくて撮影したのですがドヤった青年が写っておりました(>_<)
f:id:earth720105:20200815194457j:image

懐かしの特急を撮影したら、こちらにもおりました(>o<)「何やねん!」と因縁つけに来たのでしょうか?もしかして石山ファミリーの一員なのでしょうか?
f:id:earth720105:20200815194529j:image

僕は人気の無いエリアに避難します、何だかさっきから避難してばっかり「ホンマ関西怖いねん…」鉄道の歴史コーナーで小さくなっていたり
f:id:earth720105:20200815195935j:image
f:id:earth720105:20200815195948j:image

台車とばねのコーナーで身を伏せていたり
f:id:earth720105:20200815200020j:image

更には電車の下を見学出来るコーナーがあったので潜ったりして隠れてました。
f:id:earth720105:20200815200136j:image

石山ファミリー恐るべし(x_x)
f:id:earth720105:20200815200147j:image

夜の接待を伴う店を彷彿させるコーナー
f:id:earth720105:20200815211031j:image

暗い場所だったら分からないだろうと思ってジオラマコーナーに潜入、HOゲージが走る演出にワクワク、石山ファミリーとの遭遇にドキドキしながら開演を待ちます。
f:id:earth720105:20200815214230j:image

色々な車両がライトに照らされ走ります、そして3階のスカイラウンジではリアルに走る新幹線・東海道線が見れるのもまたオツなものです嵯峨野線はビミョ~~。
f:id:earth720105:20200815214246j:image
終演後いそいそと外に出ます、最後に見たは圧巻の機関車庫、色々な種類の機関車が車庫に収まっており、閉館時間間近だったのが本当に悔やまれます。
(後で知ったのですが8月16日まで20:00までの開館延長期間でした💦)
f:id:earth720105:20200815215751j:image

梅小路機関車庫 重要文化財(建造物)

梅小路機関車庫はJR京都駅から約1.5キロメートル西方に位置する。旅客や貨物量の増加等に伴い、京都駅停車場改良工事の一環として、鉄道院西部鉄道管理局の設計、大林組の施工により建設されたもので、大正2年(1913) 12月に起工、翌年11月に竣工した。
平面は転車台を中心にしてほぼ東西に扇形を描く。内部は機関車駐留場、整備や器械加工を行う器械場、職場に分かれ、20線の引込線を収容する。構造は鉄筋コンクリート造で、柱と梁からなる明快な立面構成である。
当建造物は小規模な改修工事は行われているが、ほぼ創建当初の状態を保っていて、わが国に現存する最古の鉄筋コンクリート造機関車庫として、鉄道建設史上大変貴重である。また機関車の展示施設、 機関士の研修施設として日常公開活用されていることが、その価値をいっそう高めている。

f:id:earth720105:20200815220751j:image

石山駅にも建設しとったら良かったんや (`Д´)ノ

京都鉄道博物館
住所:京都市下京区観喜寺町
電話番号:0570-080-462
H.P.:http://www.kyotorailwaymuseum.jp/sp/
開館時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
休館日:毎週水曜日(祝日は開館)・年末年始
入館料金:一般 1,200円

青春18きっぷの東海道線 丹那トンネルと浜名橋梁と新快速でゴッ~

午前5時58分発 品川~小田原
色々と迷いましたがやっぱり今年の夏も行く事にしました、青春18きっぷで東海道線の旅。こんなご時世ですが他人と距離を置き(通常他人からは距離を置かれてます💧)そして夜遊びは控える旅にしたく思っております。
f:id:earth720105:20200814082147j:image

青春18きっぷとは
期間限定のJR乗り放題のきっぷです、但し特急・新幹線は利用出来ません。
5回分使用で12,050円(1回あたり2,410円)※2020年現在

青春18きっぷ研究所

毎回、地元最寄り駅の東武東上線「朝霞台」駅から池袋に行きJR改札で18きっぷ発動、そして品川から東海道線コースの最早の乗り継ぎを調べて西へ向かうのですが、今回は乗り継ぎ駅が違います。

【前回まで】熱海・静岡・浜松・豊橋
【今回】小田原・沼津・静岡・豊橋

今年春のダイヤ改正の影響だと思うのですが、今までと比較してどんな違いがあるのでしょうか?とりあえず小田原駅の乗換時間2分がメチャクチャ気になります。
f:id:earth720105:20200814084248j:image

まぁ希望的観測でお隣のホームの乗換だと思うのですが心配性の僕、まぁ東海道線だから1本乗り逃した所で何て事ないのですが、なるべく目的地の京都に早く到着したいのです(だったら新幹線を使え!というツッコミはよして下さい…)

到着前の車内放送で確認したら隣ホームの乗換らしくひと安心、途端に余裕ぶっこいて小田急線を撮影。
f:id:earth720105:20200814085934j:image

ついでに大雄山線も撮影
f:id:earth720105:20200814085954j:image

7時16分発 小田原~沼津 「お猿のかごや」のマヌケな(失礼💧)発車メロディーが鳴り響き出発。
f:id:earth720105:20200814091307j:image

お決まりの根府川駅で相模湾を撮影
f:id:earth720105:20200814093400j:image

今回熱海では乗換ナシ、いつも乗る短い編成のボロ電車を横目で見る僕。
f:id:earth720105:20200814093427j:image

そして電車は熱海~函南の丹那トンネルへ、ボケボケなんですけど結構お気に入りの写真。
f:id:earth720105:20200814093652j:image

ゴッ~~(トンネル内)
f:id:earth720105:20200814093723j:image

8時4分発 沼津~静岡
f:id:earth720105:20200814095327j:image

初めて静岡エリアでクロスシートの車両に当たりました、ラッキーでしたが静岡までの短い時間、せめてこの車両で浜松辺りまで連れてって欲しかった。。
f:id:earth720105:20200814095347j:image

吉原駅にはつけナポリタン色の岳南電車が停車しておりました。
f:id:earth720105:20200814171120j:image

9時6分発 静岡~豊橋(浜松駅で撮影)
f:id:earth720105:20200814105125j:image

3両編成のトイレ無し…ナイと分かると急に行きたくなってしまうのは僕だけではない筈、豊橋まで100分以上の我慢です。出来れば浜松行きにして欲しい、そんな事にはお構いなしに電車は淡々と大井川を超えて行きます。
f:id:earth720105:20200814105211j:image

前々から思っていた事なんですけど、18キッパーは静岡エリアの長さと車両の短さボロさに嫌になっちゃう話を良く聞きますが、景色のつまらなさも一役買っていると思います(失礼な事言ってます)何か郊外にありがちな景色なんですよ、下の写真なんて高崎線の行田~熊谷間だと言ったらみんな納得すると思いますもん。
f:id:earth720105:20200814105250j:image

そんな事を思っていたら一気に山の風景になってしまいました、そして今回も天竜川を撮り損ねてしまった僕。。
f:id:earth720105:20200814111343j:image

(追記:帰り道で撮影しました^^)
f:id:earth720105:20200816113809j:image
f:id:earth720105:20200816113820j:image

浜松を越えてからは運転席後ろを陣取り準備万端、なぜなら弁天島~新居町間の新幹線との併走区間を撮る為なのです。線路下は浜名湖これは賭けです、運良く新幹線とすれ違ったり追い抜いたりしてくれたら良いのですが。。
f:id:earth720105:20200814111412j:image

ゴッ~~(ずっと撮影スタンバイ状態で周囲の視線がイタい…)
f:id:earth720105:20200814111710j:image

撮れました(・∀・)ノホントかなり一瞬でした
f:id:earth720105:20200814111816j:image

そして新所原駅では天竜浜名湖線を撮影、何だかイマイチ写真が続いていきます。
f:id:earth720105:20200814112026j:image

10時55分発 豊橋~大垣
f:id:earth720105:20200814113108j:image

7分の乗換時間があったのでトイレを済まし快速大垣行きに乗車、ゆとりのクロスシートこの区間って日差しが眩しいせいか毎回通る時間帯のせいかやたら日除けが降りていて対面に人がいる場合上げて撮影がしづらいのですよ、ただ本日は空いておりそんな心配はノープロブレム。
f:id:earth720105:20200814113115j:image

併走する名鉄を撮影、西に向かうにつれダメダメ写真になっていく気がします。
f:id:earth720105:20200814113453j:image

・・・・
f:id:earth720105:20200814115443j:image

マンションが多くなり、ついにはタワーマンションも出現、名古屋が近づいて来ております。
f:id:earth720105:20200814120436j:image

名古屋駅前、曲がっているビルはモード学園のウネったビルで僕の撮影のせいではありません(>_<)
f:id:earth720105:20200814120501j:image

そして金華山が見えてきたら間もなく岐阜駅、残念ながら車窓から金津園は見つけられませんでした。
f:id:earth720105:20200814124129j:image

木曽川・長良川・揖斐川を越えていくと大垣駅に到着。
f:id:earth720105:20200814124258j:image

12時42分 大垣~米原
f:id:earth720105:20200814132322j:image

大垣ダッシュで有名な場所、個人的にはこの区間は35分だけだし、個人的に景色が好きな区間でもあるので、ゆっくりの乗換で立ちながら車窓を眺めながら乗る僕でしたが、今回は余裕で座れました。

これは全区間に言える事ですがやっぱり乗客は少ないです。
f:id:earth720105:20200814132517j:image

ここら辺は冬は雪が積もって寒々とした景色なのですが今日はとても暑そうな夏の景色で伊吹山は見つける事が出来ませんでした、やっぱり冬でないと難しいのでしょうか?独特な形の山で見るのを楽しみにしてたのですが。
f:id:earth720105:20200814134703j:image
f:id:earth720105:20200814134717j:image
関ヶ原駅と柏原駅
f:id:earth720105:20200814134743j:image
f:id:earth720105:20200814134908j:image

米原駅に到着すると、先はJR西日本の管轄区間になります。
13時20分 米原~姫路(新快速)
f:id:earth720105:20200814135921j:image

JR東海にも新快速は走っておりますが、JR西日本の新快速は更に爆走で130kmの特急並みの速さ、電車にも疲れて飽きてきたゴール前にこの速さは本当にありがたい、さっきと似た景色なのですが、流れる速さが違います。
f:id:earth720105:20200814160205j:image

関西のJRはドアの戸袋横部分に折り畳みの椅子があるのが、僕にとっては珍しくてお気に入り。
f:id:earth720105:20200814183422j:image
f:id:earth720105:20200814183434j:image

地図では向こう側は琵琶湖な筈なのですが見えずじまい。。
f:id:earth720105:20200814184452j:image

14時13分 京都着 休憩なしで無事に京都にたどり着きました、朝から何も食べずにここまで来ました。
f:id:earth720105:20200814160546j:image

速くて快適の新快速は大阪方面に向かいます ゴッ~~(・∀・)/
f:id:earth720105:20200814160529j:image

しかしココでゴールではないのです、目的地まではもう1路線もう1駅乗らなければなりませんJR嵯峨野線33番線ホームへ急ぎます。
f:id:earth720105:20200814161544j:image

てか33番線って何だよ…そんな隠しステージみたいなホームが京都駅にあった事にびっくり。
f:id:earth720105:20200814161613j:image

嵯峨野線…高校時代にクラスの映画鑑賞の作品は何がイイか?と担任の教師から聞かれ「三原じゅん子主演 嵯峨野の宿」と答えたらエラく怒られた事が記憶にあります。
f:id:earth720105:20200814161627j:image

14時30分 梅小路京都西着 1駅だけ乗車してようやくゴール
f:id:earth720105:20200814161934j:image

目的地は京都鉄道博物館なのでした(・∀・)ノ
f:id:earth720105:20200814162004j:image

(´д`)ハァハァ…

山万ユーカリが丘線は夢の街を走るコアラ電車

都心へのアクセスが容易な割には家賃が安い僕の住む地域、そんな場所にある築40年の団地に子供の頃から住んでいるボンビーな僕、ニンジン畑を宅地にそして森を切り開いて、家や集合住宅をボンボンと建てた地域の為、いわゆる街のコンセプトが明確なニュータウンではない場所、故にこういう街並みには憧れと嫉妬の気持ちを抱いてしまいます。
f:id:earth720105:20200811151351j:image

しかし多くのニュータウンは分譲後のアフターケアは管理会社にお任せの分譲撤退型が殆ど、そして一定期間に分譲する為に住人の年齢層が固まってしまい、将来的に高齢者タウンになる恐れがあります、これらのニュータウンの諸問題とがっぷり四つに取り組み、街全体をプロデュースしている地域と会社があります。不動産会社 山万が運営するニュータウンユーカリが丘です。
f:id:earth720105:20200811113805j:image

特定の年齢層に偏らない計画的な住居供給、福祉やライフサポートへの取り組みも積極的な山万、その一環として地域住民の足となる新交通システムが山万ユーカリが丘線。そんな路線を見学しようと真夏に未来の見える夢の街ユーカリが丘におじゃましました。
f:id:earth720105:20200811123757j:image

京成本線のユーカリが丘駅北口を出ると
f:id:earth720105:20200811132256j:image

イナバウアー銅像の先に堂々とユーカリが丘線の駅が見えてきます。ニュータウンに住む子供達の情操教育の一環でしょうか、アートなオブジェが所々に見られます。
f:id:earth720105:20200811132444j:image

話は逸れますが公団に住む貧民層のウチの母は情操教育を上層教育と勘違いしておりました(>_<)
f:id:earth720105:20200811224215j:image

とりあえず改札口に行き一日乗車券を購入(500円)、駅員さんがびっくりしておりました、普段は全然売れてない乗車券である事が伺えます。
f:id:earth720105:20200811141043j:image
オリジナルグッズも販売しておりますが、まぁ興味を惹かれるアイテムといえばでんたま(800円)位なのです💦
f:id:earth720105:20200811141205j:image

ユーカリが丘線オリジナルグッズ情報 - 新交通システム「山万ユーカリが丘線」公式サイト

ユーカリが丘線は全部で6駅、環状部から枝分かれしている部分もあるラケット状路の路線、地域住民の足替わりに頑張って走っております、駅名には「女子大」やら「中学校」などがあり、まるでローカルバスの停留所みたいです。
f:id:earth720105:20200811143647j:image

ユーカリが丘駅ホームで電車を待っているとやって来ました、ただ本日の運行車両は「こあら3号」でちょっと残念。
f:id:earth720105:20200811144155j:image

僕は「こあら1号」が好きなのです(写真は前回訪問時の撮影)
f:id:earth720105:20200811144214j:image

こちらは「こあら2号」(写真は女子大~中学校にて撮影)
f:id:earth720105:20200811144542j:image

少しだけがっかりしながらも出発を待ちます
f:id:earth720105:20200811161841j:image

3両編成のこあら3号ですが何と冷房なし💦送風が申し訳程度に涼しくなんとか我慢できる暑さでいよいよ出発。
f:id:earth720105:20200811161913j:image

隣駅の地区センターまではあっという間
f:id:earth720105:20200811224506j:image

ここの区間はユーカリが丘の中心的なエリアで、商業施設や娯楽施設が連なります。
f:id:earth720105:20200811225759j:image
地区センター駅直結のスカイプラザ(マンション)の下層階には数々のクリニック・住まいの総合センターがあり暮らしやすそうな街だと実感(帰り道に撮影)。
f:id:earth720105:20200811225709j:image
f:id:earth720105:20200811225643j:image
ちょいと先にはイオンも
f:id:earth720105:20200811225737j:image

次の公園駅に向かう頃には外の風景も一気に住宅街になっていきます。
f:id:earth720105:20200811231406j:image

公園が目の前にある「公園駅」で途中下車
f:id:earth720105:20200811231441j:image

駅改札、お隣はお好み焼き屋
f:id:earth720105:20200811232320j:image

ユーカリが丘線はここから環状線になり、反時計回りに進みながら(左路線)元の場所(右路線)に戻ってきます。路線的には重要な位置を占めておきながら、1日平均乗車人員は106人(2017年度)でユーカリが丘線6駅の中で一番少ない駅なのです(T-T)
f:id:earth720105:20200811232528j:image

さっきから薄々と感じていた事なのですが、ここは家庭を持ち一定の収入以上がある人が住みやすい街なのであって、日雇いの一人暮らしなんぞは論外である気がするというかそれが事実なのでしょう。。
f:id:earth720105:20200811233713j:image

そんな事を考えると天気のせいか妙に青すぎる空や家族で楽しむ光景が架空の事みたいに感じてしまいます、夢の街のココは僕を求めていないのをヒシヒシと感じてしまいます。
f:id:earth720105:20200811235203j:image

次の駅「女子大」まで歩いて行きます、女子大を目指す夢の街にそぐわないぼっちの日雇い、女子大生から石を投げられたり警察から職質されたりしないか不安でたまりません。
f:id:earth720105:20200812000207j:image

ここら辺に住む意識高めの奥さま方が買い物するブティックや
f:id:earth720105:20200812000452j:image

ドラッグストア、人生や家族計画をしっかり立てている人達が住む街なのです。
f:id:earth720105:20200812000612j:image

僕にとっては使用する機会すら無く無用の長物
f:id:earth720105:20200812000757j:image

環状線内側のユーカリが丘中心部は雑木林や田畑が広がっております、ここは未分譲地なのでしょうか?いや原風景を残しておきたい山万の配慮なのでしょう。
f:id:earth720105:20200812001934j:image

今までは戸建てエリアばかりでしたが、チラホラと集合住宅も見えてきます。
f:id:earth720105:20200812002155j:image

もしかしてあれは女子大生を乗せてイオンに向かうマイクロバスなのでしょうか?真夏ですからね~。女子大生も「イオンでキャミソール買いに行こ」とか言ったりしてるのでしょうか?(´д`;)ハァハァ…
f:id:earth720105:20200812004522j:image

ユーカリが丘コミュニティバス社会実験「ここらら1号」公式サイト - 新交通システム「山万ユーカリが丘線」公式サイト

駅前に和洋女子大学の佐倉セミナーハウス(研修棟・宿泊棟・食堂・グラウンド)が存在す。なお佐倉セミナーハウスの敷地は、当初は市川にあるキャンパスの移転予定地であった。この移転は中止となったが、当駅の駅名はキャンパス移転を見越して先に名づけられたものである。

女子大駅 - Wikipedia

駅改札、お隣はコインランドリー
f:id:earth720105:20200812014844j:image

行き急いで名前だけ付けて結局キャンパスは建てられずじまいの駅💦この駅前広場(?)も本来なら女子大生で賑わっていた事でしょう。
f:id:earth720105:20200812014206j:image
関連施設のセミナーハウス、ぶっちゃけアクセスは悪いですからねココ…まぁ和洋女子大も市川キャンパスのままで結果オーライ。
f:id:earth720105:20200812014221j:image

女子大生・・・
f:id:earth720105:20200812014350j:image

気を取り直して次の駅に向かいます、何だか歩いてばかりで、折角の一日乗車券を無駄にしてしまいそうな気もしますが…それにしても無駄に空が青くてメチャクチャ暑い真夏日。
f:id:earth720105:20200812015228j:image

次の駅名は「中学校」近くにちゃんと中学校はありましたが、暑いのでマップで確認しただけで行かずじまい。。

駅改札、お隣はカフェ
f:id:earth720105:20200812021422j:image
近くのスーパーに行って涼もうと思いましたが残念ながら開店前、ここが奥ユーカリが丘(失礼)の中心的商業施設なのでしょう。
f:id:earth720105:20200812021741j:image

てらおの向かいに緑道があり、神社に繋がっております。
f:id:earth720105:20200812023058j:image

八社大神(はっしゃたいじん)
およそ500年前(室町時代後期)の井野周辺は、関東に勢力を築いた桓武平氏の流れをくむ千葉氏の勢力下にあり、印端沼に面した臼井城を千葉氏の一族である原氏が治めていました。八社大神が鎖座するこの台地上にも、臼井城の支城として築かれたと推測される井野城があったとされ、発掘調査によって城の遺構の一部が確認されていることから、八社大神は城の守護神として創建された可能性があります。

駅へ戻る道で次の駅「井野」に向かう先にトンネルを発見、ここがユーカリが丘線のハイライト地点(勝手に妄想)是非とも走破しなければなりません。
f:id:earth720105:20200812024825j:image

中学校駅で電車を待ちます、ちなみに写真に写っている先は橋の下でトンネルではありません。
f:id:earth720105:20200812025010j:image
駅にはアプリの告知
f:id:earth720105:20200812211621j:image

インストール画面で確認すると開発元は山万、アプリ開発まで手を広げるグローバル企業の山万なのであります。(写真はインストール画面のスクショ)
f:id:earth720105:20200812025421j:image
電車に乗っていよいよ井野トンネルへ(勝手に命名)
f:id:earth720105:20200812025740j:image

緊張が走ります
f:id:earth720105:20200812025809j:image

ゴッ~~~
f:id:earth720105:20200812025829j:image

無事トンネルを抜けて井野駅へ
f:id:earth720105:20200812025903j:image

駅改札、お隣は何もナシ
f:id:earth720105:20200812030023j:image

南公園通りを歩いて公園駅に向かいます、女子大駅に向かって歩いた時と似た景色、当然ですよね戻ってきたのだから。
f:id:earth720105:20200812031101j:image

暑い中ぐるぐる回って頑張っているこあら3号、明日はゆっくり休んで下さい。
f:id:earth720105:20200812060811j:image

地区センターで途中下車してユーカリが丘駅まで歩いて戻りました。f:id:earth720105:20200812031244j:image

ニュータウンを回って思ったのですが、全てにおいてとても良い環境の住んでハッピーになれそうな夢の街、ただ家庭や年収等一定の条件を満たした人達でないと肩身が狭いのではないか?と個人的な感想もあります。。

日雇いぼっちの僕には今日の日差しも含め少々眩しいエリアなのでした(^。^;)

レトロゲームは難しい駄菓子屋ゲーム博物館

子供の頃からゲームが苦手です、センスも然る事ながら、ここで決めなければとかここは粘らければみたいな気迫が足りないのですよ、まぁ人生においても同様なのですが(×_×)

先日は日雇い仕事で知り合いのおっちゃんと袋詰め作業を行いましたが、作業スピードに差をつけられ、そして帰り道では僕がインベーダーゲームの1面クリアが出来ず、テトリスではレベル5のブロックが速くなるステージでゲームオーバーな事をおっちゃんにバカにされる散々な一日でした。

言い訳なんですけどレトロゲームって難しいのが多かった気がします、初心者や下手は秒殺されて当たり前の、殺伐として無慈悲なゲームが多めで、僕なんか3分と待たずにゲームオーバー全くもってコインの無駄遣い。

でもいつの日か日雇いのおっちゃんとレトロゲーム勝負で大勝ちして「レゲーよりレゲエやった方がいいんじゃないですか?」位の大口を叩いて勝ち誇ってみたいものです。

レゲエとはジャマイカで生まれた音楽ジャルの一種だが、それとは別にホームレス(住所不定者)という意味でも使われる。これは何日も髪を洗っていないホームレスの髪が、レゲエのミュージシャンやレゲエ愛好者がする独特のヘアスタイル“ラスタ・ヘア”に似ていることによる。ただし、あまりメジャーな呼称ではなく一部の若者が使う程度である。

レゲエ(れげえ) - 日本語俗語辞書

そんな気持ちで訪れた場所は東京都板橋区の「駄菓子屋ゲーム博物館」
f:id:earth720105:20200802160358j:image
以前レゲー聖地の相模湖に行った事があります、あちらは大型筐体や乗り物がメインでしたが

こちらの博物館は名称の通り、駄菓子屋の店先で置いてあった、子供達が熱中していたメダルゲームが主体です。

 

アクセス
都営三田線「板橋本町」A4出口より徒歩6分国道17号を埼玉(戸田)方面に歩きしばらくすると左折してイナリ通りに入ります。f:id:earth720105:20200802165521j:image

コン太村の看板があるここが駄菓子屋ゲーム博物館、向かいは清水稲荷神社。
f:id:earth720105:20200802165634j:image

車では環七通りと国道17号中山道の交差点「大和町」から国道17号を北上し、付近のパーキングをご利用くださいとの事です。

入場料は200円  メダル10枚を貰って、中のゲームを楽しめますが、10円玉投入のゲームとコイン投入のゲームがあります
f:id:earth720105:20200802174249j:image

写真撮影は他のお客様への迷惑となる事がありますので、適度な範囲内でお願いします。(5枚程度まで)
動画撮影は事前にご連絡ください。審査の結果、撮影をお断りする場合もありますので、予めご了承ください。

まずは子供の頃お気に入りだった10円玉弾きゲームにチャレンジ、このゲームで新幹線の停車駅を覚えた僕でした。
f:id:earth720105:20200802174647j:image

名古屋~米原の下の穴に落ちてゲームオーバー
f:id:earth720105:20200802174735j:image

こちらの方が若干簡単なのかな?と思って10円玉を投入しましたが(上から)3段目の2つ穴の所でゲームオーバー子供の時と全く同じ展開に辟易します。。
f:id:earth720105:20200802175209j:image

これはイケると思いました、釘に弾かれて落ちてくる10円玉をキャッチ、結果3回やって全て駄目でした、下に来ると急に10円玉の落ちが速くなるのですよ…ズルい(>_<)
f:id:earth720105:20200802175637j:image

これまでのゲームは運の要素も絡むゲームでしたが、こちらは進む・戻るボタンを駆使しながら障害物ランプを回避していくゲーム、子供の頃よりも機敏になっただろうと高をくくりプレイしましたが、ヘビのランプに直撃でゲームオーバー。クリアしなくとももう少しいい線いけないものだろうか…と軽く落ち込んでしまいます。
f:id:earth720105:20200802181123j:image

ついには確率1/2のゲームにすがりました、表を向くパネルがカメかウサギかを当てる10円玉とメダル併用可能のゲームですがやはりこちらもハズレ…「バカにしてるのか!」と叫びたくなりましたよ僕は。。
f:id:earth720105:20200802181616j:image

これなんかはどうやってプレイするのか分からずに見るだけでスルー(`_´)ノ
f:id:earth720105:20200802182109j:image

景品とまではいかずともメダル位は出てきて欲しいと思いメダルゲームが並ぶエリアに向かいました。
【ルーレットゲーム】
f:id:earth720105:20200802183416j:image

小さい数に賭けてプレイすれば(当たる箇所が多く)当たりやすいですが低配当、逆に大きい数は少なめですが一発来たら沢山のメダルがゲット出来ます、昔から僕は2もしくは4に賭けてばかりでギャンブラーの素質がまるで無し、とにかくメダルが出てきて欲しかったのです。
f:id:earth720105:20200802183432j:image

何度か2が当たってメダル2枚が出てきて気をよくした僕は「アニマルタッチ」でコアラ(メダル6枚)やや高配当チャレンジしましたが結果は写真の通り。
f:id:earth720105:20200802184440j:image

でも当時のイラストはとても絵心があって見てるだけでも楽しめます。
f:id:earth720105:20200802184459j:image
f:id:earth720105:20200802184513j:image

こちらはルーレットゲームに似ておりますが若干異なる双六ゲーム、料金が20円なのはキャラクターがガンダムだからでしょうか?サイコロ代わりにルーレットを押してマス目を進んでいき、敵軍(ドム)の攻撃を回避してなおかつドムより先にゴールに到着しなければなりません、ちなみに僕は3のマス目でドムに撃墜、毎度のごとく開始直後の早すぎゲームオーバーがだんだんと慣れてきました。
f:id:earth720105:20200802201515j:image

素敵なネーミングの「たこやきキッズ」はやり方が分からなく、プレイしてもぼ~っとしたままゲームオーバーになりそうだったのでパスしました、後で写真を見てプレイしておけば良かった…と後悔中。。
f:id:earth720105:20200803123235j:image

操縦系のゲームもやりたくなってチャレンジ、一見簡単そうに見えますが、反応がかなり遅くて思った方向になかなか進んでくれないのです。。
f:id:earth720105:20200802185223j:image

ラストは中学生の時(自分の中では)得意だったゼビウスを懐かしの筐体でチャレンジ
f:id:earth720105:20200802194156j:image
結果は最初の要塞出現の場所で全滅…全くの言い訳なのですが筐体のレバーが弱めで激しく動かす事が出来ませんでした。まぁこれも含めて僕の実力なのでしょう。
f:id:earth720105:20200802194212j:image

レゲーよりもレゲエが向いている僕であります(´・ω・`)

住所 :東京都板橋区宮本町17-8
H.P.:https://dgm.hmc6.net/
開館時間 :土日祝日10:00~19:00・平日14:00~19:00
定休日:火曜日・水曜日(祝日の場合は営業)
入場料:200円(ゲームメダル10枚付き・当日に限り再入場可能)