だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。


スポンサードリンク

一畑電車(バタデン)はスイッチバックしながらオヤジ達の夢を乗せて

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で活躍した一畑電車のデハニ50形は出雲大社前駅ホーム横にあり中に入って見学する事が出来ます。
f:id:earth720105:20210823124702j:image

一流企業に勤める49歳の肇は、ろくに家庭も顧みず、忙しく仕事に追われる日々を送っていた。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしている母が倒れたという知らせを受ける。それをきっかけに仕事一筋の人生に疑問を抱き始めた肇は、子供の頃に憧れていた一畑電車、通称“バタデン”の運転士になることを決意する。
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 : 作品情報 - 映画.com

日雇いバイトに励む杉ちゃん(あだ名)も映画の主人公と同じ49歳ですが、自分の置かれている立場もわきまえずに夢みたいな事ばかり言っております(>_<)
f:id:earth720105:20210823124921j:image

今週の夢はYouTuberになってアダルトサイトを立ち上げて大金持ちになる事みたいです
f:id:earth720105:20210823124932j:image

〈目次〉

日雇いオヤジの夢をのせて出発するバタデン

JR松江駅のすぐそばに一畑電車「松江しんじ湖温泉駅」があるんだろうと早合点しておりましたが2.2kmほど距離があります。
乗り換え案内|運行のご案内|ばたでん【いちばたでんしゃ】
バスで行けば良かったのですが、どれに乗るか分からないので湖畔を走り駅までダッシュ。
f:id:earth720105:20210823131815j:image

あと僕も杉ちゃんと同い年の49歳で夢はブログ飯💧
f:id:earth720105:20210823132015j:image

そんな日雇いオヤジの夢をのせて出発する一畑電車フリー切符(1600円)を購入したフリーターは人生同様に乗り降り自由(ノД`)
f:id:earth720105:20210823132048j:image

1914年に出雲今市(現電鉄出雲市駅)から一畑薬師のふもと(現在の一畑坂下バス停)までが開通、元々は一畑薬師への参拝客の輸送を目的に建設された路線でシンプルに「一畑電車」と名付けられました。
f:id:earth720105:20210823145122j:image

杉ちゃんは風俗好きで店で働いていた事もあり「シンプルに好きだから仕事にする」が口癖ですが
f:id:earth720105:20210823145132j:image

シンプルと浅知恵の違いが分からずたった3ヶ月で仕事を辞め人生のレールから外れてしまいました。
f:id:earth720105:20210823145208j:image

平地のバタデンスイッチバック

映画では主人公の実家最寄り駅だった伊野灘駅は、一畑電車が松江まで延伸されたのに合わせて開設された駅。
f:id:earth720105:20210823155241j:image

そして次の一畑口駅ですが路線図を見ると妙な線形をしております
f:id:earth720105:20210823155305j:image

これは開業当初は一畑口駅から北3.3kmまで線路が続いておりましたが、太平洋戦争末期の鉄材供出で営業休止となり線路が寸断。
f:id:earth720105:20210823155322j:image

結果平坦地でありながら前後が逆になるスイッチバック駅となってしまいました
f:id:earth720105:20210823155335j:image

杉ちゃんも今頃お店でスイッチバックをしている事でしょう…
f:id:earth720105:20210823155354j:image

主人公が映画の中で言う台詞「今が自分の夢に向き合う最初で最後のチャンスだって思ったんだ」
f:id:earth720105:20210823172651j:image画像引用先:『RAILWAYS』の鉄道運転シーンはこうやって撮影された!! | cinemas PLUS

日雇い先の製本工場で「ゲームが好きならなぜゲームを作らない」といけずな事を言う社員がおりますが「本が好きならなぜ作家にならない」と言い返してやりたくなります。
f:id:earth720105:20210823171651j:image

その点杉ちゃんはシンプルに夢は風俗王、辞めたお店に未練がましく客として行ってしまうのはご愛嬌。
f:id:earth720105:20210823171612j:image

~仕事と恋と夢~  一畑電車と共に走りスイッチバックしていくのです
f:id:earth720105:20210823173121j:image

終点まで乗ってってくれよな

映画のラストシーンで主人公が妻に向かって言う台詞「終点まで乗ってってくれよな」
f:id:earth720105:20210823190434j:image画像引用先:RAILWAYS【レイルウェイズ】 | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ

バタデンの終点はステンドグラスの光が優しい駅舎の出雲大社前
f:id:earth720105:20210823190523j:image

ですが終点の4つ手前の川跡駅ではもう1つの終点である「電鉄出雲市駅」へ向かう電車があります、ピンク色のラッピング車両しまねっこ号
f:id:earth720105:20210823191048j:image

僕が乗って行った「川跡~出雲大社前」間は大社線と呼ばれる支線的な位置付けの路線なのです。
f:id:earth720105:20210823191338j:image

ご縁電車のしまねっこ号は女子力高めの恋愛成就が期待出来そう…そして「英雄色を好む」は杉ちゃんの常套句(´・ω・`)
f:id:earth720105:20210823191323j:image

英雄はかつて勤めたピンク店に客で来店して女の子に一言
f:id:earth720105:20210823191402j:image
「終点まで乗ってってくれよな」(;´Д`)ハァハァ